仕事

上司になってわかった!部下を教育する5苦悩

 会社に長く務め、昇進した時には上司として部下を教育しなければならないことが自分の業務として増えますよね。

 自分の部下をどのように教育しなければならないかと、苦悩することが増えるでしょう。

 では、どのように部下を教育しなければならないのか・・・悩みますよね。

 そんな上司である人の苦悩を簡単にまとめてみました。

[co-7]

あたりまえのことができない

 もちろんのことですが、特に新しく入ってきた新人の部下には会社のあたりまえのことが全くわかっていません。

 業務だけではなく、会社のあたりまえと思っていることが部下にとっては新鮮なものとなります。

業務に“あたりまえ”はない

 特に業務において、あたりまえにやっていることが、

部下が理解しがたいこととしてとらえてしまうことがあります。

 上司である方は、その面をしっかりと把握したうえで部下の教育をしていかなければなりません。

言っても伝わらない

 「何度も言っているのに・・・」

 部下に口頭で何度も指示を出しても時々理解してくれない素振りに困惑してしまうこともありますよね。

 どのようにしたら理解してくれるのかと、

様々な方法で葛藤してしまうこともあるでしょう。

忍耐力を持つ

 部下がなかなか理解を示してくれないときには、

我慢して理解してくれるまで指示を出し続けることも大切なのです。

 一度見切りをつけてしまうと、部下の成長の妨げとなってしまうからです。

 上司自身の部下に対する忍耐力をしっかりと持ち、長い目で教育してあげましょう。

会社の常識を理解できないこと

 「会社の常識」と聞くと、若干拘束力があるような聞き方になりますが、

会社を一つの社会と考えると、社会の中での常識というのには従うべきことでもありますよね。

 ですが、部下はなかなかその常識を理解してくれないこともあります。

 そのような状況に陥った場合には、

長く務めている上司が部下にしっかりと教えてあげることが大切なのです。

“理解するまで”“なれるまで”

 業務と違い、会社の決まりごとはなかなか理解することは難しいです。

 しかし、上司である方が部下が理解をしっかりとするまで、

環境に慣れてくれるまで教育しつづけることが大事です。

 慣れないことを理解することは、短期戦では難しいでしょう。

長期にわたり、教育をしてあげてください。

[co-8]

時に先輩として部下をやさしくする

 時に上司として、後輩の相談を乗ってあげることも大切ですよね。

 部下は部下なりに、様々な悩みを持ち合わせています。

 それらを聞いてあげるのも上司の仕事なのです。

部下との付き合いを深める

 まず、上司が部下から相談を受けるような人柄であることが大切です。

 相談しやすい上司として部下に信頼されることで、

部下の状況をしっかりと把握することができるでしょう。

 部下の状態を把握しておくことが、今後の仕事上の付き合いでも影響してくるのです。

まとめ

 上司が部下にしっかりと教育をすることは、とても大変なことです。

 まして中途半端・放置をしてしまうと、業務だけでなく部下自身のためにもなりません。

 それらをふまえて、どのような方法で教育をすることができるのかと、

一度見直してみるのも良いことかもしれません。

 もし、今現在部下の教育方法で悩んでいる方には、

特に見直すべきではないでしょうか。

 部下に教育をする際に、「これで大丈夫かな・・・」「部下のためになっているのかな・・・」「部下にとって良い上司なのかな・・・」

と苦悩する毎日が続くでしょう。

 ですが、そう思える上司であることが、良い上司になれるきっかけにもなるのです。

 ぜひ、苦悩せずに、部下とのより良い関係を築き上げていってください!

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします