子供の教育・成長・遊び

ゲーム大好き我が子が心配…ゲームが子どもに与える影響とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

近年では小さいお子さんからでもできるゲームのラインナップが充実していますよね。

特に小さなお子さんは、ゲームをすることが大好き!ゲームを片手に夢中になってしまいますよね。

ですが、この「ゲーム」・・・子どもにどのような影響を与えるかご存じですか?

我が子が危ない?!ゲームのやりすぎには注意が必要なのです。



暴力

現実とゲームの世界に混同する

ゲームの世界は現実とは違い、夢のような世界になっています。

しかし、ゲームを夢中になりすぎると、まだまだ無垢な成長真っ只中の子どもにとっては現実とゲームの世界をはき違えてしまうこともあるのです。

ゲームの世界ではあたりまえという感覚で、現実の世界でもゲームの世界と同じことをしてしまうことがあります。

その典型的な例として、「暴力」があげられます。

「痛いこと」を知らない

ゲームの世界では、キャラクター同士がパンチやキック、時には道具を使って戦い合うシチュエーションがありますすよね?

それが現実ではあたりまえのようになってはいけないのは誰しもがわかるはず・・・。

しかし子どもは特に、ゲームに夢中になりすぎるとその概念が失われることがあります。

ゲームに夢中になりすぎて、依存傾向がみられると感情的になったり、イライラが止まらなくなったりする傾向がみられるのです。

そこで、ゲームの世界と混同している状態では、生きた人間相手に「暴力」を簡単にふるってしまうのです。

もちろん、加減をしらず、全力で相手を殴ったりけったりします。

現実世界とかけ離れている状態では、暴力を振るわれて「痛い」という感情も一つも片隅にはなくなってしまうのです。

社会的不適応

生身の人と接する機会を失う

一人でゲームを夢中になってやっていると、人と話したり接したりと、コミュニケーションを取るきっかけを失います。

ゲームの世界でコミュニケーションをとっているように思いがちですが、特にオンラインゲームでは、ゲームの世界ではゲームを介して接するために対面で話す機会がありません。

そのような環境に入り浸ってしまうと、対面で人とコミュニケーションを取ることに恐怖を感じてしまうのです。

「他人」が怖くなってしまう

もちろん、いくらオンライン上でゲームを介して人と接しているとしても、実際に生きた人間を相手に話そうとするとなかなか言葉が出てきません。

なぜなら、ゲームの世界に入り浸ってしまっている現実なら、そのようなことは起きるはずがないからです。

ゆえに、自分以外の「他人」に恐怖心を感じ、コミュニケーション能力が欠落してしまう傾向がみられます。



知的能力

年齢に必要な学習能力が欠落する

ゲームをすることは非常に楽しいです。

ですが、あまりにも夢中になりすぎて、肝心の勉強する時間はどこにいってしまうのでしょうか。

ゲームの虜になってしまうと、学校などの学習内容が頭から飛んでいってしまいます。

「学習」する機会がなくなる

「ゲームしないで宿題やりなさい!」

そう子どもに叱る親も少なくはありません。

ゲームをしていると、だんだんと生活にメリハリがつけれなくなります。

それと同時に、夢中になりすぎて年齢に応じた学習内容を学ぶ機会や知識として吸収したものがすべてゲームをする上でのエネルギー源として消耗されてしまいます。

そして知的能力も欠落していくのです。

視力

小さい画面に集中して視力が低下する

ゲームの種類も様々なものがあります。

大きいテレビ画面でするものから小さなハンドタイプのものまでさまざまです。

ですが、あまりにも液晶画面を集中して長時間見すぎると、どうなるかわかりますか?

目が疲れてしまい、視力が低下してしまいます。

目を休めるきっかけを作れない

もちろんゲームに夢中になっていることで、目を休めることは絶対にしません。

何時間もゲームをしたり、時には暗い部屋でやったりと・・・あたりまえですが、目にはとても負担ですよね。

加えて視力は一度低下してしまうと、なかなか回復はしません。むしろそのような環境であるなら低下一直線です。

目は一生ものです。そんな大事な視力をも低下させてしまうのがゲームの怖いところでしょう。

まとめ

子どもは楽しいことを見つけるとついつい夢中になってしまいます。

それをしっかりと管理するのは親の役目です。

ゲームはほどほどに、生活にメリハリを持って楽しみましょう!

【関連記事】

子供とゲームの上手な付き合わせ方法!親が子供に出来ること

子供の将来を想うほど勉強より遊びが大切だという私の教育方針とは?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします