ダイエット

失敗しない方法!炭水化物ダイエットのたった4つのツボ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。もうすぐ2歳になる息子を育てているママライターです。

ダイエットにチャレンジする時、炭水化物ダイエットにチャレンジした事のある方は多いと思います。

でもこれ、失敗する方とっても多いですよね。私も現在進行中で、失敗からの3回目のチャレンジです。

でも3回目にして徐々に痩せてきました。(やったね♪)

今回は、私の体験談も交えながら炭水化物ダイエットを失敗しない為におさえておくべきツボをご紹介したいと思います。



そもそも炭水化物ダイエットってなに?

まずは炭水化物ダイエットについて少し。炭水化物=糖質・食物繊維の事です。

なのでいわゆる糖質制限ダイエットと同じと考えてOKです。

炭水化物を制限する事により、糖質をとった時に出るインスリンと言うホルモンの分泌を少なくする事が出来るんです。

糖質はカラダの主要なエネルギー源でので、少ない状態では活動する為のエネルギーが足りません。

なので代わりに体脂肪に蓄えられたエネルギーを使うことにより体脂肪が減り痩せられると言う、簡単に言うとこんな感じのダイエットです。

ツボその1、炭水化物は制限しても無摂取状態はダメ

もちろん、効果を短時間で発揮するには、全く摂らない方が早く結果は現れると思います。

でもそれってリバウドのリスクをあげているだけであって失敗の元なんですよね。

急激に体重を落とせば、それだけ急激にリバウドすると言う事です。

私もこの経験があるからこそ断言できます!なので焦らずゆっくりと、少しの制限から頑張って行きましょうね。

ツボその2、食材の成分を知り、上手に利用する

炭水化物ダイエットにおいて、とても重要なポイントです。

ご飯・パン・麺類以外なら何を食べても良いダイエットだと解釈している人がたまに居ますが、間違いです。

もちろんその3種類を制限し、肉や魚や野菜で補う事が間違っているわけではありません。

しかし、ダイエット中に食べた方が良いとされている野菜などでも種類によっては炭水化物(特に糖質)の含まれている量が多い物もあります。

炭水化物ダイエットではこれら(特に糖質)に気をつけて食事をしなければ、失敗の原因になってしまいます。

野菜を食事に取り入れる際は、糖質を多く含む物に注意し食物繊維やその他の栄養を多く含む食べ物を選んで、

便秘解消や、貧血、その他ダイエット時に起こりうる問題を緩和してくれる食材を選ぶと良いでしょう。



ツボその3、運動も取り入れよう

食事制限系のダイエットでは必ずと言っていい程、筋肉が減ります。

筋肉が減れば、それだけ基礎代謝も減ってしまいます。

そうなると、目標達成後に痩せても締まりのないカラダになり、代謝率も悪くなり太りやすい体になってしまいます。

私もこれは経験済みで、運動をしなかったので引き締まってなかったし、リバウドも凄く早かったです。

その為、今回は筋トレも取り入れてます。そのせいか、食べても太りにくい傾向になってきました。

女性は筋肉が付きにくい傾向にあるので、筋肉が減れば戻すのに一苦労です。

その為、運動も取り入れて適度に筋肉量を保つ事で美しく痩せ、リバウド知らずの体を目指しましょうね。

ツボその4、適度にダイエットのお休み

やはり、一番の失敗原因はストイックにやり過ぎてしまう事だと思います。

私もそうでしたが、そういう時は大体失敗します。

その為、あー。もうご飯食べたい!我慢出来ない!

って思ったら、その日のダイエットはお休みしましょう。我慢は禁物。

そうでないと余程の精神力が無い限り続きません。ただし、お休みは1日だけ!

次の日は、ちゃんとまたダイエット再開して下さいね。

実際に私もどうしても我慢できない時、ダイエットお休みしていますが、ストレスもリバウドもなく継続出来ています。

ただし!1日間はお休みだけど、2日間以上はダイエット失敗からのリバウンドですからね。それだけは、ご注意ください。

以上4つのツボをおさえて、失敗知らずの美しいカラダを手に入れましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします