ダイエット

今日からできる!炭水化物ダイエットを無理なく長続きさせるコツ3つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

最近メジャーな炭水化物ダイエット。言い換えると糖質抜きとなります。

ただ炭水化物を抜くだけなのですが、これが結構つらい。

お米が食べられなくて挫折した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?実はまったく食べられないわけではないのです。

お米を食べながら糖質オフダイエットをご紹介します。



自分に糖質オフは合うのか

炭水化物ダイエットは食事制限をおこなうので、きちんと準備をして、

ご自身の体が炭水化物ダイエットに向いているのかどうか確認しましょう。

誘導ダイエット

まずは2週間誘導ダイエットと呼ばれる糖質を少し減らすダイエットを行います。

毎日の白米の量をお茶碗1杯にします。

これにより、体内に残っている炭水化物エネルギーがほぼ消費されます。

炭水化物エネルギーが無くなると体は脂肪をエネルギーとして消費し始めます。

この2週間が本当に辛いです。これを乗り越えられればあとは簡単です。

体調不良になることも

この誘導ダイエット中に頭痛や頭がぼーっとしたり、体がだるくなることがあります。

その場合、あまり炭水化物ダイエットには向いていない体質かもしれませんので、

無理をせずにほかのダイエットをする事をお勧めします。

この2週間の誘導ダイエットを乗り越えたら次は減量ダイエットです。

減量ダイエットは結構簡単なのです。

減量ダイエット

2週間のダイエットに耐え、脂肪分解に切り替わったら炭水化物の量を増やしても大丈夫です。

ただし注意点があります。動物性タンパク質と食物繊維を多くとるようにしましょう。

麺とパンは控えて

麺やパンは糖質量がおおく含まれているので、なるべく食べない様にしてください。

食べてしまった次の日は1日お米や穀物を抜いてください。

なぜ食物繊維と動物性タンパク質が必要なのか・・・。

そのメカニズムを簡単にご説明します。



食物繊維は糖質を消化してくれる

糖質は本来腸で吸収され、エネルギーに使われますが、

食物繊維が体に入ると繊維が糖質をからめとり、排泄物として出してくれます。

食物繊維量が少ないと意味がありません。ではこの計算はどのように行うのか。

食物繊維の計算法

食べたいお米、麺などの炭水化物量を調べ、それと同じ量の食物繊維を食べればいいのです。

例えば糖質10gと書いてある食べ物を食べたいときは食物繊維0.10gを食べるといいと言われています。

簡単ですよね?でも沢山の糖質を取りすぎるのはよくないですので、食べすぎには注意してください。

食物繊維の多い食材

・海藻類
・緑野菜
・茸類

この3種は多くの食物繊維が含まれているので、毎日多めに摂る様に心がけましょう。

動物性タンパク質を多くとろう

誘導ダイエットで脂肪をエネルギーに変える体に変わったのに、

タンパク質を取らないとまた直ぐに元に戻ってしまいます。

でもタンパク質と一言に言っても沢山あります。

そのなかでもエネルギー交換されやすい動物性タンパク質をとるようにしましょう。

動物性タンパク質が多い食材

・肉
・魚
・卵
・チーズ

解りやすいですね。白米を食べたいときはこれらの食材を揚げたりせず、

焼いたり茹でたりして、塩コショウのみで召し上げるのが一番いいでしょう。

目安としては白米や麺などの主食と呼ぶものよりもお肉類を多くとる様にしましょう。

まとめ

・誘導ダイエット中は炭水化物を1食以下にする
・減量中は食物繊維と炭水化物は同じ分量とる
・動物性タンパク質炭水化物より多くとる

この3つを行うだけ。簡単ですよね?

過度な炭水化物ダイエットはリバウンドや体調不良を引き起こしやすいです。

無理なくご自分のペースでゆっくりとダイエットをしていく気持ちで行いましょう。

大体半年くらいで効果が出ればいいなぁ。くらいの気持ちが大切です。

【関連記事】

私の旦那が8キロ痩せた!炭水化物ダイエットの方法を詳しく教えます

失敗しない方法!炭水化物ダイエットのたった4つのツボ

リスク知ってる?炭水化物ダイエットの危険性!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします