ダイエット

今すぐできる部分痩せ!整体師が教える簡単エクササイズ2つ!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

女性の長年の悩みの一つに、「バストはそのままお腹だけ痩せたい!」

「上半身と下半身のバランスが悪い!」でもダイエットすると胸から痩せてしまう・・・。

そんな悩みを皆さん1度は持ったことがあるのではないのでしょうか?

整体に来る女性のお客様もそんな悩みを抱えてこられる方がほとんどでした。

時間はかかりますが、丁寧にやれば部分痩せは簡単ですのでメカニズムを含めご説明します。



何故一部だけ太るのか

人によってさまざまですが、女性は下半身に脂肪が付きやすく、

男性はお腹に脂肪が付きやすくなっています。

これはホルモンの影響とされていて、自分でコントロールすることは難しいです。

体の部位には最低脂肪量が決まっている

基本的にダイエットをしたら上半身から痩せて次に下半身にいきますが、

上半身の脂肪が0にならないで下半身が痩せるのはこのためです。

そのため一定のバランスを体が保てるのです。

ダイエットをすると、今の比率のまま全体的に細くなるのはそのためです。

このバランスは筋肉から分泌される“インターロイキン-6”という物質と脳の連携とされています。

筋肉を付ければ痩せる?

下半身のみ痩せる場合、毎日足のみを鍛える。それは1つの方法ですが、

筋肉が下半身に付く前に胸が痩せてしまいます。

それは心臓や肺にはもともと筋肉がついているのでそこから脂肪を燃焼します。

ここまで聞くと、部分痩せなんて本当はできないのではないのか?という疑問がでてきます。

ですが、逆に考えてみてください。太るときです。

太るときに全体的にバランスよく太ったりしませんよね?1部分だけ太っていきます。

それはなぜなのか・・・。

それを今度はご説明します。

なぜ1部分から太るのか

痩せるのはバストから、太るのは下半身から・・・。理不尽極まりないですよね。

でもその太り方にも理由があったのです。

女性はお腹に子宮があり、そこに多くの血液を必要とします。

もともと下半身に血液が行き辛い作りなのです。

男性は全体的に女性より筋肉が多く脂肪が少ないのですが、一番脂肪の多いのがお腹。

脂肪は血液を冷やす効果もあるので、循環が悪くなってしまいます。

それぞれ一番血液循環が良くない所ですね。

血液の流れ

脂肪をエネルギーに変えるのも消化したものを脂肪にするのも血管を経由しないといけません。

下半身太りに悩んでいる方の大半が“冷え性”でした。

これが大きな問題なのです。

女性は足、男性はお腹がとても冷たい方が多いのが現状でした。

脂肪は冷たいと消費しない

人の体は筋肉が0の部分はありません。

なので少なからずインターロイキン-6は全ての体の部位にあるのです。

ですが、冷えて固まった脂肪は溶かすのに苦労します。

冬に氷を溶かすのが大変なものと同じです。

それをわざわざ溶かすくらいなら元々溶けている部分、

筋肉が多く動き続けている胸から燃焼していくのです。

と、いうことは・・・。もう簡単ですね。

運動前に脂肪を柔らかく

運動する前にストレッチをしますが、その前に溶かしたい部分を温め、

冷やさないようにします。そうすることで胸と同じか、それ以上に脂肪を燃焼し始めてくれます。

表面ではなく中まで柔らかく

少し温めたくらいでは脂肪は溶けません。一番いいのはお湯。

もしくは熱めのおしぼりでゆっくりとかんぶを覆い、優しくマッサージします。

大体1部位3分程温めほぐします。

そして冷えないようにしてください。

お腹も冷やさない

痩せたい部分はなるべく冷やさず、お腹などの脂肪が元々多い部分も冷やさない様にしてください。

腹巻などしているといいかもしれません。

これで準備万端。では、運動嫌いな方にもできる簡単エクササイズをご紹介します!



内側の筋肉を鍛えよう!

筋肉には2種類あって、引き締める内側の筋肉と硬くなり太くなる外側の筋肉があります。

痩せたいのに太くなる筋肉を鍛えてしまったら意味がないので、

内側にある筋肉の鍛え方を部分ごとにご説明します。

二の腕エクササイズ

二の腕を鍛えるにはまず掌を上に向け両手をゆっくりと上にあげていきます。

頭の上で両手をつけ、顔を上に向けます。

この図のような感じですね。

そのまま肘同士をくっつけるように力を入れ、そのまま1分静止。

このとき掌に力を入れない様にしてください。

お腹のエクササイズ

お腹を鍛えるには腹筋です。

でも上半身を上下するような腹筋だと外側の筋肉が鍛えられてしまいます。

この図のように横になり足をあげます。

そのままゆっくりと足を下げていき、つま先はまっすぐ伸ばし、

床に付くぎりぎりのところで1分静止。

このとき首に力が入ってしまうとお腹に十分な負荷がかからないので力が入らない位置まで足をあげて構いません。

慣れてきたら徐々に下げればいいのです。

足のエクササイズ

足を鍛えるには両足を閉じて間に薄めのクッションなどをはさみ、

このようにかかとをつけ足を広げます。

ポイントは膝が外側をむいていること。足先と膝が同じ向きになるようにしてください。

そして足はまっすぐ伸ばします。そのまま2分静止。

この3つのエクササイズを毎日それぞれ行ってください。

同時にやってしまうと効果が半減してしまいますので1つづつ丁寧にこなしましょう。

説明にある時間は最低時間なので慣れてきたら時間を増やしても構いません。

クールダウンは胸から

運動を終わった後も脂肪の燃焼はまだ続いています。

そこで痩せたい部分を冷やしてしまうと勿体ので、

冷やすなら一番痩せたくない所からにしましょう。

(心臓の弱い人や、ぜんそくもちの方は注意してください。)

まとめ

・痩せたいところを温めほぐす
・内側の筋肉を鍛える運動をする
・無理せず毎日行う
・クールダウンまで丁寧に

脂肪は血流が悪いところに付きやすく、燃焼しにくい。

体の一番暖かい部位から痩せていく。

これを踏まえて普段行っている運動やストレッチ、

ご紹介したエクササイズなどを行えば今までより効果の高いダイエットができると思います。

何より大事なのは無理して3日でやめるより無理せず1年続けるほうが大事です。

効果が出るのはいつから?

いつまでたっても効果が出なかったら飽きてしまいますよね。

実際それを実践したお客様は1か月ほどで効果が表れたそうです。

1か月自分のペースで頑張れば効果が出るんです。

部分痩せしたいと思っている方、部分痩せなんて出来ないとあきらめている方、

1度この方法を試してみてはどうでしょうか?

【関連記事】

手強すぎ!頑固なセルライトに最善の対策4選

【本気で痩せたい人向け】太もも痩せ4大ポイント!やり方解説


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします