子供の教育・成長・遊び

子供の早寝早起きを習慣づけたらこんなにメリットが・・・!私の体験談

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

子供にはぜひ習慣付けたい早寝早起き。

幼稚園に入るために・・・と3歳頃から考える始めるのではなく、

産まれた直後から習慣付けることが大切です。

早寝早起きが子供に与えるメリットと、

赤ちゃんの頃から我が家で習慣付けてきた、

子供が早寝早起きになる方法を伝授します!



メリット1 朝食をのんびり食べられる

早起きの最大のメリットとも言えるでしょう。

朝食はゆっくり食べた方が消化吸収に良い

忙しい時間の中で慌ただしく朝食を食べさせなくちゃ!と思うと、

ママはイライラガミガミ・・・子供も落ち着いて楽しく食べることはできませんよね。

朝食はよく噛むことで脳への刺激となり、

ゆっくり食べることで効率良く消化吸収を促します。

メリット2 午前中が充実!

早起きできる子供は活動開始時間も早く、

午前中を有意義に過ごすことができます。

ちょっと遠出もできます

時間がないから・・・家事に忙しいから・・・と近所の公園だけでなく、

親子で早起きすれば、少し足を延ばして児童館や。

遠い場所にある公園に遊びに行くこともできます。

子供の遊ぶ場がいつもと違うのも新鮮で楽しいですよ!

メリット3 昼寝時間に良い影響

まだまだ昼寝が必要な子供にとって、

夜寝る時間と起きる時間、そして昼寝の時間は大きく関係しています。

生活リズムが整います

昼寝が夕方にかかってしまう子供は少なくないと思います。

昼寝が遅い時間になるのは、夕方の忙しい時間帯や夕食中に子供が愚図ってしまう原因です。

夜、早く寝る子供は早く起きます。早く起きれば昼食後には眠くなります。

昼寝時間が早ければ、必然的に夜は早く眠くなります。

昼寝が早いと午後~夕方も充実!

子供が昼食後すぐに昼寝をしてくれれば、

昼寝から目覚めた後に遊ぶ時間がありますよね。

外もまだ明るいですから、公園に連れ出して思い切り体を使って遊ぶことができます。

午後から夕方にかけてしっかり遊んだ子供は、

夜も早い時間から熟睡してくれるようになります。



メリット4 幼稚園生活に馴染みやすい

幼稚園に通う前から早寝早起きを習慣付けておけば、ママも子供も苦労しません。

生活リズム変わりません。

生活リズムが確立されている子供は、

「幼稚園に行くのに子供が起きない!」「朝は忙しくていつもバタバタ・・・」

「明日幼稚園なのに寝てくれない!!」という苦労をする必要がありません。

早寝早起きが習慣付いている子供は、

幼稚園での活動にも積極的に取り組むことができるでしょう。

メリット5 朝だけの楽しみがある

朝早く起きることは、身支度や朝食という必要メリットだけではありません。

早朝のお散歩

早朝からお散歩をする時間を作ってみてください。

朝の空気はとても気持ちが良く、早朝ウォーキングをしている人もたくさんいます。

多くの人と朝から元気に挨拶を交わす習慣も付きますし、

普段の遊びとは違う感覚で外を歩くのは子供の心に良い刺激を与えます。

早寝早起きの習慣付け方法

幼稚園に通うようになるから・・・という理由で始めるのではなく、

新生児の時から習慣付けることが大切です。

夜は泣いても暗い部屋の中で対処する、

リビングの灯りも豆電球も付けず質の良い睡眠と取る、

朝はカーテンを開けて太陽の光を取り入れる。

生活リズムが確立していない新生児だからこそ、

それらの方法をきちんと身に付けさせて行くことが、

その後の早寝早起きに繋がるのだと考えます。

家族で習慣付ける良い機会です!

早寝早起きは大人にとっても良いメリットがたくさんあります。

赤ちゃんが産まれたことを機に、家族で早起きの習慣を付けてみませんか?

家族で早朝のお散歩をするのはとても気持ちが良いですよ!

【関連記事】

なぜ早寝早起きが良いのか?挑戦したくなる6つのメリットとは?

意外なメリット!?主婦の早寝早起き合計8つのメリット


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします