育児の悩み・疑問

吐き戻しが多い我が家の赤ちゃんに効果的だった対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳の娘と2歳の息子を持つママライターです。

生まれて間もない赤ちゃんは授乳の度にげっぷを出させてあげなくてはいけませんね。

とはいえ、うまくゲップが出なかったり、その為にミルクを吐き戻してしまったりと悩みは尽きません。

どうやってゲップを出させてあげたらいいのでしょうか?いろんな方法をご紹介します!



(1)ゲップとは?

赤ちゃんは授乳のたびにミルクだけでなく、空気も飲みこんでしまいます。

そのため、お腹を空気が圧迫して気分が悪かったり、あまりミルクを飲めなかったりします。

さらに、横になっている時に空気と一緒にミルクを大量に戻してしまうこともあります。

授乳後にゲップをさせてあげることで、気分の悪さによるぐずりの予防になりますし

胃にたまった空気を抜き、吐き戻しを防止できます。

(2)ゲップをさせよう

我が家の上の子はゲップが非常に出づらいタイプでしたから大変苦労しました。

授乳後のゲップが出ず、ふとした瞬間に空気と一緒に大量に吐き戻し…。

毎日のように大量の洗濯物が生産され、憂鬱でしたし、

我が子のゲップすら出させてあげられないなんて母親失格?!なんて思うこともありました。

どうやったら、ゲップを出させてあげられるのかノイローゼのようになっていましたね。

そんな中試したのは以下の方法です。

① 肩にのせる

まずは定番の方法で試しましょう。

授乳後の赤ちゃんの両脇と首を抱えて、縦抱きにします。

それから、ママの肩に赤ちゃんの上半身をもたれかからせてゲップを出させます。

この時、背中や腰を軽くトントンと叩いたり、背中を優しくなでるとゲップが出やすいですね。

ゲップは下から上がってきますから、下から上に優しく刺激しましょう。

② 授乳クッションに座らせる

肩にのせても出なければ、授乳クッションをお布団に置き、

そのクッションの中心へ赤ちゃんのおしり入れ、クッションを背もたれにします。

このように少し上体を起こした状態で赤ちゃんを寝かせていると自然にゲップが上がってきてくれることがあります。

授乳クッションでなくても、バウンサーなど緩やかな傾斜をつけられるものなら他のもので代用可です。

我が家の上の子はゲップがあがってくるまで時間がかかるタイプだったのかこの方法があっていたようです。

しばらく座っているとものすごい音のゲップが響くことが多かったです。

この方法でゲップが出るようになると、ずいぶん吐き戻しも減りました。



③ 腿に座らせる

ママの腿のどちらか左右に、外を向くように赤ちゃんを座らせ腕で支えます。

これは沐浴の時、背中を洗う時のように支えてください。

その状態で背中を軽く叩いたり、下から上にさすってあげます。

この方法も非常に有効ですね。

④ うつぶせ

首が座って寝返りをするようになってからであれば、少しの間うつぶせにするのも方法のひとつです。

うつぶせで腹部が圧迫されるため、多少吐き戻してしまうこともありますが、大量吐き戻しは意外とありません。

また、背中を優しくなでてあげるとゲップの出る確率があがります。

(3)どうしても出ない場合

出ないこともある

どんなにゲップをさせようと試みても、ゲップが出ない時があります。

長時間ゲップをさせようといじくり回すのは赤ちゃんにとっても負担ですから

ある程度試してゲップが出ないようであれば、右側を下にしてお布団へ寝かせてあげましょう。

この際、横向きに寝かせることで、吐き戻した時にミルクがのどに詰まるのを防止できます。

おならが出ていればOK!

また、ゲップで出なくてもおならとして出ている場合もあまり心配ありません。

たまった空気をゲップとして排出できなくても、おならで排出できれば赤ちゃんのお腹も苦しくありません。

このようにゲップは絶対に出さなくてはいけないものではありませんから、

ママも気負わないようにしてくださいね~!

【関連記事】

赤ちゃんが離乳食を吐く・・原因と対処法を教えます!

母乳だとゲップが出にくい?!赤ちゃんのゲップを出すコツ


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします