料理・レシピ

夏に最適!お弁当作りを作り続けて分かった傷みにくい具材7選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

夏のお弁当には、入れる物を考えなければ「開けたら腐っていた!」という事態も・・・。

せっかく楽しみにしているお弁当が傷んでいたらショックですよね。

暑い夏でも美味しく食べてもらうためにおすすめしたい、

傷みにくい具材をご紹介します。

どれも子供のお弁当に使える物ばかりですので、参考にしてください!



梅干

梅干は自然の抗菌剤と言われています。

ご飯はもちろん、おかずにも!

ご飯に乗せたりおむすびに入れる梅干ですが、

おかずに使ったレシピもたくさんあります。

お魚、お肉の両方と相性が良く、たたいて和える、刻んで混ぜる、

潰して挟むなど色々な料理に使えます。

こんなおかずはいかが?

叩いた梅干と鰹節、お醤油少々を混ぜるだけの『梅かつお』は、

ご飯のお供に最適です。

鶏ささ身に潰した梅を挟み、

焼いたり蒸したりフライにするとボリュームおかずになります。

酢は雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

調味料としてでなく・・・

酢と言えば酢飯にして海苔巻きや、きゅうりの酢の物を思い浮かべるでしょう。

しかし、調味料としてではなく、抗菌材料としてほんの少し加えてみてください。

ハンバーグや唐揚げ、ご飯を炊くときや煮物など・・・、

味がわからない程度に少し入れるだけで腐りにくくなります。

粒マスタード

辛子は子供には不向きですが、

粒マスタードであれば使い方によってとても美味しいおかずが出来ます。

万能調味料に!

粒マスタード・はちみつ・醤油・顆粒コンソメを、

《3:3:1・1》で混ぜ合わせた万能調味料を作りましょう。

豚肉、鶏肉、じゃが芋などを炒めた時にさっと回しかけるだけでとびきり美味しい一品が出来上がります。

焼肉のタレ

抗菌作用のある生姜とにんにく。

その両方が含まれている焼肉のタレは、夏のお弁当作りに欠かせません。

炒め物は水気を切りましょう

炒め物は水分が出るため、腐りやすいおかずになりがちです。

焼肉のタレを回しかけて完成させたら、

最後にきっちんペーパーで水分をしっかり吸い取ってから入れて下さいね。



パセリ

パセリには抗菌殺菌作用があります。

刻んで冷凍庫に常備!

パセリはそのままでは乾燥しやすいので、

刻んでジッパー袋に薄く広げて冷凍保存しましょう。

常備しておけば、唐揚げやグラタンに少し入れたりと重宝します。

そのままだと食べにくい野菜ですが、おかずに入れると美味しさが増し、

子供も食べてくれるでしょう。

パン粉に混ぜてフライにするのもおすすめです。

青しそ

殺菌作用が強いという理由からお刺身にも添えられる青しそ。

夏のお弁当にも活用したい食材です。

お肉との相性バッチリ

鶏肉や豚肉と一緒に巻いてフライにしたり、ツミレを包んで焼いたり、

刻んで唐揚げや肉団子に混ぜ込むのも香りが良くなりおすすめです。

味噌と混ぜた『紫蘇味噌』は、焼きおにぎりにピッタリです。

カレー

子供が大好きなカレーは、カレーライスだけでなくおかずの味付けにも使え、

雑菌の繁殖を防ぐ効果もあります。

カレー味に!

カレー粉とお砂糖少々を合わせて、

お肉やお魚料理の味付けとして使うことができます。

甘さもあるので子供はきっと喜ぶでしょう。

チャーハンやピラフは傷みにくいですが、

カレー粉を入れることで持ちが良くなります。

パパのお弁当には他にも!

子供にはちょっと・・・でも、パパのお弁当には使える食材が他にもあります。

コレもアレも抗菌具材

わさび、しょうが、キムチ、辛子、一味唐辛子、みょうが、

にんにく、ハーブ類も抗菌作用があります。

お弁当には抗菌効果のある紅茶か緑茶を持たせてあげましょう。

【関連記事】

暑い日は不安・・・夏場のお弁当を腐らせない4つのコツ


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします