専業主婦

専業主婦になりたい女性へ!現役専業主婦がリアルを教えます!

こんにちは!小学2年生の男の子と幼稚園年少の女の子を育児中のママライターです。

本格的に暑くなってきましたが、いかがおすごしでしょうか。

私は、8年間勤務したのち息子の出産にともない退職してからかれこれ8年間、専業主婦をしています。

専業主婦にはなりたくないと思っていましたが、なってみたら意外にも視野が開けたような気がします。

専業主婦になりたいあなたへ、リアルな体験談をお届けしたいと思います。

[co-7]

自分の収入はありません!

万が一を考えると…

我が家は保険に加入しました。

子どもが成長するにつれ、受取額が減っていく、逓減型の生命保険です。

逓減型ですので、保険料は割安になります。

ボランティアなどの活動をしてみませんか。

ボランティア活動の中には、少ないながらお給料を頂けるものがあります。

私は学校関連のボランティア活動をしています。

お仕事の契約をしてしまうと、長期休暇の時の子どもの預け先の心配がありますが、

学校のボランティア活動でしたら長期休暇の時はお休みになります。

収入はわずかですが、先々子どもが大きくなってお仕事を再開する際、

少しでも動けるようにと活動をしています。

時間に余裕があります!

下の子が幼稚園に入ってしまえば、お昼過ぎまでの数時間はゆったりと過ごせます。

家事や買い物、食事の支度など、やることに際限はありませんが、

それは仕事をしている、していないにかかわらず、誰でもそうですよね。

自分でスケジュールを組めるのは、専業主婦ならではだと感じます。

孤独を感じやすいかもしれません。

どこにも属さないからこそ

専業主婦は家庭以外のどこにも所属していません。

面倒でも自分から外に出ていかなければ、

どこにも属していないという孤独を感じてしまうかもしれません。

人と一緒にできる趣味を見つける

私は、近くの体育館でやっている、ピラティスの教室に通っています。

勤務していたころは、休みの日までほかの人と合わせてお稽古するなんて!

と思っていましたが、今は逆に、そのような場に自ら出向くようになりました。

ママ友とは違う、いろんな世代の方と一緒で、おもしろいですよ。

[co-8]

学校や幼稚園の様子がわかります!

ちょっと大変!?

時間に余裕があるので、学校や幼稚園の役員を引き受けることがあります。

確かに、学校や園に行かなければいけないことが多く、無給ながら仕事も多いので大変ではあります。

学校や園での子供のようすがわかります。

子どもが学校や園でどのように過ごしているかがわかりますし、

家とは違う一面がみられるかもしれません。

子どもの姿だけではなく…

実際に先生方とお話させていただくと、

怖そうなイメージの先生が実はとってもチャーミングな方だったり、またその反対もあったり、

なかなか楽しいものです。

入学、入園前の説明会では当たり障りのないことを聞くものです。

実際に学校や園に行ってみると、良い面も、これはマズいんじゃないの?

というような面も、リアルに見ることができます。

家族からの頼まれごとは断りにくいです!

時間があるがゆえ

仕事をしていないので、家族から

「これ買っておいて!(急いでいる様子で)」「これ取りに行っておいて!(またまた急いでいる様子で)」

というお願いは、面倒でも引き受けざるをえません。

やりすぎは子どもの自立の妨げになっているかも…

子どもに関しては自分でやらせようと思うのですが、

自分に余裕があるとついやってあげてしまうこともしばしばです。

子どもを自立させるにはあまり良くないことかもしれないですね。

いかがでしたでしょうか。

お読みくださり、ありがとうございました。

【関連記事】

暇人じゃないのよ!専業主婦を軽視してる人に見て欲しい5つの本音

楽じゃない!専業主婦にしか分からない悩みと不安

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします