育児・子育てイライラ

思い詰めないで!子育てイライラから楽になる6つの解消法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ガミガミイライラ・・そんな自分が嫌になって、

寝ている子どもの横で寝顔を見ながら、

「今日もいっぱい怒鳴って、叱ってごめんね・・・」と涙してしまう。

子育てをしていてイライラしないなんてことないと思います。

それは決して悪いことじゃないです。

私自身の経験から、気持ちを楽にもって明日からの子育てを頑張れる、

イライラ解消法をいくつか挙げてみましたので参考にしていただけると嬉しいです。

まず、どんなときにイライラするかな~と考えてみましょう。



なんで泣いてばかり?

『泣くのは信頼と安心の証拠です。自信を持って』

子どもって、ママやパパを信頼しているから泣くそうです。

そして、信頼しているからおっぱいが欲しい、おむつを替えてほしい、

抱っこしてほしいと泣き、その欲求を満たしてもらえると安心して笑顔になる。

その繰り返しなのです。そしてママやパパはその笑顔を見るのが至福のときですよね。

ほんと目が離せない!

『ハラハラドキドキで子どもの発達の準備をしよう』

ほんと・・子どもって目が離せません。

その辺のものを何でも口に入れてしまう。

お店の中を走り回って迷子になる。

階段や高い所に登っては飛び降りる。

箱のティッシュを全部抜き出すなどなどキリがありません。

毎日ダメよ!止めなさい!を繰り返さなければいけないのですが、

これ全てしゃべる準備・足を強くする訓練・指の細かい動きの練習につながります。

これを繰り返すことで子どもは色々なことを覚えていくのです。

なんで言うことを聞いてくれないの?

『失敗は成功のもとであり、ほめてやる気を引き出してあげましょう』

なぜママの言うことを聞いてくれないのか、

それは子どもは最初から親の言うこと全てを理解することが出来ないからです。

そして、自己表現もうまくできませんから何を言ってもイヤイヤ言うし、

少し大きくなって好奇心が芽生えてくると、

やりたいことと出来ることの差にまだ気づいていないですから、

何でも自分で出来ると思って自分の思う通りにやってみたいのです。

親は、自分の経験からこれは無理だなと判断して「あなたには出来ないのよ」と教えても、

親の思う通りには行動してくれません。

でも、イヤイヤ期・反抗期って心が成長している時期なのです。

子どもの気持ちに共感して、ほめて上手にやる気を出してあげると子どもは嬉しいもの。

うまく誘導できることもあるはずです。

イライラって子どものことだけ?

『旦那さまへのイライラないですか?自分はなんのために頑張ってるの?』

子育て中のイライラってここがけっこう大きいと思うんです。

お風呂におむつ替え、おっぱいに夜中のミルク、やっと寝かしつけても夜泣きが始まる。

毎日毎日これが繰り返されるのです。

疲れて眠くて自分の時間も無くなり、寝かしつけながら一緒に寝てしまい夜泣きで一緒に起きる。

からだの疲れとこころの疲れ、そこに生理周期などが重なると、

もうイライラがどんどん増長されてしまいます。

時々、あたしはこんなに頑張ってるのに!って泣き叫びたくなりますよね。

育児中のイライラって旦那さまへの不満や、

自分の存在意義を考えたりすることが大きく関与していることがあるのです。

イライラの原因はハッキリしない?

どうでしたか?

原因ってはっきりしないんです。

色々なことが組み合わさって気持ちが不安定になるんですよね。

でも、自分のイライラを子どもに向けてしまって・・・と思い詰めてしまわず、

気持ちを楽にもって子育てしていってほしいです。

私が子育て真っ最中の時期にやってみたイライラ解消法をいくつかご紹介してみたいと思います。



1.たくさんの育児書は読まないことにしました

過剰な情報は不安を大きくすることがあります

妊娠期・出産期・乳児期・・とたくさんの育児書がお店に並んでいます。

育児書を頼ることは全然否定しませんが、

あまりたくさんの情報を詰め込むと自分の子どもは当てはまってない、

成長が遅い、発達が遅れてる・・・と不安を大きくしてしまいますのでご注意くださいね。

2.怒鳴ったり叩きそうになったときは夫に頼んでその場を離れました

寝顔を見て泣かないために

イライラが積もってくると、子どもに手をあげたりしそうになります。

そんなときは、旦那さまだけでなく周りの人に助けを求めましょう。

自分や旦那さまのご両親でもいいですしお友だちでもいいです。

ひとりで抱え込まないでね。

3.エステの体験コースに行ってきました

自分へのごほうびはとっても大切

おしゃれもしなくなったしメイクも控えてる。

以前はショッピングも大好きだったのに・・・と自分の時間が持てず、

すべてを犠牲にしているように感じてしまいがちです。

月に一度くらいは子どもを旦那さまやご両親に預けて、

数時間の自分の時間を作ってみてはどうでしょう。

エステも体験コースだとお安く利用できますよ。

4.サークルや保育所の一時預かり保育などを利用しました

たまにはゆっくりお昼寝でもどうですか

保育所に入れるのもお金や空き待ちなどハードルは高いです。

近くの保育所や保育園などで、一時預かり保育をやってないでしょうか。

調べてみてはどうでしょう。

ママのゆっくりした時間もとれるし、子どもも集団生活を覚えます。

我が家の子どもたちはけっこう楽しみに行っていました。

保育士さんの遊び方も勉強になりましたよ。

5.近所のママ友や子どもたちと一緒にお弁当持って出かけました

同じ悩みを分かち合ういい機会

同じくらいの年齢の子どもをもつママたちとの交流は自分だけじゃないんだ。って、

思えることが多いはずです。思い詰めてた気持ちも楽になることがありますよ。

6.学校の宿題の時間は必ずそばにいるようにしました

子どもの笑顔でストレス解消です

私は仕事を持っていたので、宿題の時間は夕飯が終わってからにしていました。

学校での出来事を色々聞きながら宿題をやっていると、案外進むものですよ。

自分の知らない子どもたちの一面も見えたりして、

子どもたちの笑顔を見ているとイライラ度が下がってきました。

どんなに忙しくても、この時間だけは大切にしていました。

完璧な親なんていませんし、子どもはそれを求めてはいないはずです。

自分のことをいっぱい愛して、信じてくれる親を求めているはずです。

叱られても、翌日には「ママ~」って抱きついてきますよね。

愛情をもって叱ることは子どもに伝わっていますので心配しなくても大丈夫です。

愛情を持って子育てをしていくためには、からだとこころが元気でなければいけませんよね。

ひとりで思い詰めず、気持ちを緩めて子育て頑張っていきましょう。

【関連記事】

【世の旦那に捧ぐ】育児中のママが実はイライラしてることBEST5

ママ共感!子育て中にイライラする3つの瞬間

いい加減にしなさい!子育てイライラの原因と解消法


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします