料理・レシピ

【写真付】あると豪華に見える!簡単副菜レシピ8種

「メインのお料理は何にするか決めたんだけど、副菜が全然決まらない…」
毎日毎日ご飯を作っていると、よくある悩みですよね。
今回は普段~ちょっと特別な日まで、簡単に作れて豪華に見えちゃう副菜レシピをご紹介します。
レモンやブロッコリースプラウトなど、1つ買ったはいいけど使いきれない!
そんな食材の使いまわしレシピもご紹介していますので、ぜひ参考になさってくださいね。

切って並べるだけ!彩りカプレーゼ

普段の材料に少しプラスするだけで見た目の華やかな豪華副菜に大変身!
定番のカプレーゼを簡単にランクアップさせましょう。

材料
・トマト 1玉
・モッツァレラ 1パック(丸ごとタイプ)
・レモン 1/2個
・アボカド 1つ
・オリーブオイル 適量
・塩・胡椒 適量
・あればフレッシュバジル、または乾燥バジル 適量
作り方
1、トマト・モッツァレラ・アボカドを全て半月切りにしていきます。
2、レモンは丸のまま1ミリ幅に薄くスライスしていきましょう。
3、それらを全て順番に重ねて並べていきます。
(この時、レモンの薄切りの上にアボカドがくるように重ねると、アボカドが変色しにくく綺麗に仕上がります。)
4、全体に塩・胡椒をふり、オリーブオイルをたっぷり回しかけます。
5、最後にバジル(フレッシュor乾燥、どちらでも可)をかけ、完成です。

丸いお皿に合わせて盛るとき、どうしても真ん中にドーナツの穴のようなスペースが空いてしまいますよね。
ここにはトマトを半月切りにした際の端っこ余りトマトを角切りにしたものを盛っても良いですし、適当に余ったお肉などあれば入れてしまえば豪華に見えますよ。
彩り鮮やかな贅沢カプレーゼで、食卓を華やかにしましょう。

簡単オシャレにアボカドのクリチ生ハム

生ハムでくるくる巻くだけでできちゃう超簡単レシピ!
とろけるアボカドと濃厚なクリームチーズが口の中に幸せを運んでくれますよ。

材料
・生ハム 8枚~
・アボカド 1玉
・クリームチーズ 40g~
・オリーブオイル 適量
・ブラックペッパー 適量
(あれば飾りにレモン2切れ程度)
作り方
1、アボカドを縦に半分に割り、種を取り出してそのまま縦に1/8にします。
2、切ったアボカドを1つずつ生ハムでくるりと巻いていきます。
3、皿にもり、クリームチーズを添えて上から軽くブラックペッパーをふります。
4、食べる直前にオリーブオイルを少量かけ、完成です。

とても簡単ですが見た目は豪華で、洋食の副菜にピッタリなレシピです。
濃厚なアボカドとクリームチーズ+しょっぱい生ハムが止まらない美味しさですよ!
我が家でもよく名わき役として登場します。

乗せるだけで豪華♪スモークサーモンサラダ

毎日代わり映えのしないサラダですが、+1で見た目も豪華なご馳走サラダに大変身!

材料
・お好みの葉野菜(レタス・リーフ、なんでも可)
・オニオンスライスやトマト お好みで
・市販のスモークサーモン 好きなだけ
・お好みのドレッシング

作り方はわざわざ書くほどでもありません、ただサラダに乗せるだけです。
たったそれだけなのですが、一気に豪華になりますよ。
また、応用としてボイルホタテ(べビーホタテ)も大活躍してくれます。
ロメインレタスやエンダイブといった、少し苦みのある葉野菜+ホタテ+チーズベースのドレッシング(シーザー等)は相性抜群ですよ。
副菜としては弱いサラダを、いっきにメイン副菜にランクアップさせちゃいましょう。

パーティの副菜に余りものブルスケッタ

サラダに乗せたスモークサーモンやアボカドを巻いた生ハムなど、ちょっとだけ余っちゃった…
そんな時、なんでも在るだけブルスケッタにしてしまえば、簡単にオシャレなパーティ副菜に大変身!
ここで乗せているものは全て上の3レシピの余りものなので、ぜひチャレンジしてみてください♪

材料
・バゲット
・生にんにく
・バター
(↓以下あまりもの)
・トマト
・アボカド 
・スモークサーモン
・生ハム 
・クリームチーズ 
・レモン
・オリーブオイル
・塩・胡椒
(あれば飾り用にブロッコリースプラウトなど)
作り方
(準備)
1、余りもののトマトは角切りにして塩コショウ・オリーブオイルで和えておきます。

2、お花のような生ハムを作るには、写真のように生ハムを三枚横につなげ端からくるくると巻き、最後に巻き終わったハムを手で少し広げてあげます。
3、スモークサーモンは1枚を端からくるくると巻きます。

(仕上げ)
1、バゲットを軽くトーストし、具材をのせる面に生のにんにくを擦りつけます。
(にんにくの香りをつけるためなので、苦手な方は省略してください。)
2、にんにくをこすりつけた上から軽くバターを塗ります。
3、その上からクリームチーズをお好きなだけ塗ります。
4、(準備)で用意した具材をお好きなものをお好きなだけ乗せてパーティを楽しみましょう!

生ハムが二枚だけ残っちゃった…アボカドが1/4だけ残っちゃった…
そんな時はなんでもブルスケッタにしてしまえばお手軽パーティ副菜に!
ここに乗っている材料以外のものでも、余りものは何でも乗せて手巻き寿しのように楽しみましょう。

ホタテとアスパラのマヨ七味ソテー

メインがお肉の日にぜひオススメしたい、ちょい辛があとをひく美味しい簡単副菜レシピをご紹介します。

材料
・ボイルホタテ 200g~
・アスパラ(季節によって青ネギなども可) 3本
・マヨネーズ 大さじ2
・醤油 小さじ1
・七味 3ふり~お好みで
作り方
1、アスパラは下の部分が筋張って硬いので、外側の皮を包丁でそぎ落とし、4cm~程度に斜め切りします。
2、フライパンに油ではなく大さじ2のマヨネーズを入れ、アスパラとホタテに火が入るまで炒めていきます。
(よりコクを出したい場合は、ひとかけらバターを足しても深みが増して美味しいですよ)
3、食材に火が入ったら醤油小さじ1を回しかけ、火を止めてから七味をふり和えます。

ご飯のおかずはもちろん、お酒にも合う美味しい副菜です。
お子さんが小さいご家庭では、七味をふる前に子供分を取り分けてくださいね。

ワインにも最高!焼きキャベツのアンチョビソース

「何か一品物足りない、けどキャベツしかない…」
そんな時、アンチョビバターソースの美味しい焼きキャベツはいかがですか?
思わず箸が止まらなくなる、そんなレシピをご紹介します

材料
・キャベツ 1/2玉
・アンチョビ 3本~5本
・にんにく 1欠片
・バター20g
・オリーブオイル 大さじ1
作り方
(準備)
1、洗ったキャベツは芯を切り取らず、繋がったままくし切りにします。
2、にんにくをみじん切りにし、アンチョビも細かく切っておきます。
(アンチョビは後で崩すので切り方適当で良いです。細いアンチョビは5本、太いアンチョビなら3本)

(仕上げ)
1、オリーブオイル大さじ1をひいたフライパンに形を崩さずそのままキャベツを入れ、焼き色がつくまで焼いていきます。
2、焼き色がついたらフライ返しなどで崩さないようにそっと裏返し、両面焼き色が付きキャベツが柔らかくなったら皿に取り出します。
3、空いたフライパンにそのままみじん切りにんにくを入れ炒めます。(この時、油が足りないようであれば小さじ1程度足しましょう)
4、にんにくの香りがしてきたらバター20gと、切ったアンチョビを入れ、アンチョビを崩し溶かしていくように混ぜ合わせます。(バターは焦げやすいので弱火でじっくり!)
5、にんにくに火が通り、アンチョビが崩れてきたら火をとめ、皿にもった焼きキャベツに上からかけ、最後にパセリをふり完成です。

辛い物がお好きな方は、にんにくを炒めるタイミングで輪切り唐辛子をプラスし、ピリ辛ソースに仕上げても美味しいですよ。
コクのあるアンチョビバターソースで、あっさりキャベツがもりもり進むお手軽レシピです。

後ひく旨さのオニスラささみマリネ

メインのお料理がこってりな日は、あっさりマリネが副菜にオススメ!
簡単マリネ液は、一度作り方を覚えてしまえばなんにでも応用できる万能液ですよ。
ささみも簡単テクニックでパサパサ知らずのしっとりした仕上がりになりますよ。

材料
・ささみ 3本~
・玉ねぎ 1/2個

(万能マリネ液)
・お酢 大さじ4
・砂糖 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ2
・塩・胡椒 お好みで

作り方
(準備)
1、万能マリネ液の材料を全て混ぜあわせておきましょう。塩コショウは、ペロッとなめてみて、自分の好きな塩加減で入れましょう。
2、玉ねぎはスライスし、水にさらした後、水をきっておきましょう。

(ささみの準備)
1、ささみが全て余裕でつかる程度のお湯をわかし、ブクブクと沸騰したら火をとめ、そこに生のささみを入れます。
(ささみの筋とりは必要ありません。)
2、火を止めたまま蓋をしめ、熱湯が完全に冷めるまでの2時間程度そのまま放置しておきます。
3、冷めたささみを手で一口大にほぐしていきます。この時、筋があったら手で取り除きましょう。

(仕上げ)
1、ほぐしたささみ、オニオンスライスをマリネ液に混ぜ入れ、最低半日~冷蔵庫で寝かせます。
2、食べる直前に、あればブロッコリースプラウトを混ぜ、皿に盛り完成です。
(ブロッコリースプラウトも混ぜて寝かせるとシナシナになってしまうため、混ぜるなら最後に)

説明にすると長いですが、ささみは沸かしたお湯に入れて放置しておくだけ・マリネ液に混ぜるだけの、超簡単副菜レシピです。
余熱でじっくり火を通したささみは、ふっくら柔らかプリプリに仕上がりますよ。
万能マリネ液はなんにでも使えますので、焼き野菜(パプリカ・茄子など)を入れても美味しいですよ。

市販ソースでソーセージとポテトのジェノベーゼ

ジェノベーゼペーストは自分で作ろうと思うと、チーズやナッツや大量のフレッシュバジルなど、用意するだけで面倒ですよね。
私が「市販でこの味はスゴイ!」と思った市販ソースを使った、簡単アレンジレシピをご紹介します。

材料
・バリラ(Barilla)パスタペーストジェノベーゼ 1/3本
・じゃが芋 中4個
・ソーセージ 4本~
・オリーブオイル 大さじ1
作り方
1、ジャガイモを一口大に切り、レンジで火が通るまで温めます。(うちのレンジでは800w10分前後)
2、一口大に切ったソーセージをオリーブオイル大さじ1ひいたフライパンで焼き目が付くまで焼きましょう。
3、火の通ったジャガイモをフライパンに混ぜ、バリラのジェノベーゼペーストを1/3本程度入れます。
4、そこに大さじ3ほどの水を入れ、ソースを伸ばすような気持ちで全体と炒め和えて、火を止めて皿に盛り完成です。

このソースはバジルの香りもしっかりしていて、チーズがとても濃く、ナッツの香ばしさも感じられる非常に優秀な市販ソースです。
正直、下手に手作りするよりずっと美味しいです。
1瓶400円越えと少し高く感じるかもしれませんが、この1本でかなりたっぷり使えるので1人前に換算するとかなりお安いですよ。
ジャガイモを細切りにしてペンネを混ぜれば、あっという間に美味しいバジルのショートパスタにも大変身。
ロングパスタもショートパスタも、パンに塗っても美味しいバジルペーストです。

【関連記事】
【日本酒アドバイザーママが伝授】写真付き〇〇“だけ”で作れる簡単おつまみレシピ6種

栄養のバランスが良い1週間分のおススメ献立メニュー

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします