子供の習い事

子どもが習い事をやめたい・・最も多い理由ベスト5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

 子どもに習い事をさせていますか?

 ピアノ・水泳・習字・英会話と・・・いろいろな習い事がありますよね。

 ですが、子どもが途中で「やめたい」そう思える時もあるのです。

 今回は、子どもが習い事の途中で「やめたい」と思えるような理由や原因を簡単にまとめてみました。



習い事に興味がなくなった

「このまま続けても意味がないような・・・」

 子どもが習い事を始めてふと、「このままやって何の意味があるのかな・・・」と考えてしまうこともしばしば。

 子どもがそう思ってしまうことで、習い事を集中して取り組むことができないでしょう。

 子どもから習い事をやめたいと申し出があるなら、上記のことを思ってのことかもしれませんね。

遊ぶ時間がない

「もっと友達と遊びたい!」

 習い事を続けていると、自然と子どもの自由時間はなくなってしまいますよね。

 自由な時間がないと、それこそ子どもにとっては習い事は邪魔なものなのです。

 学校帰りに友達と遊びたいのに、帰ったら習い事があるから・・・と、

さみしい思いをする子どももいるでしょう。

 そうなった場合には、子どもの様子を観察して無理をしているようならば習い事をセーブしたほうが良いのかもしれま

せんね。

自分から始めたものではない

「好きでやっているわけじゃない!」

 習い事を始めたきっかけが、親からの打診であった場合には、

子どもの興味・関心は0からのスタートになります。

 もちろん、習い事を継続してからも、興味・関心が芽生えないときには、

習い事をしている子どもは常に「やめたい」と思うようになるでしょう。

 子どもの習い事は、やはり子どもが習い事に興味・関心がないと、上手くいかないでしょう。

 継続して続けられる環境をしっかりと整えてあげることが大切なのです。



別の習い事をしたい

「このままじゃやりたいことやれない」

 もし、他の習い事に興味を示した時には子どもから「今の習い事をやめたい」という打診があるのではないでしょ

うか。

 子ども同士で流行っている習い事に魅力を感じ、

その習い事をやってみたいという意欲がわいてくると、

やっている習い事がとても邪魔になってしまいますよね。

 子どもがしっかりと習い事に集中して取り組むことができるかと親が判断して、

習い事を変えても良いのかもしれません。

楽しくない

「なんかつまんない」

 親からみて 、なんか最近習い事に集中していないなと感じることがあると思います。

 習い事も、集中たり、楽しく取り組んだりと子どもが必死に取り組んでいる姿勢をみられないと、

このまま続けても良いのかと不安になってしまいますよね。

 そんなときに子どもに「習い事楽しい?」と聞くと、

「つまんない」・・・そう答えてしまう子どもを見ると、

このまま続けることは難しいのではないかと考えてしまいます。

 一度子どもと習い事を続けるか話し合ったうえで今後どうするか考えても良いのかもしれません。

まとめ

 子どもの習い事についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

 実際に習い事は、子どもが集中して取り組むことができなければ意味がありません。

 また、そのような状態のままつづけさせるのも難しいのではないかともかんじますよね。

 子どもの意志表示があれば、習い事を続けさせるべきか否かということに関してはすぐに決断することができますが、

実際は難しいでしょう。

 子どもが実際に習い事で、楽しく続けており、今後も続けても大丈夫であると感じるなら、

親としても押しても良いとは思いますが、逆に無理だと感じるなら無理強いはできませんよね。

 それらをふまえ、子どもが何をすれば楽しいのか、今一度考えてみても良いのかもしれません。

【関連記事】

子供が習い事を辞めたいと言う・・・乗り越える6つの方法を実体験を元に解説します!

子供が「習い事をやめたい」ママの対応どうする?4人育てたママの対応!

珠算塾経営ママの視点!習い事をする子の母に知って欲しい心構え4つ

子供の習い事のママ友付き合いで苦労した体験談!トラブルを防ぐ方法は?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします