節約術

げっ高すぎ!ガス代が高いなと思ったら11の節約術がオススメ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

住宅を建てる際にオール電化にするご家庭が多かったのは少し前までの話。

電気代の値上げが続きそうな現在は、オール電化よりオールガス住宅を建てる方が増えています。

電気代よりガス代の方がお得!

しかし、いくらお得と言っても、節約できるのであればしたいのが本音。

ガス代節約のために、何ができるかをお話ししましょう。



調理中の節約

料理にガスを使っているのであれば、まずは調理方法を直しましょう。

①圧力鍋を活用する

弱火でコトコトと30分も1時間も煮込む料理がありますね。

圧力鍋を使うと、沸騰してから1分で火を止めても、じっくり味がしみ込んだ美味しい料理が出来ます。この時間差は、かなり大きいです。

②鍋蓋+落し蓋

鍋は、蓋をすることで中の温度が早く上がります。煮物をする時には、鍋蓋だけでなく、落し蓋との併用で、味の浸み込みも早くなります。

③鍋の水滴チェック

鍋底や鍋蓋の水滴を拭き取ってから火にかけることで、ガス代は随分と節約になります。火にかける前に、しっかりチェックしましょう。

④火加減は中火が一番お得

強火で一気に炒め物をした方が、短時間でガス代も安いと思いがちです。しかし、中火で時間を長くした方が、安いのです。

⑤連続使用で4%お得に!

ひとつの料理が終わったら火を止め、次の鍋を使う時にまた火を付ける…これを、連続使用にしましょう。

ひとつ煮込んでいる間に次の準備をしておき、コンロから鍋を下すと同時に、火はそのままで次の鍋を乗せるのです。

何度も火を付けたり消したりするだけで、その都度、余計にガス代がかかります。

⑥レンジとの使い分け

野菜やお肉などを茹でる時、お湯をわかして食材を入れ、火が通るまで…となれば、使うガスの量も増えます。

お皿に食材をのせ少量の水を振りかけたらレンジでチン!ガス代はかからず、素材のうま味も逃がさずお得に調理が出来ます。



2、給湯器の節約

ガスで沸かすタイプの給油機を使っている場合、その使い方を考えることで節約に繋がります。。

⑦追い炊き回数を減らす

追い炊きに使うガス量は、かなりの物だと思いましょう。家族が少ない場合は、できるだけ一緒に入るか、近い時間で入るようにしましょう。

⑧浴槽のお湯を使う

シャワーを使うより、浴槽のお湯で洗い流す方が、ずっとお湯の量は少なくてすみ、ガス代節約に繋がります。

⑨節水シャワーを使う

実際に我が家でも使っています。使い始めた頃は、とても驚きました。少ない量だから水の勢いが心配でしたが、通常のシャワーより勢いがあります。

お風呂掃除をした後に、シャワーで流すお湯の量は、かなり節約になると思います。

⑩給湯器の場所を考える

給湯器はどこにありますか?たいてい、お風呂場ですね。キッチンから遠い場所にある場合、キッチンの蛇口からお湯を出すためにガス代が無駄にかかります。

その距離によっては、やかんで沸かした方が節約になる場合があります。

3、ガス会社の見直し

プロパンガスを使っている場合、ガス会社を変えることで高額な節約になる事があります。

⑪適正価格の確認を!

プロパンガス協会が推進している適正価格という物があります。適正価格より高い場合は、業者を変えましょう。

注意)悪徳業者にご注意を!

価格が安すぎる業者は、悪徳である場合がありますので、まずは疑うべきです。立米短歌が300円以下の場合は安すぎます。

その時だけ安く、契約後には徐々に値上げされ、結局は適正価格をかなり上回った金額になる可能性があります。

節約の習慣付け

節約!節約!とあまり意気込んで、窮屈な暮らしをすることは良くありません。

普段から出来る事をこまめに実行し、習慣付けてしまいましょう。

賢く節約しよう!

一度習慣となってしまえば、「節約しよう!」と頑張らなくてもガス代は安い状態をキープできます。

また、さらに出来る節約方法が見つかるかもしれません。

得た情報は一度は、実行しなければ意味がありません。出来る事は実行し、続けられる部分はしっかり続けることが大切です。

ストレスがたまらない範囲内で『無理なく』出来る方法を探し、賢く節約しましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします