子供の健康・食事 料理・レシピ

子供のおやつは健康を考えて!体に良いおやつ4選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。5歳の男の子と1歳の女の子を育てるママライターです。

子供はおやつが大好き!

今回は子供が大好きなおやつについてご紹介したいと思います。

子供を育てていて実感したのですが、子供は本当におやつが大好き!です。

甘いものやおいしいものに目がなく、一度食べたら忘れない。親の私もビックリの記憶力です。それほど、子供の食欲は強いという事ですね。

子供とおやつの関係

いくら子供が好きだからと言って、ケーキやジュース、スナック菓子ばかりでは子供の健康面が不安です。

そもそも、子供はまだ消化器官が小さいので沢山食べ物を食べる事ができません。

少量のご飯でお腹がいっぱいになっても、すぐにお腹がすいてしまうのですね。

おやつの与え方

そこで食事と食事の間の補助食としておやつを与えると考えるようにしましょう。

朝食と昼食の間に1回、昼食と夕食の間に1回与え、成長と共に1日1回にしていきます。

おやつは食事で補えないエネルギーを補給するものとしてバランスよいものを選びましょう。

ここでは、4つの健康に良いおかしについてご紹介いたします。

①天然の甘味成分のもの

市販品のお菓子は、沢山の白砂糖や油が使われています。子供におススメのおやつは、そういった白砂糖が使われたものではなく、その食品自体に天然の甘味成分が含まれている物が理想です。

例を挙げると、・さつまいも ・トウモロコシ ・リンゴやミカンなどの果物 です。

さつまいもは、焼いて焼き芋にする。トウモロコシはゆでる。リンゴやミカンなどの果物は皮をむけばそのまま食べられますね。

特にさつまいもは栄養価が高く腹持ちもよいため、おやつにおすすめです。

②太陽の光を浴びた食品

干し柿や干し芋、干しブドウ、乾燥バナナなど太陽の光を浴びて干した食品は栄養価が高いです。

自然の甘さが増してとてもおいしいですし、しっかりと噛む必要があるのでアゴの成長にも良い影響を与えます。

小魚のおやつもカルシウムが採れて、強い体を作る、理想的なおやつです。

スーパーで小分けにして売っているので、外出にも持って行きやすいですし、アーモンドと小魚が一緒になっているおやつは食べやすいです。

牛乳嫌いの子供さんにはおすすめのおやつです。



③手作りのおやつ~蒸しパン~

おやつを手作りすることもおススメです。手作りすると、砂糖などの甘味料を自分で管理することができるので安心です。

甘さの調節ができるのが良いですし、砂糖の代わりにてんさい糖やはちみつなどを使って作ることもできますね。

手作りおやつの中でも、ふわふわで口当たりがよく、簡単に作れる蒸しパンは離乳食期から食べる事ができます。大人が食べてもおいしいです。
基本的な材料は

  • ・砂糖(てんさい糖などに代用可)
  • ・水または牛乳
  • ・薄力粉
  • ・ベーキングパウダー
  • ・サラダ油

になります。

この材料をベースとして、かぼちゃやサツマイモ、たまごなど蒸しパンに入れたい食品を
混ぜて蒸します。電子レンジでチンする方法もあり、大変手軽です。

混ぜる食品を変えれば、味も見た目も変わるので楽しめますね。多数のレシピが料理本やネットのお料理サイトに載っているのでぜひ、作ってみて下さい。

④手作りのおやつ~小豆~

小豆は食物繊維が豊富で、ビタミンも豊富でおやつにピッタリです。甘さ控えめにすれば、体にもよいおやつになります。

お汁粉や団子、おはぎ、水羊羹などが作れますし、パンに入れてもおいしいです。

たまには市販品も

子供のおやつにおススメの食品を紹介してきましたが、子供が大きくなるにつれて市販品のお菓子と触れる機会が多くなります。

お友達からもらったり、イベントでいただくこともあります。

市販品は絶対ダメ!と決めつけずに、市販品のおやつも上手に取り入れてあげるとよいでしょう。

昨日は市販品のおやつを食べたから、今日は手作りのおやつにするとか、市販品のお菓子をすべて渡すのではなく、量を調節するようにしてあげるのです。

無理に強制することなく、市販品も上手に取り入れて楽しいおやつタイムを過ごせるようにしましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします