子供の健康・食事 授乳・母乳・ミルク 生後0ヵ月~12ヵ月

生後4か月の赤ちゃんが便秘に!原因は母乳?対策を先輩ママが教えます

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。ただいま0歳の娘を育児中の新米ママライターです。

赤ちゃんが便秘になってしまったら…。もしママが便秘がちなら、その辛さをわかっているだけに、余計に心配してしまいますよね。

今日は、生後4か月の赤ちゃんが便秘になり、原因はもしかしたら母乳?

そんなお悩みに対して、対策をお伝えしていきたいと思います。



赤ちゃんの便秘とは?

気が付くと、今日1日ウンチをしていない…。新生児の頃はおむつ替えの度に少しずつ出ていたのに、もしかして便秘になっちゃったの?と思った経験のある方は、少なくないのではないでしょうか。

赤ちゃんは、おしっこやウンチが健康のバロメーターのひとつであるだけに、毎日出ていたウンチが1日でも出ないと心配になりますよね。

しかし、1日や2日出なかったくらいで心配する必要はありません。

産まれたばかりの頃は、1日に何度も排泄していた赤ちゃんの体も、だんだんと成長し、おしっこやウンチを溜められるようになってきたのです。回数が減るのは普通のことで、便秘になったからではありません。

また、母乳は消化吸収が良いのでカスになるものが少なく、ある程度の量が溜まらないと出ないという赤ちゃんもいます。

数日に一度であっても、排便がスムーズで柔らかいウンチならば、それがその赤ちゃんのリズムだということです。

ウンチの回数や頻度ではなく、赤ちゃんの機嫌が良いかどうか、母乳の飲みは変わらないか、お腹は張っていないか、苦しそうにいきんだりしていないか、などの様子で便秘かどうか判断しましょう。

赤ちゃんの便秘と母乳との関係

赤ちゃんの便秘の原因は母乳不足だとの説明も多くありますが、筆者としては、これは違うのではないかと個人的に考えています。

母乳不足で便の回数が少ないというのは、便が溜まっているのに出なくて苦しいという状況とは異なります。

もちろん、ウンチやおしっこの量、回数で母乳不足かどうかを見ていくのは当たり前のことですが、それは便秘解消として対処するのではなく、母乳不足解消として対処しなければならないことですよね。

ウンチの回数が少ないということ以外に、おしっこが1日に5回以下だったり、体重が増えないという状況があるならば、母乳不足が考えられますので、しっかり対処しなければなりません。

ママの食事内容は関係ない

ちなみに、赤ちゃんの便秘とママの食事内容は、全く関係ないようです。

ママの食生活が悪く、その母乳のせいで赤ちゃんが便秘になるということはありませんし、

逆にママが一生懸命、食物繊維や乳酸菌をとったからと言って、それが母乳を通じて赤ちゃんに伝わり便秘が改善される、ということもありません。



便秘解消のための生活習慣

赤ちゃんが便秘になってしまう原因は、体質的なものがほとんどですが、大人と同じように、赤ちゃんも運動不足で便秘になることがあります。昼夜の区別をしっかりつけ、日中は積極的に体を動かしましょう。

日中は散歩に連れて行きましょう

日中は抱っこひもやベビーカーで外を散歩しましょう。赤ちゃんにとっては良い刺激になります。

ママが足を動かしてあげましょう

おむつ替えの時などにママが赤ちゃんの足を持って動かしてあげると、まだ自分では動けないこの時期の赤ちゃんも、運動不足の解消になります。

ひざをお腹にくっつけるように持ち上げたり、バタバタさせたり、ぐるぐる回したり、あまり力を入れて動かしてはいけませんが、歌を歌いながらリズムよく動かすなど、楽しみながら行ってみて下さい。

うつぶせにして腹筋を刺激

仰向けの姿勢でいることが多い赤ちゃん。うつ伏せにすると、普段と違うところに力が入り、腹筋が刺激されるそうです。ママが目を離さないようにして、最初は短時間からやってみましょう。

お腹のマッサージ

おへそのまわりを、のの字を書くようにマッサージします。腸が刺激されてウンチが出やすくなります。

お風呂で温めながらマッサージすると効果的です。

便秘で苦しそうなら、出してあげましょう

運動やマッサージでも出ず、お腹が張って苦しそうということであれば、溜まっているウンチを出してあげることも必要です。

5%の砂糖湯を飲ませる

砂糖湯は、ウンチを柔らかくして、排泄しやすくなる効果があります。

白湯100ccに対して5gの割合でグラニュー糖を溶かし、人肌に温めて飲ませます。

いきなりたくさん飲ませるのではなく、少しずつ飲ませて様子を見ましょう。

与えすぎは下痢になってしまうこともあるようなので気を付けてください。

綿棒浣腸をする

綿棒にベビーオイルなどをつけてから、2㎝くらい肛門に入れてクルクルと動かして刺激します。赤ちゃんによってはすぐにウンチを出す場合もあるので、紙おむつなどの上で行いましょう。

刺激しても出ないからと言って、あまり長時間刺激し続けるのもやめましょう。少し時間がたってからウンチが出る場合もあります。

これらの即効性のある方法は、筆者もそうですが、加減がわからないし抵抗があるというママもいるかと思います。

水分をちゃんととっていて、運動やマッサージでも出ないとなったら、先に病院で相談してみた方が良いかもしれません。

下剤を処方される場合もあると思いますが、まずは砂糖湯や綿棒浣腸を試してみたいならばその旨をお医者さんに伝え、量や加減など指示に従ってやるのが安全かと思います。

筆者の体験談-赤ちゃん便秘編-

筆者の娘も、毎日出ていたものが2日に1回になり、3日に1回になり、最高で6日出なかったことがあります。ちょうど4か月頃のことでした。

その時はさすがに心配になりましたが、娘はいたって元気。お腹も張ってはおらず、ご機嫌も悪くありませんでした。

お風呂でお腹をマッサージしたり、おむつ替えの度に足を持ってぐるぐる体操していた程度で、自然にちゃんと出てくれました。

今思うと、満腹中枢ができて飲む量が減った時期だったのかもしれません。遊び飲みをするようになり困ったのもその頃でした。

それ以降は、2~3日連続で出たり、逆に3~4日出ないこともありますが、大体は2日に1回のペースで出ています。しかも大抵は朝なので、ウンチの予測ができて筆者としてはとても助かっています。

赤ちゃんのペースを見守ろう

3~4日も出ないとなると心配してしまいますが、発達のめまぐるしい赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む量も、ウンチやおしっこをするペースも日々変わるのかもしれませんよね。

便秘になったとしても一時的なものという可能性もありますし、これから離乳食が始まれば、それこそ体調もリズムも変化していくと思います。

赤ちゃんの機嫌や様子を見ながら、適切に対処してあげてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします