女性の健康

内股は「腰痛、月経痛、むくみ、冷え性」に悪影響だった!改善方法を整体師が解説

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

女性は内股の方が可愛い。と思っている日本男性は多く、

女性も可愛らしさの象徴のように考えている人も多いですが、

内股は腰痛、月経痛、むくみ、冷え性と体にとっては良いことなし・・・。

そんな内股の構造と解消法を、整体師である経験を活かしご紹介したいと思います。



O脚、X脚、XO脚はすべて内股

真っ直ぐに立った時に足の親指の先同士がくっついてしまう人が内股ですが。

O脚、X脚、XO脚・・・すべて内股と分類されます。内股で悩む方もいます、

でも何故内股になったのか、知っている人は少ないです。

もちろん、自分で意識して内股になった人もいるでしょう。

でもどの様な骨の構造になったのかを理解して内股になった方は少ないと思いますので、

今から内股の構造を簡単に説明していきます。

内股が引き起こす「ゆがみ」とは?

太ももの骨(大腿骨)は腰の骨(骨盤)とくっついています。

図の赤丸の部分ですね、内股の方はこの接続部分が歪んでいたり、

大腿骨の向きがおかしくなります。

内股が原因で「血の流れが悪くなる」

骨の部分が歪んでいたり向きがおかしいと何が起こるのか、

それは筋肉を圧迫し血管も圧迫して下半身の血流が著しく低下してしまいます。

この圧迫してしまう筋肉が問題なのです。

図で見てわかる様に、大腿骨の筋肉は腰から来ていますよね?

腰につながる筋肉を圧迫して機能や血流を低下させてしまう。

足よりも腰が優先して痛くなる

神経は足と腰だと、腰の方が敏感に作られているので優先して痛みが出るようになっています。

腰が痛くなって当たり前ですよね。

ご自身の体の状態がなんとなくわかって頂けたと思いますので、

今度はそれぞれの内股の特徴をご説明していきます。

O脚の特徴は脚がくっつかないで外を向いている

O脚の特徴は足同士がくっつかない。そして膝が外を向いている人です。

このような方は骨盤が開いていて、大腿骨が大腰筋をハの字に引っ張ってしまっています。

O脚の人はむくみやすく、冷え性になりがち

そのため腰痛のほかにもむくみやすいと言われていて、冷え性の方も多いです。

X脚は骨盤が閉じすぎている

X脚の特徴は骨盤が閉じすぎていて、太ももが外側を向き膝が内側に入りすぎて、

ふくらはぎがくっつかない人です。

このような方は骨盤が開いていて大腿骨が骨盤から飛び出してしまっている感じです。

X脚の人は腰痛、月経不順、足の疲れを感じやすい

そのため腰痛の他に月経不順や足の疲れを感じやすい人が多いです。

XO脚は膝は内側、ふくらはぎが外側に向いている

XO脚の特徴は一見真っ直ぐな正常に見えるのですが、膝は内側を向いていて、

ふくらはぎが外側をむき、足首が内側を向いている人です。

XO脚の人はむくみ、冷え性、月経不順になりがち

このような方は大腿骨のゆがみが酷く、腰痛は勿論、

むくみ、冷え性、月経不順が起こりやすい人が多いです。

それぞれの特徴が分かったと思いますので、それぞれの改善方法をご説明します。



内股改善方法

一言に内股の改善と言っても、O脚、X脚、XO脚でそれぞれ改善の仕方が違います。

ご自身が何脚なのかきちんと理解したうえでこれからする説明を読んでいただけるといいと思います。

間違った方法をしてしまうと悪化させる可能性もありますので、ご注意ください。

O脚の改善方法

O脚は骨盤が開き気味で、膝が外側にある状態です。ということは、

骨盤を閉じる方向になるようにストレッチをかけてあげれば良いのです。

一番簡単な方法は、正しく“あぐら”をかくことです。

あぐらをかき、姿勢をよくするように心がける。

または足の裏同士をくっつけて床に膝を付けるようにストレッチを行うのが一番の近道になると思います。

X脚の改善方法

X脚は膝が内をむき、骨盤が閉じすぎの状態です。

ということは、骨盤を開く方向になる様にストレッチをかけてあげます。

一番簡単な方法は、“アヒルすわり”を行うことです。

足を床にぺたんとつけて、お尻も床に付ける座り方です。

あまり綺麗な座り方じゃないのですが、ストレッチと思って頑張ってください。

逆にO脚の改善方法のあぐらはかかないほうがいいです。

XO脚の改善方法

XO脚は一番複雑でほかの2つより時間がかかるうえ、大変です。

改善方法は膝にタオルを挟み、踵同士をくっつけたまま、つま先を90℃以上開きます。

バレリーナのような立ち姿のイメージですね。そのままタオルを落とさず屈伸します。

始めは難しいと思いますので、タオルが落ちないくらいの高さまで屈伸をしてください。

まとめ

・内股には大まかに3種類に分かれている。
・骨盤と大腿骨の接続で症状が出てしまう。
・改善する場合はきちんと自分の特徴を理解して改善する

内股は1日2日でなるものではありません。そして改善するのも時間がかかります。

最低でも半年はかかると思ったほうがいいでしょう。

ただ、XO脚以外は日頃の座り方を変えるだけですのでそんなにきにしなくてもいいのかもしれません。

腰痛が全然よくならない方はぜひご自身の足の状態を観察し実践してみてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします