義親・姑問題

経験談!結婚して夫の親と同居のメリットと苦労する点

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは~。わたしは40代のママさんライターです。

結婚・離婚・再婚を経験、その再婚で主人の親との同居を経験しました。

そのときの経験からお話ししたいと思います。



■年齢が大切■

親との同居でけっこう大切なのが年齢。

自分の年齢はもちろん、親の年齢も同居生活に影響してくると思います。

わたしの場合、私と主人の年齢差が10歳あります・・・ということは、

簡単に考えて親の年齢も自分の親と10歳ほど違うわけです。

自分の親と同じ感じで接しようとするとちょっと違ってきます。

自分自身で考えてみるとよくわかると思いますが、

10歳違う人たちと話や好きな食べ物、好みの音楽、見ていたテレビ番組etc・・・違いますよねぇ~。

やはり、親世代も同じこと。

■コミュニケーションのひとつプレゼント■

コミュニケーションをとるために話をしようと思っても、

何かプレゼントをしようと思っても、なかなかうまくいかないんですよね・・・。

若いときはサプライズって好きなこと多いのですが、

ある程度年齢が上がってくると、サプライズでプレゼントをもらうより、

自分のほしいと思うものをもらえるほうが嬉しいようですね。

かといって、なにが欲しいかを聞いても「何も要らない」と言われることが多いと思います。

そこでおすすめなのが・・・・

『外食』がおススメ!

お寿司、懐石、中華、フレンチ、イタリアン、

普段の食事の様子で好きそうなものをチェックしておくと、

お誕生日や何かのお祝いのときにプレゼントすると喜ばれるかも・・・です。

『お花』もおススメ!

水替えなどの手間が頻回に必要な切り花よりも、

カーネーション、ミニひまわり、ミニ薔薇、観葉植物など鉢植えが喜ばれるかも・・・です。

好きな人と一緒に生活が出来る!と喜びいっぱいの結婚。

でも・・・結婚する相手は自分の両親や兄弟姉妹のようにはいかないのです。

だって、元々他人なんですもの。

愛する結婚の相手も他人です。そして、その両親も他人です。

結婚生活だって、楽しいことばかりではありませんよね。

ケンカすることだってあります。涙することだってあります。

そこに彼の親も・・・なんて・・・って不安も大きいです。

でも、ご主人の両親との同居って嫌なことばかりではないと思うのです。



同居のメリット

1.何かあったとき(緊急時)の協力

私は、同居のメリットの一番はここだと思っています。

  • ・病気やけがのときなどの看病
  • ・家事(急な雨降りのときなど洗濯物を取り入れてもらったり)
  • ・子どもたちだけで留守番をしなければならない
  • ・急な帰省や旅行時の留守番

2.日常生活での協力

  • ・お互いに家事を頼める
  • ・近くで(孫)と接することができる(子どもの世話を頼める)
  • ・色々な世代で子どもの世話をすることで子どもの成長にプラスになる
  • ・生活費や光熱費が削減できる
  • ・税金などの優遇がある場合がある

同居のデメリット

1.生活面でのストレス

  • ・今までの生活の習慣や文化の違い(料理の味付け、掃除や洗濯の方法)
  • ・生活リズムの違い(起床・就寝時間の違い、入浴時間の違い)

2.精神面でのストレス

  • ・親子の絆(特に母親は息子がかわいいです)から、
     親世帯から子世帯への意見がストレスになる場合がある
  • ・共有スペースが多い家だと、個人のプライバシーが保たれず、
     個人の時間も作りにくい
  • ・子ども(孫)の育児方法に対する意見

最近は嫁姑問題は少なくなっている

以上のように、同居にはメリットもあればデメリットもあります。

ただ、最近は団塊の世代の方々が舅・姑の世代になってきましたので、

一昔前のような嫁姑問題というのは少なくなってきているようですよ。

団塊の世代の方々は、ご自分たちが嫁姑問題で悩んだり苦労されたりされた方が多く、

また核家族の経験者が多くなってきている世代でもあるため、

お互いのプライバシーを尊重する方々が増えています。

嫁の立場の私たちも、あまり気負わず自分から気兼ねや気苦労を増やさないようにしていきましょうね。

【関連記事】

嫁姑愚痴サイトを運営して分かった嫁姑問題の原因ベスト5

義両親と同居ってどんな感じ?良かった点と不満に感じる点とは?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします