おでかけ・旅行

令和(新元号)にまつわるゆかりの地3選

2019年4月1日、新元号が発表されました。

新しい元号は「令和(れいわ)」。
「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められています。

施行は5月1日0時からです。

そこで、新元号「令和」にまつわる場所を探してみました。
お子様とのお出かけにいかがですか?

新元号「令和」について

お出かけにあたって、お子様からの質問に答えやすいよう、新元号「令和」についてのポイントをチェック。

その由来とは?

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という「令和」。
その由来はどこから来ているのでしょう。

発表によると、「万葉集」巻五の「梅花の歌三十二首并せて序」が典拠だそう。
天平2(730)年正月、大宰府の長官であった大伴旅人が、官人達を邸宅に招き「梅花の宴」を開いた際に詠まれた「梅花の歌三十二首」へ寄せた序文です。

    初春令月
    気淑風和
    梅披鏡前之粉
    蘭薫珮後之香

    初春の令月にして、
    気淑(きよ)く風和(やわら)らぎ、
    梅は鏡前の粉を披(ひら)き、
    蘭は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す

大伴旅人とは?

大伴旅人は、飛鳥時代~奈良時代の政治家、歌人で、「万葉集」の選者として有名な大伴家持の父でもあります。

大宰府の長官(大宰帥)として大宰府へ赴任、そこで山上憶良らと交流を持ち、「万葉集」におさめられる多くの和歌が生まれました。
「梅花の歌」三十二首は、その代表的なものです。

「万葉集」におさめられた旅人の和歌は78首。
酒豪であったと伝えられていて、お酒の和歌も多数残しています。

万葉集とは?

「令和」の出典である「万葉集」についてもおさらいしておきましょう。

「万葉集」は、現存する日本最古の和歌集。
4500首以上の、あらゆる身分の人々による和歌がおさめられています。

大伴旅人の息子・大伴家持が編纂に大きな役割を果たしたといわれています。

また、記録がはっきり残っている限りでは、これまでの元号は漢籍が出典でした。
つまり、「万葉集」は元号の出典となった史上初の日本の古典ということになります。

「令和」の「令」は「命令」の「令」?

「令月」とは「何事をするにもよい月、めでたい月」のこと。
つまりこの場合の「令」は「良い」という意味になります。

新元号発表後、海外で「令」の意味を「order=秩序」、「command=命令」などと報道するケースがありました。

それに対し外務省は、より正確な意味を伝えるために、「令和」を「Beautiful Harmony=美しい調和」と説明する方針を決定。
各国の日本大使館へ指示を出しました。

もしも「令和」の意味を聞かれたら「美しい調和」、「Beautiful Harmony」と答えのが正解です。

出典:TIME Japan Says the Name of Its New Imperial Era Means ‘Beautiful Harmony’

「令和」「れいわ」の地名は今のところなし

元号「平成」が発表された際には、読みは異なるものの漢字表記が同じであることから、岐阜県武儀町(現・関市)の平成(へなり)地区が話題となり、たくさんの観光客が訪れました。

「令和」も同じ漢字や読みの地名があるのか、気になるところ。

地図のゼンリンによると、今のところ正式名称で「令和」「れいわ」の地名は見つかっていないそうです。

「れいわ」企業は続々登場

地名は見つかりませんでしたが、改元をうけて名称に「令和」を入れる企業が増えているそう。

今後、観光名所になるような企業の登場があるかもしれません。

ということで、「令和」の典拠である「万葉集」に関係したスポットの紹介が主となります。

令和の典拠・梅花の宴が行われた福岡県太宰府市

この改元でもっとも盛り上がっているのが、福岡県太宰府市ではないでしょうか。
「令和」の典拠となった梅花の宴が開かれた地です。

奈良時代、太宰府市は政治、外交、防衛の要となる土地でした。

7世紀後半~12世紀前半まで、「遠の朝廷」と呼ばれるほど大きな権限を持つ地方行政機関「大宰府」がおかれていたからです。

大伴旅人は、この大宰府へ大宰師として赴任していました。

これら太宰府市の歴史文化は、文化庁によって日本遺産として認定されています。

坂本八幡宮

坂本八幡宮は、大伴旅人の邸宅跡

つまり、梅花の宴が催された場所で、まさに令和発祥の地ということになります。

境内には大伴旅人の歌碑も。

平安時代頃には寺院として成立、その後、時代に合わせて変容し、現在は応神天皇を御祭神とする坂本区の鎮守社となっています。

    ◇坂本八幡宮
    所在地:〒818-0133 福岡県太宰府市坂本3-14-23
    アクセス:西鉄天神大牟田線「都府楼前」駅から徒歩20分

大宰府政庁跡

大伴旅人が赴任していた大宰府の遺跡。

現在は礎石を中心に整備され、史跡公園になっています。

大宰府があったからこそ大伴旅人はこの地に住まうこととなり、梅花の宴が開かれることとなりました。

つまり、大宰府は新元号「令和」誕生の大きな理由のひとつというわけなのです。

    ◇大宰府政庁跡
    所在地:〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺4丁目6−1
    開館:自由見学
    休館日:なし
    アクセス:コミュニティバスまほろば号「大宰府政庁前」下車、西鉄天神大牟田線「都府楼前」駅下車 徒歩約15分
    https://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/7.html

大宰府展示館

大宰府展示館は、大宰府遺跡から発掘された遺構、遺物などの保存・展示をしているミュージアム

特に注目を集めている展示は「梅花の宴」の再現ジオラマ
梅の下で和歌を詠み、踊る様子雅な様子が再現されています。

    ◇大宰府展示館
    所在地:〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺4丁目6−1
    電話:092-922-7811
    開館:9:00~16:30
    休館日:月曜日、12月28日~1月4日
    入館料:無料
    アクセス:西鉄天神大牟田線「都府楼前」駅から徒歩で15分、太宰府市コミュニティーバス まほろば号「大宰府政庁跡」バス停下車
    https://www.kotodazaifu.net/pavilion

坂本八幡宮、大宰府政庁跡、大宰府展示館はすべて徒歩圏内。
坂本八幡宮・大宰府政庁跡は、万葉集の歌碑がある「歴史の散歩道」がおすすめのコースです。

皇居

2019年4月30日に天皇陛下が退位され、翌5月1日に皇太子殿下に皇位が継承されると、元号が「平成」から「令和」にかわります。

天皇一代につき元号一つと定められているからです。
「一世一元の制」といい、1868年、慶応から明治へ改元される際に実施されました。

天皇陛下のおすまいがあり、また新元号を定める書類に署名された場所である御所のある皇居
改元の舞台として改めて注目が集まっています。

皇居東御苑

皇居附属庭園として公開されている、皇居東御苑。

江戸城の本丸、二の丸、三の丸の一部を整備した庭園です。

園内には、天守台跡のような江戸城の遺跡、桃華楽堂のような皇室ゆかりの建物の他、梅林坂をはじめ四季折々の植物が楽しめます。

ダイナミックな建造物、緑豊かな環境から、皇居のスケールを感じることができるでしょう。

    ◇皇居東御苑
    所在地:〒100-0001 東京都千代田区千代田1-1
    電話:03-3213-1111(代表)
    開園:3月1日~4月14日/9:00~16:30(入園は16:00まで)
       4月15日~8月末日/9:00~17:00(入園は16:30まで)
       9月1日~10月末日/9:00~16:30(入園は16:00まで)
       11月1日~2月末日/9:00~16:00(入園は15:30まで)
    休園日:月曜日・金曜日、12月28日~1月3日、行事の実施その他やむを得ない理由のため支障のある日
    入園料:無料
    アクセス:大手門/地下鉄各線「大手町」駅C13a出口から徒歩約5分
         平川門/地下鉄東西線「竹橋」駅1a出口から徒歩約5分
         北桔橋門/地下鉄東西線「竹橋」駅1a出口から徒歩約5分
    http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

和田倉噴水公園

和田倉噴水公園は、昭和36年の天皇陛下の御結婚を記念して作られたされた大噴水を、平成5年の皇太子殿下の御成婚の際に再整備した皇居外苑の公園。

日没後はライトアップされ、幻想的な空間となります。

テーマは「継続性と新たな発展」

改元という、継続と発展の瞬間にふさわしいテーマを持った公園です。

    ◇和田倉噴水公園
    所在地:〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑3-1
    電話:03-3213-0095(皇居外苑管理事務所)
    ライトアップ:日没~20:00(夏季は21:00)
    アクセス:JR「東京駅」丸の内中央口から徒歩7分、地下鉄「大手町駅」D2出口から徒歩2分、地下鉄「二重橋前駅」6番出口から徒歩3分
    http://fng.or.jp/koukyo/place/gaien-01-01.html

一般参観

皇居では一般参観を受け入れています

一般参観では、宮殿、宮内庁庁舎、元枢密院庁舎などの外観を、ガイド付で見学することができます。

空きがあれば当日も受け付けていますが、事前の申し込みがおすすめです。
参観の申し込みは、宮内庁ホームページの参観案内からできます。
宮内庁ホームページ 参観案内 http://sankan.kunaicho.go.jp/

    ◇桔梗門(一般参観の集合場所)
    アクセス:地下鉄千代田線「二重橋前」駅6番出口から徒歩約10分
         地下鉄三田線「大手町」駅D2出口から徒歩約10分
         JR「東京」駅丸の内中央口から徒歩約15分

「万葉集」と「令和」にゆかりのある富山県

富山県には地方行政府である国府が置かれ、国司として赴任していた大伴家持はここで多くの和歌を詠みました。

それらは「越中万葉」と呼ばれ、「有磯海」「立山」などが歌枕として詠み込まれました

そんな「万葉集」ゆかりの地である富山県には、「万葉集」をテーマとした施設が多数存在。
中には、館長が「令和」の考案者なのではないか? と話題になっているミュージアムも。

それぞれの施設では「令和」の特別展を企画するなど、盛り上がりを見せています。

高志の国文学館

高志の国文学館は、「万葉集」と大伴家持をはじめ、富山県にゆかりの作家や作品に気軽に触れることを目的に作られた文学館。

「万葉集」研究の第一人者・中西進氏が館長をつとめています。

中西館長は、「令和」の考案者であると一部で報じられた人物です。

「元号は中西進という世俗の人間が決めるようなものではなく、天の声で決まるもの。考案者なんているはずがない。」

と中西館長はコメントされていますが、真相はいかに?

政府の方針では、今後しばらく考案者を明かすことはないそうです。

出典:時事通信社 新元号「天が決める」=考案者?の中西進氏

ともかく、「万葉集」にゆかりの深い「高志の国文学館」では、「新元号『令和』記念コーナー」を設置。

関連イベントのひとつの中西館長と富山県知事による記念植樹は、「万葉集」にちなんだ冬至梅。

敷地内の「万葉の庭」に、新元号「令和」を記念した冬至梅が育っていくのが楽しみですね。

    ◇高志の国文学館
    所在地:〒930-0095 富山市舟橋南町2-22
    電話:076-431-5492(代表)
    開館:9:30から18:00まで(入館は17:30まで)
    休館日:火曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始
    入館料:一般200円(企画展示観覧料は企画ごとに異なります)
    アクセス:JR「富山」駅から徒歩15分
         市内電車「県庁前」液晶から徒歩5分
         コミュニティバスまいどはや「サンシップとやま前」バス停から徒歩2分
    http://www.koshibun.jp/

高岡市万葉歴史館

大伴家持が赴任した国府があった高岡市に、平成2年(1990年)開館した高岡市万葉歴史館。
「万葉集」をメインテ-マとする初めての研究施設です。

実は「万葉集」の原本は見つかっていません。
現在あるのはすべて写本や複製です。
高岡市万葉歴史館では、それらのうち、鎌倉時代中期の「春日本」、平安時代後期の尼崎本、室町時代初期の金沢文庫本、室町時代後期~江戸初期の栂尾類切の軸装断簡、その他多くの古写本類を所蔵、展示しています。

また、大伴家持自署の入った太政官符の複製を展示。
貴重な大伴家持の自筆を見ることができます。

「令和」への改元にあわせて特別展を開催。
特別展終了後は新元号コーナーにかわるそうです。

    ◇高岡市万葉歴史館
    所在地:〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
    電話:0766-44-5511
    開館:4月~10月/9:00~18:00
       11月~3月/9:00~17:00
       入館は閉館45分前まで
    休館日:火曜日(火曜日が祝休日の場合はその翌日)、年末年始
    入館料:一般210円、中学生以下無料、65歳以上160円
        (特別展示等を行う場合には別料金となることがあります)
    アクセス:JR氷見線「伏木」駅から徒歩約25分、タクシー約5分(片道約1000円)
    https://www.manreki.com/

その他、全国にある「万葉集」ゆかりの施設

ちょっと遠出は難しい・・・
そんな方のために、全国にある「万葉集」ゆかりの施設を集めてみました。

新元号「令和」は「万葉集」からきてることを認識し、歴史や文化に興味を持つきっかけになると良いですね。

万葉集資料館・博物館

全国にある「万葉集」に関する主な資料館や博物館です。

史跡足利学校(栃木県)
國學院大学博物館(東京都)
浜松市万葉の森公園 万葉資料館(静岡県)
奈良県立万葉文化館(奈良県)
犬養万葉記念館(奈良県)
片男波公園万葉館(和歌山県)
万葉の里 味真野苑資料館 万葉館(福井県)
鳥取市因幡万葉歴史館(鳥取県)
道の駅 遣唐使ふるさと館 万葉シアター(長崎県)

他にも、企画展などが予定されているようです。
お近くの博物館や資料館のお知らせを確認されてみては?

万葉植物園・万葉歌碑

万葉植物園とは、「万葉集」に登場する植物を集めた植物園

主な万葉植物園と万葉歌碑のある公園などをまとめました。

<東北地方>
徳良湖万葉植物園(山形県)
昭和万葉の森(宮城県)
みちのく真野万葉植物園(福島県)
<関東地方>
万葉植物園 天平の丘公園(栃木県)
埼玉県県民健康福祉村 万葉植物園(埼玉県)
国分寺万葉植物園(東京都)
赤塚植物園 万葉・薬用園(東京都)
薬師池公園 萬葉草花苑(東京都)
市川市 万葉植物園(千葉県)
城山公園 万葉の径(千葉県)
金程万葉苑(神奈川県)
湯河原 万葉公園(神奈川県)
足柄万葉公園(神奈川県)
足柄森林公園 丸太の森・万葉植物苑(神奈川県)
<中部地方>
弥彦山 万葉の道(新潟県)
万力公園 万葉の森(山梨県)
十二町潟水郷公園 万葉植物園(富山県)
二上山公園 万葉植物園(富山県)
越中万葉植物園(富山県)
信濃国分寺史跡公園 万葉植物園(長野県)
千曲川萬葉公園(長野県)
楽寿園 万葉の森(静岡県)
伊東市 万葉の小径(静岡県)
福井総合植物園 万葉植物園(福井県)
蒲郡・西浦温泉 万葉の小径(愛知県)
萬葉公園(愛知県)
<近畿地方>
鈴鹿サーキット万葉の森(三重県)
万葉の森船岡山(滋賀県)
長居植物園 万葉のみち(大阪市)
恩智城址公園 第一万葉植物園(大阪市)
西田公園 万葉植物苑(兵庫県)
猪名川万葉植物園(兵庫県)
いなみ野 万葉の森(兵庫県)
春日大社神苑・萬葉植物園(奈良県)
橿原史 万葉の森(奈良県)
国営飛鳥歴史公園 万葉植物園路(奈良県)
紀伊風土記の丘 万葉植物園(和歌山県)
<中国地方>
島根県立万葉公園(島根県)
鏡野 万葉の道(岡山県)
周南緑地 万葉の森(山口県)
<四国地方>
川島万葉植物園(徳島県)
愛媛県護国神社 愛媛県万葉植物苑(愛媛県)
土佐豊永万葉植物園(高知県)
<九州地方>
天拝山歴史自然公園 万葉植物園(福岡県)
万葉の里公園(福岡県)
白良ヶ浜万葉公園(長崎県)
早水公園 万葉植物園(宮崎県)

素晴らしい時代に

「昭和」も遠くなりにけり・・・
「平成」も遠くなるのでしょうか。

「令和」がこども達にとって素晴らしい時代になりますように。

出典:首相官邸 元号を改める政令及び元号の読み方に関する内閣告示について
出典:新元号「令和」 ゆかりの地 太宰府市

【関連記事】
【令和】新年号(元号)生まれ女の子にオススメの名前126選

【令和】新年号(元号)生まれの男の子にオススメの名前139選

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします