子供の健康・食事

子どものおやつ・・・手作りおやつと市販のおやつはどっちが良い?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳児子を持つママライターです。

みなさんは、子どもにおやつをあげていますか?

おやつをあげることで、手作りでおやつをあげたり、市販のおいしそうなおやつをあげたりと、ママによっては様々な方法があると思います。

ですが、ふと「手作りのおやつと市販のおやつ、どちらが良いのかしら?」という疑問が出てきませんか?

特に子どもがおやつを食べ始める時期になると、おやつをどこまであげても良いか。手作りの方が身体に良いのか・・・など、おやつの悩みがついてきますよね。

そんなママに必見!今回は、手作りおやつと市販のおやつについてを比較して簡単にまとめました!

ぜひ、今後の子どものおやつ選びの参考にしてください。



手作りおやつのメリット

オリジナルで子どもに合わせることができる

手作りの醍醐味は、オリジナルのおやつを食べさせることができることです。

各子どもの好きなもの・好きな色・好きな味・好きなキャラクターなど。好みは様々ですよね。

そんな子どもの好みに合わせてアレンジおやつができあがるのです。

自分の好みのおやつを食べられることは、子どもにとっては特別感を味わうきっかけにもなるので、ママの愛情もしっかりと伝わるでしょう。

料理スキルがしっかり上がる

また、手作りおやつを作るために、試行錯誤するママさんもいらっしゃいますよね。

今では料理本の他にもインターネットで作り方を検索できる便利な時代となりました。

どれだけ料理はお菓子作りが苦手なママさんでも、おやつ作りを研究して経験していくことで、確実に料理スキルが上がっていきます。

おやつを作ることで、子どもも喜ぶしママさんも成長することができるのです。

アレルギーにもしっかり対応ができる

子どもが食べ物を食べる際、一番気になるのはアレルギーですよね。

「自分の子どもにはこんなアレルギーがある・・・」「市販のおやつではちょっと心配・・・」そんなお母さんには手作りおやつがおすすめです。

アレルギー対応のおやつを作ってあげることで、安心して子どもに食べさせることができます。

また、インターネットなどや専門誌では、各アレルギーに対応したおやつのレシピも掲載されているので、そちらを参考にして作ることが望ましいでしょう。

手作りおやつのデメリット

時間がかかってしまう

手作りおやつのデメリットはやはり調理時間がかかってしまうことです。

手間をかければかけるほど、調理する時間がかかってしまいます。

また、子どもが寝ているうちに・・・と夜に作るママさんもいますが、ママさんの生活時間も削減されてしまうので、無理は禁物です。

子どもと接する時間が減ってしまう

おやつ作りをすることで、特に日中に作るとなると子どもと接する時間を割かなければつくることができないですよね。

おやつを食べさせることは大事ですが、おやつをまだまだ作れない子どもはじっと見ているだけです。

子どもをなかなか優先できないことが手作りおやつを作る際に犠牲にしなければならない所ですよね。



市販のおやつのメリット

簡単!すぐに食べさせることができる

市販のおやつは袋を開ければすぐに食べさせることができます。

急な用事や日中暇ではないときにとても便利です。

子ども用のおやつでも値段もお手頃なものばかりなので日持ちもすることからたくさん購入してストックとして貯蔵しておくこともできます。

食べやすいサイズでできているから食べさせやすい

市販のおやつをすぐに食べさせることができる理由として、一口サイズのおやつやスティック型のおやつなど、子どもが食べやすい形でできているからです。

丸型のものやスティック型の口に含んだらすぐに溶けてしまうような食べやすいおやつで作られているものが非常に多いので、手渡しでも食べさせることが可能です。

お出かけ時にも便利!

特に夏などの食べ物が腐りやすい時期などでは大活躍します。

外でお散歩やお出かけに行く際、市販のおやつを袋一つ持っていくだけで、外ですぐに食べさせることができるので便利です。

袋を開封しても、ジッパーなどの保存できるように作られている袋の商品もあるので、そういった商品を購入されると良いでしょう。

市販おやつのデメリット

添加物が心配

市販のおやつの最大のデメリットは、商品によって添加物が入っていることです。

市販のおやつの中には、着色用や香辛料などの添加物が入っているものがあります。「無添加です」と謳っている商品もありますが、果たして実際に入っているのかいないのかは判断しづらいですよね。

本当に安全なのか気になってしまう

やはり商品の中身の安全性は目で見たり味で確かめたりしても安心できるものではありませんよね。

まして自分で作ったものではないことから、信用に値するものかどうかに関しては甲乙つけがたいものです。

まとめ

手作りおやつと市販のおやつのメリットとデメリットを比較してみましたがいかがでしたでしょうか。

おやつを選ぶことで悩めることはたくさん出てくると思いますが、子どものためにもしっかりとおやつを選んであげたいですよね。

ママさんも無理なく、楽しくおやつの時間を過ごしてください!

【関連記事】

【簡単】身体に良いおやつ限定!子供の健康おやつレシピ4選

育ち盛りの強い味方!子供が飽きないバナナのおやつレシピ決定版!

子供の体に優しい無添加のおススメ市販菓子6選


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします