命名・名前

【令和】新年号(元号)生まれ女の子にオススメの名前126選

新元号が発表された直後から、日本各地では様々な企業が新元号にちなんだ商品やサービスを提供。
一大ブームを巻き起こしていますね。

そんな中、現在妊娠中のパパ・ママたちは、「令和」の2文字に関連する赤ちゃんの名前、ではないでしょうか。

今回は女の子の名前をテーマに、令和生まれの赤ちゃんにぴったりな名前の数々をご紹介します!

『令和』の名前が人気ランキング1位に!

4月1日の新元号発表直後から、赤ちゃんの命名に関する各サイトでは検索ランキングに急浮上した「令和」。

「赤ちゃん名づけ実績No.1赤ちゃん名づけ」では、検索人気ランキング(※1)において『令和』が、男女ともに1位に上がっています。

他にも「令」や「和」を含む名前の注目度が高まっています!

女の子の名前4月の月間ランキング

1位 令和 ★
2位 心桜
3位 令菜 ★
4位 花奏
5位  ★
6位 令華 ★
7位 日和 ★
8位 凛
9位 令奈 ★
10位 千陽

トップ10だけを見ても6つの関連名が入っているのですから、注目度がいかに高いかがわかりますね。

『令和』という名前だけでなく、どちらか1つの漢字を含む名前を付けたい!とご検討中の方のために、次にそれぞれの漢字について、意味や成り立ち等をご紹介します。

【令】の意味や成り立ちは?

まずは「令」の字。「れい」と「りょう」の読みを持ち、名づけには使いやすい印象を受けます。

ところが、名前に多く使われるのは「怜」や「玲」の方で、「令」の字はそれほど使われる頻度は高くありません。

「命令・指令・号令」といった言葉に使われることから、少し強めのイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。

しかし、その意味や成り立ちを深くさぐると、女の子にふさわしいとても素敵な漢字であることがわかりますよ♪

『令』の成り立ち

「令」の字は上部にある「亼」が、人の頭の上にある冠を表しています。

その下にある「卩」は人がひざまずく姿。つまり、神の意を聞くために人がひざまずいている儀式を表しているのです。とても神聖で清らかな漢字ですね。

立派な意味を持つ『令』

成り立ちにある“神からの言い伝え”が転じて、掟や決まり事を表すようになり、「命令・指令」といった言葉に使われるようになったのでしょう。

それはとても誠実で真面目、秩序正しく真っすぐである決まり事を意味し、そこからさらに「良い・立派・優れた」等の意味が派生しました。

何事をするにも良い月を『令月』、良い評判を『令聞』や『令名』、相手を敬う言葉として『令嬢』や『令息』のようにも使われます。

決して強制的な意味の漢字ではなく、とても高貴で優秀な意味を持つ漢字である、そう捉うことができますね。

『令』の読み 1文字表記もおすすめ!

『令』は画数が少なく、小学校では4年生で習う漢字です。

子供にとっても書きやすく、見た目があっさりとして雰囲気も良いですね。

何より、これからは令和という元号で使われるので、誰からも親しまれ愛される名前になることでしょう。

読み方

音読み:れい
表外読み:りょう
人名読み:のり・はる

これらの読み方であれば、女の子らしさがあふれます。

他にも人名読みに「なり・よし」もありますので、こちらもご検討ください!

どんな由来を!?一例をご紹介!

意味や成り立ちを踏まえ、次のような由来を持たせることができます。

・真面目で何事にも一生懸命になれる子に

・相手への敬意を忘れずに、周囲から信頼される人になってほしい

・人の声に耳を傾け、互いのためになる正しい判断ができる子に

・何が正しいかを考え秩序ある行動のできる子に

・周囲から良い評価を得られるような立派な人になってほしい

【和】の意味や成り立ちは?

『和』は「かず」の読みで昔から親しまれて使われてきた漢字です。
この読みは、実は人名読み。

意味と成り立ちとともに、一文字で表す場合の女の子の名前にふさわしい読み方もご紹介します。

『和』の成り立ち

和食・和服・和装等に使われるように、日本を表す漢字でもある『和』。

この漢字の左側にある「禾」は、軍門の姿が形になったと言われています。

右側の「口」は、言葉を記した文書を入れる器

この2つを組み合わせることで、軍門の前で約束事を交わすことを意味する漢字であるとされています。

敵対していた者同士が互いに、争わず安らかに認め合おう、そのような意味を持った約束事であったのかもしれません。

平和を意味する『和』

互いに争わずに認め合う、そういった成り立ちから生まれた意味は「やわらぐ・調和する・仲睦まじい・安らか・楽しむ・なごむ」等。

どれをとっても日本という国の心の在り方を表しているように感じますね。

“平和”、まさにそれを表す『和』の字を使うことで、落ち着た心の様子が伺える名前になることでしょう。

『和』の読み 1文字表記もおすすめ!

『和』の字を漢字1文字で使う場合、つぎのような読みはいかがでしょう。

女の子におすすめの読み方を集めてみました。

読み方

訓読み:なご(む)やわ(らぐ)
人名読み:あい・かず・たか・ちか・とも・なごみ・のどか・とも・ふみ・むつぶ・やわら・より

「なごみ・なごむ・やわら・のどか」の読みは現代的。
古風な印象を与える漢字ですが、読み方はとてもおしゃれですね。

どんな由来を!?一例をご紹介!

意味や成り立ちを踏まえ、次のような由来を持たせることができます。

・相手の気持ちを考え、優しく思いやりを持って行動できる子に

・人と人との絆を大切に、お互いに良い関係を築ける出会いがたくさん訪れますように

・いつも心に落ち着きと安らぎを持ち、平和な毎日を過ごしてほしい

・温厚でゆったりとした心おおらかな子に育ちますように

・優しい雰囲気でたくさんの人に愛される女の子に

『令和』をそのまま!読み方は?

元号である『令和』の文字をそのままに使おうと考えた場合、どのような読み方ができるのでしょう。

女の子らしい読み方をご紹介します。

『令和』を2文字読みで表したい!

りお・りか・りわ

『令』の音読みから、頭文字「り」を取り、『和』の音読み「わ・か・お」を組み合わせる2文字読みはそれほど多くありません。

ラ行は外来語に多く使われる響きでもあり、キレのある印象を与えます。

2文字読みのスッキリとした中に、かっこ良く華やかなイメージを持たせることができます。

『令和』を3文字読みで表したい!

れいわ・れいか・なりか・のりか・はるか・よしか・りちか・りより

「和」の音読み「か」を用いることで、女の子らしい名前になりますね。

ソフト音でありながらシャープな印象をも与える「れ・り」。ハード音である「か」。
優しさ・穏かさと、強さ・賢さを兼ね備えた素敵な読みになるように感じます。

『令』を含む名前

「令和」をそのままに!ではなく、「令」と「和」のいずれかの文字を他の漢字と組み合わせることで、名づけの幅がぐぐっと広がります。

まずは『令』の字を使い、正しい音読み・訓読みを用いた名前と、それぞれの頭文字を取って使う名前をご紹介します。

最近、名づけ方の傾向として人気の高い“響き”ごとにご覧ください。

柔らかい響きの名前

れいあ(令愛・令明・令亜・令空・令藍など)
りあ(令亜・令愛・令明・令安・令娃など)
りい(令衣・令色・令依・令維・令李など)
れま(令真・令未・令万・令麻・令茉など)
れの(令乃・令埜・令暖など)
れあ(令杏・令亜・令雅・令愛・令朱など)
まれ(真令・万令・未令・麻令・眞令など)
みれ(実令・心令・未令・魅令・美令など)
りの(令乃・令埜・令之・令暖・令望など)
りま(令真・令麻・令万・令舞・令茉など)
りみ(令美・令彌・令弥・令己・令実など)
りりの(令々埜・令々乃・理令乃・令璃乃・令々希など)

定番的な響きの名前

れいこ(令子・令恋・令心・令来・令小など)
れいか(令香・令花・令華・令佳・令夏など)
れい(令愛・令李・令衣・令色・令依など)
れいな(令菜・令奈・令名・令七・令那など)
りほ(令步・令帆・令穂・令保・令歩など)

おしゃれな響きの名前

みれい(実令・魅令・美令・彌玲・観令など)
れいら(令羅・令蘭・令来・令來・令良など)
れいん(令音・令胤・令允・令韻など)
りょう(令海・令宇・令右・令有・令羽など)
りか(令香・令可・令香・令果・令加など)
りこ(令子・令恋・令心・令胡・令湖など)
りな(令南・令菜・令凪・令梛・令乃など)

外国風な響きの名前

れいさ(令早・令沙・令詐・令咲・令桜など)
くれあ(紅令愛・久令那・琥令亜・玖令安・久令明など)
せれな(世令那・千玲奈・瀬令菜・星令夏・千玲凪など)
せれあ(千令愛・世令亜・世令明・世令安・生令亜など)
りれ(令々・璃令・李令・利令・莉令など)
るり(瑠令・琉令・流令・硫令・涙令など)
りお(令音・令小・令緒・令温・令央など)
りさ(令沙・令紗・令佐・令咲・令早など)
りいさ(令衣咲・令色早・令依沙・令井紗・令李早など)
りせ(令世・令星・令千・令瀬・令世など)
りり(令々・令利・璃令・李令・令梨など)
りりあ(令々愛・令々亜・璃令亜・里令安・令莉愛など)

個性的な響きの名前

くれ(久令・玖令・紅令・琥令など)
しぐれ(時雨令・紫令・心久令・志久令など)
ちふれ(智歩令・知風令・千楓令・稚冨令・茅芙令など)
にれ(丹令・新令・仁令・日令・虹令など)
ほまれ(誉令・穂希令・帆真令・歩万令・宝茉令など)
りつ(令亜・令津・令都など)
りと(令都・令杜・令富・令時・令冬など)
りる(令琉・令瑠・令流・令留・令涙など)

『和』を含む名前

日本を表す『和』。この漢字を含むことで、名前全体がしっとりと落ち着き、古風な艶やかさを感じます。

正しい読みである音読み「わ・お・か」、訓読み「なご(む)・やわ(らぐ)・あ(える)・な(ぐ)」を用いて、イメージごとにご紹介します。

穏かな響きの名前

みわ(美和・実和・三和・魅和・巫和など)
ゆうわ(宥和・結和・優和・悠和・夕和など)
やわら(和良・和蘭・和羅・和来・和來など)
なごみ(和美・和深・和実・和魅・和観など)
なごむ(和夢・和矛・和霧・和六など)
あい(和色・和衣・和依・和愛・和李など)
あいか(愛和・藍和・亜伊和・亜維和・愛衣和など)
なのか(菜乃和・七和・奈乃和・那埜和など)
ののか(乃々和・音暖和・埜々和・野々和など)
ももか(桃和・萌々和・百々和など)
ゆうか(優和・友和・夕和・裕和・佑和など)
まお(真和・茉和・麻和・万和・眞和など)
ゆか(由和・友和・有和・悠和・祐和など)
みお(未和・美和・実和・水和・弥和など)

おしゃれな響きの名前

さわ(佐和・砂和・早和・紗和・桜和など)
かえ(和絵・和江・和依・和恵・和娃など)
かい(和色・和李・和伊・和衣・和依など)
るか(涙和・流和・瑠和・留和など)
のか(乃和・野和・暖和・埜和など)
りか(里和・李和・莉和・梨和・璃和など)
りお(凛和・律和・李和・厘和・俐和など)

定番的な響きの名前

みわこ(美和子・未和子・実和子・美羽心・実和恋など)
さわこ(佐和子・砂和心・幸和恋・早和心・桜和子など)
わかこ(和香子・和歌子・環和子・羽和心・和可心など)
かおり(和織・和折・可和里・花和里・華和璃・和音里・香和梨など)
さやか(沙耶和・沙也和・紗矢和・彩和・紗綾和など)
すずか(鈴和・涼和・珠々和・寿々和など)
ほのか(穂和・穂乃和・歩乃和・帆乃和・宝埜和など)
みか(実和・望和・美和・希和・弥和など)
まいか(舞和・麻衣和・万衣和・真以和・真唯和など)
ゆか(有和・結和・悠和・優和・由和など)
なお(奈和・南和・名和・菜和・七和など)
さおり(早和厘・沙和里・紗和璃・佐和里・沙和梨など)

古風な響きの名前

わこと(和琴・和都・和恋都・和心杜など)
ちか(千和・智和・知和・稚和・茅和など)
かすみ(和須美・和澄・和寿美・和住・和純など)
わか(和花・和華・和佳・和可・和香など)
わかな(和加菜・和香奈・和佳奈・和華菜・和夏南など)
ふうか(風和・楓和・富海和・歩海和・歩宇和など)
わこ(和心・和恋・和子・和己・和来など)
かこ(和己・和心・和恋・和湖・和胡など)
れいか(礼和・鈴和・麗和・玲和・玲衣和など)
あかね(愛和音・和鐘・和華音・和花寧・亜和音など)
おと(和都・和杜・和音・和時など)
いおり(衣和里・李和梨・維和里・伊和俐・井和厘など)
しおり(紫和里・心和吏・志和倫・誌和里など)

個性的な響きの名前

もか(萌和・文和・紋和・万和など)
きわ(輝和・綺和・来和・喜和・紀和など)
あお(愛和・空和・亜和・安和・相和など)
おとは(和戸羽・和十葉・和都羽・和乙波など)
たお(多和・太和・大和など)
ねお(音和・寧和・子和など)
はおり(芭和里・葉和里・羽和鈴・波和厘・把和里など)
はお(羽和・葉和・覇和・波和・芭和など)
ひおり(日和里・陽和凛・比和莉・妃和李・緋和吏など)

令和の出典『万葉集』にこだわる名前

元号の“令和”は、日本の古典である『万葉集』に由来していることはご存知であろうかと思います。

その万葉集に結び付けた名前もまた、令和に結び付くものとなりますね。

漢字にこだわるのではなく、元号の心に寄り添う素敵な名前の数々、ご覧下さい。

『令和』は万葉集の序文から引用

『初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香をらす』

この一文は、万葉集の「梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文」の一節です。

ここにある「令月」、そして「風和ぎ」の部分から漢字が使われ、『令和』という元号が誕生したのです。

現代語訳

初春のめでたい月に、天気も良く風は和らぎ、梅はおしろいのように白い花を開き、蘭は香りのように薫っている。

万葉集にちなむ女の子の名前

令和の出典元である一節だけでなく、万葉集には数々の素敵な言葉が残されています

それらにちなむ女の子の名前を考えてみました。

新しき 年の始の 初春の 今日降る雪の いや重け吉事

(現代語訳)

新年のようにめでたい事は、ちらちらと降る雪のように、積み重なって訪れてきてほしいものだ

良いことがたくさん訪れてほしい、まさに今の日本が「令和」という時代に馳せる思いと重なるものがあります。

新しい元号、新しい日本、新しい未来に結び付ける名前として『新』の字を用いた名前として、次のようなものはいかがでしょう。

新(あらた)・新心(あこ)・新音(にいね)・新希(あき)など

石走る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも

(現代語訳)

水しぶきをあげて岩の上を激しく流れる滝。そのほとりでは、さわらびが芽を出している。春になったんだなぁ。

春という季節。まさにスタートの季節の風景を詠んだ歌です。

自然界が活気づき、生命力に溢れている、そんな様子が伺えますね。

今の日本もまた、始まる令和時代への期待と希望に活気に満ちています。

令和生まれの赤ちゃんが人生というスタートを切るのは、草木の芽吹きに感じる生命力と同じ春という季節を令和のスタートに重ねた名前も素敵です。

芽衣(めい)・夢芽(ゆめ)・春陽(はるひ)・春流(はる)など

去年の春 い掘じて植ゑし 我がやどの 若木の梅は 花咲きにけり

(現代語訳)

昨年の春に掘り起こして植えた我が家の梅の木が、ようやく花を咲かせました。

自分の手で植えた梅の木が花を咲かせたことを詠んだ歌です。

手をかけた植物が命の花を咲かせる、その喜びは新しい時代の幕開けに通じるものがあるような気がします。

植物は何もないところに芽は出ません。花も咲きません。

平成という時代がただただ幕を下ろしたのではなく、平成があったからこそ、令和の時代が生まれた、何か通じるものを感じます。

次の時代へとバトンがつながる、その意味を深く考えながら名付けに結び付けてみてはいかがでしょう。

咲良(さくら)・咲世(させ)・咲来(さら)・梅衣心(めいこ)・優梅(ゆめ)など

まとめ

「令和」の2文字だけでなく、それぞれを他の漢字と組み合わせたり、令和の出典元である万葉集を調べたりと柔軟に考えることで、令和に関する名前の幅がとても広いことに気づきます。

「令和」という素敵な元号に負けない、素晴らしい名前をご検討くださいね!

※1:参考“みんなの名前人気ランキング”「赤ちゃん名づけ」(2019/4/10アクセス)

【関連記事】
【2019年版】女の子の名前を響きで決める!可愛い女の子の名前595選

【令和】新年号(元号)生まれの男の子にオススメの名前139選

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします