おでかけ・旅行 生後0ヵ月~12ヵ月

4か月の赤ちゃんと長距離ドライブをして分かった注意点(出発時間、持ち物、体勢、授乳)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!10ヶ月の息子の子育て真っ最中のママライターです。

我が家はパパの実家が遠方で、新幹線と電車なら3時間強。

車だと6~7時間かかります。

息子が4ヶ月のころ、年末年始の帰省をどうするかの話になり、

車でパパの実家へ向かうことにしました。

そこで今回は、赤ちゃんとの長距離ドライブでの注意点を実際の体験からお話しますね。



初めての長距離ドライブ

まず道中のスケジュールを立てる

4ヶ月の息子のことを第一に考え、こまめに休憩を挟んで行くことに。

授乳の兼ね合いもあったので、

2時間おきくらいで休憩を挟むようなスケジュールにしました。

出発時間は…

その当時の息子は、19時ころに就寝し、

夜中の3時ごろに授乳のために1度起きていました。

なので、その夜中の授乳が終わったタイミングで出発することにしました。

パパ・ママは大変ですがこれも息子のため…がまんがまん。

持ち物は…

完全母乳なので、ミルクや哺乳瓶の心配をしなくていいのは楽でした。

他には普段のお出かけのときと同じく、

おむつ・おもちゃ・絵本・授乳ケープなどを準備しました。

いざ出発!

注意その1 赤ちゃんの体勢

我が家のチャイルドシートはリクライニング機能があり、

フルフラットに近いところまでシートが倒れます。

4ヶ月では腰がまだ座っていなかったので、

寝ている状態の方が楽そうでした。

とは言っても、使い方としてはシートを起こしても問題はなかったので、

後にも書きますがなるべく起こした状態でいました。

注意その2 なるべく寝かさないように…

出発時は夜中だったので明け方までは寝かせておきましたが、

その後はしばらく起こしておきたいと思っていました。

というのも、車の揺れが心地よいのか普段のお出かけの時は寝てしまうことがほとんどな息子。

でもそれと同じように道中寝てしまうと、夜寝なくなってしまう…。

このこともあり、シートを起こして外が見えるようにしておきました。

注意その3 お気に入りのおもちゃと絵本

普段からよく遊んでいるおもちゃ3つほどと、

反応がいい絵本を3冊ほど選んで持って行きました。

飽きさせないために、寝かせないために役立ちましたが、

もう少し持っていっても良かったなと思いました。

車なら荷物が多少増えても大丈夫ですからね。

また、目新しいおもちゃを用意しておけば、

ぐずってしまったときの対策として良かったかなと思いました。



注意その4 授乳は車の中で

高速道路のサービスエリアの中には授乳室を設置しているところもありますが、

必ずそこを利用できるとも限りません。

数が豊富なわけでもなさそうだし、タイミングもあるし…と考え、

結局道中の授乳はすべて車の中で行いました。

授乳ケープを使い、車の後部座席で授乳しました。

(我が家の車の後部座席はフィルムが貼ってあり、

外からは見えないようになっているので安心でした)

☆おむつ替えは心配なし!

サービスエリアのトイレのほとんどにおむつ替えのシートがついていました。

男子トイレにもついているところがあったので、パパに任せることもできました。

車内で替えるのは大変そうだったので、それだけでも助かりました。

注意その5 休憩時には外に出てリフレッシュ!

パパもママも、息子に気を使うのでなんだか疲れてしまいがちでした。

2時間おきに挟んだ休憩のタイミングでは、

お互いに息子を任せて1人でサービスエリアをうろうろするこも。

もちろん、息子も外に出してリフレッシュさせました。

チャイルドシートにずっといては窮屈ですし、

せっかく色々なところに行くのでその景色も見せてあげたいなと思いました。

注意その6 ベビーカーを忘れずに

はじめ、車での移動だからベビーカーはいらないかと思っていました。

普段の買い物も抱っこ紐が中心なので、それさえあれば大丈夫だろうと。

ただ、サービスエリアで自分たちが食事をすることを考えたとき、

息子をどうするか悩みました。

抱っこ紐のままじゃ落ち着いて食べられないし、

かといってレストランによくある子供用のイスも座れない…。

そんなときのためにベビーカーだ!と思い持って行きました。

これも結果として持っていって良かったです。

長旅の負担を少しでも軽くしてあげたい

息子にとって初めての長距離ドライブ。

夜中の3時に出発し、到着したのはちょうどお昼ごろでした。

なるべく負担がかからないようにしてあげたかったですが、

実際には走行中に大泣きすることもありました。

すぐに抱っこしてあげられないので、息子にとっては辛いときもあったかと思います。

もし赤ちゃんとの長距離ドライブをお考えの方がいらっしゃったら、

この話が少しでも参考になれば幸いです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします