子供の行事

ハロウィンって何?仮装のルールは?お菓子はどんなの準備する?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

10月31日のイベントと言えば?と聞いてピンときますか?

そう、ハロウィンです!みなさんは、ハロウィンのお祝いしていますか?

日本では、テレビで仮装した大人がどんちゃん騒ぎするイメージが強いですね。
みなさんは、ママ友と子供達で仮装パレードやパーティーを開いたりする方も多いのではないでしょうか?

8歳・5歳・3歳のわんぱく3兄弟の我が家も毎年イベントを楽しんでいます。

イベントに参加するママの悩みは、色々ありますよね。

仮装はどこまでするべき?
お菓子をどうすればいいの?
そもそもハロウィンってどんなイベントなの?

疑問や悩みにお答えしつつ、簡単で楽しくイベントを成功させるコツ等を教えちゃいます!



ハロウィンのココが分からない!

どんなお祝いなのかも知らないで仮装している方いませんか?

それでは、子供に本当の意味を教えてあげる事も出来ません。

本当の意味を知って、そのうえで悩みなく楽しみたいですね。

そもそもハロウィンは何のイベント?

キリスト教の行事だと言う事は、多くの人が知っていますね。
でも詳細までは知らないものです。

起源は、ケルト人の年末行事でした。
ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたのです。

ですが、同時期に有害な精霊や魔女が現れるため、身を守るために仮面(仮装の起源)をかぶって魔除けのたき火(今のジャックオーランタンの起源)を焚いていたそうです。

ケルト人は、ケルト系キリスト教を経てカトリックへ改宗されていきますが、その過程でケルトとの収穫祭に合わせて、カトリック教会が「諸聖人の日」を11月1日に設定したとされています。
ハロウィンの語源は、この「諸聖人の日」の旧称“All Hallows”のイブ(前夜)の”Hallows eve”が訛った“Halloween”だと言われています。

現在もケルト人の国であるアイルランドにはハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っているそうです。

日本の大みそかと収穫祭を合わせたような行事が起源だったのですね。
大みそかと収穫祭が一緒に来るのですから盛大にお祝いするのも納得です。

日本では、単なる仮装パーティーになっている事が多いですが、カトリック系キリスト教徒にとっては神聖な宗教行事なのです。

どんな仮装が正解?

日本のハロウィンの仮装をテレビで見ていると色々な仮装がありますね。
でも本当はどんな仮装が正解なのでしょうか?

もともとのアメリカでは、「幽霊・魔女・コウモリ・悪魔・黒ネコ・ゴブリン・バンシー・ゾンビ」などの民間伝承や、「ドラキュラ・狼男・フランケンシュタイン」のような欧米の怪談や恐怖小説に登場する怪物の恐ろしいものに仮装していました。

ですが、20世紀後半からディズニーキャラクターや人気の漫画・映画のキャラクターの仮装も多くなってきました。

基本的なルールは、「見る人にあまりに不快感を与えないような仮装」なのだそうです。

ただし、人種差別的な特定の人種や民族に扮する事は良識に反するとされています。つまり公序良俗に反しない仮装ならどんなものでも問題ないと言えるでしょう。

とは言え、日本で子供にさせる仮装は、あまり凝り過ぎない方がいいと思います。

お菓子はどれくらいどんなものを用意するべき?

英語圏のキリスト教徒が多い国では、子供のいない家庭でも近所の子供達のためにお菓子を用意しているそうですが、日本ではそこまで浸透した行事とは言えません。

どこまでお菓子を用意するのか、事前に話し合いをしておく方がご近所トラブルにならないでしょう。

もともとは、かぼちゃのお菓子を手作りして子供達にあげていたそうです。

最近はハロウィン前になると、お店でハロウィン専用にデザインされたお菓子がたくさん販売されているので、買ったお菓子を用意する家庭も増えていると思います。

日本では、参加する子供達が楽しくお菓子を集められる程度の量に、イレギュラーを足した程度の量を用意しておけば大丈夫でしょう。



我が家の経験した3つのハロウィン

我が家は転勤族なので、住んだ地域によってハロウィンのイベントレベルが違いました。
我が家の経験した3パターンのお祝いの仕方をご紹介します。

①マンション1棟まるごとで子供探検隊!

正直、これはすごく大変でした。でも、今までで一番楽しいハロウィンでした。

実はこのイベント、自分達の住んでいるマンションにどんな子供や大人がいるかをお互いに把握するためという目的もありました。
子供も大人も楽しく参加でき、自治防犯にもなる一石二鳥のアイデアです。

20世帯弱の小規模マンションでしたが、事前打ち合わせ・当日のパーティー準備など、大人がする準備はたくさんあって大変でした。

イベントの基本内容は、子供の有無に関わらず、居住している世帯全体に子供達が訪問すると言うものです。

子供達には、最終的に決まった家庭へゴールするように訪問順序を記した探検地図を配布しました。

当日は、子供達が仮装して一度集合し、くじを引いて自分の兄弟姉妹とは違う子とペアになります。
ペアになった子と一緒に探検地図を元に各家庭を回るのです。

実は地図には、順番通りに回ると分かる暗号が隠されていて、暗号が分かった子にはスペシャルお菓子をあげるサプライズも用意しました。

地図は数種類用意しておき、子供が同時に訪問することがないように配慮しました。数種類用意したことで、暗号のカンニング防止にもなりました。

子供達は、各家庭を「トリック オア トリート」と言いながらまわり、自己紹介をしてお菓子をもらい、パーティー会場の家まで仲良く回ります。

パーティー会場では、各家庭1品持ち寄りで夕食を食べ、大人はちょっとお酒も入り、子供達もお菓子を食べたりゲームをしたり、いつもより夜更かしをして楽しみました。

準備が大変だった分、当日のにぎやかさはマンションのご近所さんがのぞきに来るほどでした。

数年に1度自治防犯も含めた形でやるには良いですが、これを毎年するのは結構な負担です。

②保育園と園周辺の家庭で仮装行列

我が家の通わせていた保育園は、キリスト教の園でした。ですので、イースター・ハロウィン・クリスマスは盛大にお祝いしていました。(我が家はキリスト教徒ではありません)

園で獲れた野菜の収穫を祝う収穫祭がメインでしたが、簡単な仮装をして園周辺を仮装行列で歩きました。

その仮装も保育園で子供達が工作で作ったお面やマントを着けるくらい簡素なものでした。そのため、保護者は収穫祭への参加と仮装行列の見物程度でした。

最後に礼拝をして、牧師(神父?)様からお菓子とお祝いのお言葉をもらっていました。

きっとこれが、本当の意味で正しい形のお祝いなのだと思います。

私は事前のお菓子準備とご寄付をさせて頂きましたが、各家庭出来る限りの協力をして、子供達と一緒にお祝いする素晴らしい形でした。

③うちだけで仮装パーティー

引越してすぐの時には、ご近所と一緒にハロウィンイベントをする事はなかなか難しかったです。そんな年は、家の中でハロウィンパーティーをしました。

子供達は保育園の経験から、毎年するものだと思い込んでいるので、10月に入ると家の内外の飾りを催促しますし、31日には仮装したがります。

当日は、いつもよりちょっとリッチなお菓子をおやつに用意して、夕食を仮装パーティー風にしました。
仮装もイベント参加している間にためてきた衣装を着る程度で新調はしませんでした。

家族だけだから、ハロウィン起源のお話を絵本で読み聞かせしてあげたり、仮装コンテストをしました。

それだけでも子供達はすごく楽しそうにしていました。

さいごに

我が家のハロウィン体験談は、いかがでしたか?

規模も志向も全く違うので、これから準備する方の参考になるのではないでしょうか?

今年も我が家は9月下旬には、家の装飾を開始します。

結婚後1年に1・2個ずつ装飾を増やして来たので、今では周囲の家から「こういうの好きなの?」と言われるレベルの外観になっています。

せっかくやるイベントですから楽しく家族みんなで参加できるものにしたいですね。

トラブルにはご注意を

今まで楽しい事だけをお話してきましたが、盛大にすればそれなりのトラブルも発生します。

子供が事前にお知らせもしていないご家庭にアポなし訪問してしまったり、パーティーで大騒ぎしてご近所からクレームなんて楽しかったはずのハロウィンが台無しになりかねません。

想像しうるトラブルには、事前対処をして当日が楽しく過ごせるようにしましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします