女性の健康

酵素ってなに?酵素の種類と正しい摂り方について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

貧血や冷え性、便秘などに悩んでいるかたは多くいらっしゃると思います。

私もその一人でした。でも最近はそんな悩みが解消できたのです。

秘密は“酵素”。酵素はダイエット効果だけじゃなかったのです。

今回はそんな酵素について、書いていきます。



酵素ってなに

酵素とは、簡単に言えば「体の中の反応を手助けしてくれる」栄養素です。

消化するとき、エネルギーを作るとき、様々な体の働きに必要になる栄養素の一つなのです。

食べ物で考えるといわゆる“発酵食品”で、酵素は大きく分けると“消化酵素”と“代謝酵素”に分かれています。

消化酵素

文字通り消化のための酵素で、私たちが毎日食べるご飯や野菜などの食べ物を消化分解し、

吸収するための酵素です。

消化酵素が分解する栄養素は3つ。

デンプンはブドウ糖に、タンパク質はアミノ酸に、脂肪は脂肪酸に分解してくれます。

消化酵素が少ないと体に老廃物が溜まってしまって血液の流れが悪くなり、

冷え性や便秘につながります。

代謝酵素

こちらも文字通り代謝に使う酵素です。

有害物質を汗や排泄物として排出させる、吸収した栄養を体の細胞に届ける、

体の悪い部分を修復するなどのお手伝いをしてくれます。

代謝酵素が少ないと体に栄養がいきわたらず、細胞が弱くなってしまい、

貧血や自律神経失調症などになりやすくなると言われています。

体のほとんどを酵素が関わっているのです。

そんな酵素が体から不足していると色々と体の調子がおかしくなってしまいます。

代謝酵素、消化酵素と言いましたが、

同じ酵素を取った時不足している部分を補うように働いてくれるので、

別々の物をとる必要はありません。

酵素を取るには

酵素、と言ったらドリンクだったり、錠剤だったり・・・。

でも食べ物でも酵素は含まれていいことですが、

酵素は糖分をとってしまうと効力が半減してしまうそうです。

酵素が入った食材

酵素といえば発行食。

納豆、みそ、糠漬けなどですが代表的ですが、

実は生の食べ物にも酵素は含まれています。

野菜、果物、生肉、魚にもふくまれていますがこれらには注意が必要です。

酵素は熱に弱い

酵素は70℃以上の熱を1分以上加えてしまうと本来含まれている酵素の量が半分になってしまいます。

市販の発酵食品で熱処理を行っているものは同じ発酵食でも全然効果が違います。



正しい食生活を心がけましょう

酵素を取り入れて、酵素が働きやすい環境を作ってあげることが大切です。

そのためにきちんとした食生活を摂る様にしましょう。

玄米をとろう

主食は未精白の玄米を取り入れるといいようです。

玄米には酵素と酵素を活性化させるビタミンが多く含まれています。

白米のみにせず、玄米を取り入れた主食にしましょう。

野菜は全体の30%

野菜(根菜類、緑黄色野菜、淡色野菜など)は、

生野菜・温野菜などにして1食あたり全体の30%を占めるように調整しましょう。

根野菜は冷え性にもいいので、冷え性で悩んでいる人は多く取り入れるといいかもしれません。

肉より魚や海藻を取ろう

肉類よりも魚類の方が酵素も多く、DHAも酵素を活性化させる栄養素の一つです。

海藻はミネラルが豊富に含まれていてミネラルは代謝酵素のたすけになります。

白砂糖は控えて

白砂糖には糖分とでんぷん質が多く含まれています。

そのため消化酵素がそちらの処理に時間がかかり、ほかの食材を分解しきれなくなってしまいます。

そうすると老廃物が蓄積してしまい、体の流れを悪くしてしまいます。

まとめ

・酵素は不足すると様々な症状が出てくる
・酵素を取るときはドリンク剤より食べ物でとるほうがいい
・酵素のみをとるのではなく食生活にも気を付ける

この3つをきちんと守れれば貧血や冷え性なども改善すると思います。

私もきちんとした食生活を送る様にしながら酵素を取っていたら約2か月程で効果が実感できてきました。

始めは大変でしたが出来ることから少しずつやっていくといいと思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします