妊婦の家事・仕事

ダラダラ卒業!産休を有意義にするおすすめの過ごし方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!もうすぐ一歳になる女の子をもつ歯科衛生士ママライターです。

みなさん産休中は何をしましたか?

産休は法律上産前の6週間と産後の8週間お休みすることができます。

その期間、98日。まるまる三か月自宅にいることとなります。

これは結構な期間ですよね。

ただし、産後のお母さんは体力的にしんどいですし、お子さんの面倒もあります。

新生児の頃は三時間おきの授乳で休む暇もありません。

はじめての出産なら、なれない育児に毎日があっという間に過ぎてしまうでしょう。

ですが、産前はまだ赤ちゃんも生まれていないですし、出産の準備もそこまで時間はかかりません。

赤ちゃんに早く会いたくてわくわくしているかと思いますが、

実際おなかの大きな妊婦さんは安静にしていなければいけませんし、

いつ陣痛が来るかもわかりませんから遠出することもできません。

結構、時間を持て余してしまうものなのです。

そこで、約二か月ある産前の休業期間にやっておいた方がよいこと、

またはおすすめの過ごし方をご紹介したいとおもいます。



産後できないこととは?

赤ちゃんが生れる前はその後の生活模様をなかなか想像できないものです。

しかし娘が生れた今になって次から次へと行動に制限が出てきました。

生まれる前にしておけばよかったなーっと思うことがいくつかありますのでご紹介します。

①映画館で映画を観る

これは赤ちゃんを預けなければなかなかできません。

ましてや母乳育児をする予定ならなおさら二時間三時間と赤ちゃんと離れるわけにはいきません。

搾乳したとしてもおっぱいが張って痛いこと痛いこと…

また、映画館に限らず自宅でDVDを観るときも

赤ちゃんの睡眠を妨げないようにこっそりと観なくてはいけませんし、

第一そんな長い時間お昼寝もしなくなりますから、

必ず中断させられ通して観ることは難しくなります。

➁旅行

生まれて1歳ぐらいになれば少々の遠出もできるようになってきますが、

子供が生まれてからは子供中心の生活が待っています。

産後すぐは家から一歩もでないなんていう生活もあたりまえになってきます。

自分たちの好きなところを巡りたいのであれば産前に行いましょう。

ただし臨月前が勝負です。

また、先生から安静にとの指示があれば諦めましょう。

③おしゃれなお店で料理を頂く

赤ちゃんに限らず分別がつく年頃にならなければ一緒には絶対にいけません。

静かでリッチなレストランなどは産前に行っておきましょう。

パパと二人きりになれるのも産前までです。

是非とも産前に素敵なデートをしておいてください。

④友人たちとディナー

子供が生まれたらパパと子供をおいて友達とディナーへ、

なんてことはちょっとできませんよね。

お酒が飲めないので禁酒が辛いママさんにとっては誘惑でしかないかもしれませんが、

そうでないママは是非とも仲良しのお友達との時間を大切にしてください。

子連れでディナーは周りの目も気になりますし、行けるお店も限られてきます。



趣味に没頭する

子供が生まれたらなかなか自分の時間はもてません。

なにか好きなことがあればそれにひたすら打ち込めるのは最後だと思ってください。

そんな趣味は無いという方におすすめのものがありますので参考にしてみてください。

①編み物

赤ちゃんのものを作るのもよし、自分の好きなものをつくるのもよし。

実用品として、キッチン周りの雑貨やバック、クッションカバーなんかもあって楽しいです
よ。

➁裁縫

ミシンがあればぜひ試してみましょう。

最近ではスタイやおむつカバーを自分でハンドメイドするおしゃれママさんが増えています。

また、今後お子さんが幼稚園にあがるころにも裁縫ができたら非常に便利です。

通園用のバックやスモッグなど結構な用意しなければいけないものがたくさんあります。

③楽器

ピアノでもギターでも何か習ってみるのもおすすめです。

うまく弾けるようになればとても楽しいですし、リラックスできますよね。

あとは、お子さんが生まれた後一緒に演奏したり、聞かせたりできるのもメリットです。

ただし、近所迷惑にならないことが必須です。

④ビーズアクセサリー

赤ちゃんが誤って飲んでしまう恐れがありますから、興味があれば今のうちにしておくとよいと思います。

可愛いキーホルダーなど簡単にできるものもあります。

作り終えたときの達成感はたまりませんよ。

⑤料理

ご自身の健康かねて今一度栄養バランスの取れた料理を作ってみませんか。

本屋さんに行けばそういった料理本はたくさんあります。

これを参考に毎日料理をすれば家族みんな健康になりますし、

これからお子さんの成長のために毎日ご飯を作らなければいけませんから、

よい勉強になること間違いなしです。

すきま時間でお小遣いかせぎ

産休に入って急に収入が減りますのでつらい・・・っということもあるかと思います。

ですが産休中アルバイトはできません。

そこでお小遣いサイトでちょこちょこ収入を得たり、

断捨離ついでにフリマなどを利用して、お小遣い程度の利益を出してみてはいかがですか。

このようないわゆる副業というものは微々たる金額ですが、

コツコツためれば結構な収入になります。

また、きちんと確定申告を自分で行えば会社側にばれることもありませんので

何かお金になることがしたいのであればおすすめです。

産休中は楽しく過ごす

いかがでしたか。

産休中に何とか時間を有意義に使いたいと色々と試した結果です。

興味のあるものは人それぞれだと思いますが、

何をするにせよ産休中はストレスを貯めこむことなく楽しくすごしましょう。

それがおなかの赤ちゃんにとって一番よいことです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします