小学生・小学校

小1の娘と実際に行って満足度◎! 関東おすすめの工場見学・職場体験7選

みなさんは、子供の長期休暇、どのように過ごしていますか?

我が家は、現在小学校1年生の娘がいますが、今年度は長期休暇が、春休み20日、夏休み42日、冬休み17日、合計79日ありました。

これだけの日数は、習い事や旅行などを入れても、なかなか予定の埋まる日数ではありませんし、どこかに遊びに行くといっても、連日お金をかけて遊びに行くわけにもいきません。

かといって、毎日家にいては、ダラダラと無駄に過ごしたり、お互いにイライラしてしまいます。
 
そのような時、我が家がおすすめしたいのが工場見学・職場体験です。

お得がいっぱい!工場見学・職場体験のメリットは?

 工場見学・職場体験には、いいことがいっぱいです!

1 企業のサービスで行われているものなので、実費及び無料で参加できるところが多い

2 普段見ることのできない内部の見学や、体験ができる

3 試食やお土産(非売品を含め)などを、得ることができる

4 子供の好きな業種、理解しやすい業種などから、選択することができる

5 絵日記や自由研究など、長期休暇の宿題に活用できる

いいことばかりですが、参加に際し注意が必要な点があります

1 事前予約が必要なところが多く、予約の倍率が高い

2 参加者に年齢制限がある場合がある(下の子が参加できない、敷地に入れないなど)
特に同伴の子供の年齢によっては、一緒に敷地に入れないことがある

3 参加する子供の年齢によっては、内容が難しいことがある

今は、多くの企業が工場見学・職場体験を実施しています。特に、子供の興味のあるものに参加できると、楽しめますね。

そこで今回は、関東近郊の低学年の子供でも楽しめる工場見学・職場体験をご紹介します。

関東おすすめ工場見学・職場体験7選

1 チョコレートの甘い香りでお勉強 ~明治なるほどファクトリー坂戸~

明治には、見学を実施している明治なるほどファクトリーが全国7ヶ所にあり、そのうちの1つが明治なるほどファクトリー坂戸です。

こちらは、主にチョコレートを製造している工場になります。

工場の門を入ると、大きなカールおじさんが出迎えてくれます。

こちらの特徴は、見学をスタートして工場内に入ると、チョコレートの内装の見学路にチョコレートの甘い香りが漂い、子供でもチョコレート工場だと実感できるところです。

カカオの実物を見ることもでき、子供でもわかりやすくチョコレートの製造過程を見学することができます。

なお、ホームページに、現在工事により敷地内の駐車場が利用できないとの注意書きがありますので、自家用車を利用する際はご注意ください。

《詳細》

【住所】埼玉県坂戸市千代田5-3-1
【アクセス】東武東上線 若葉駅から 徒歩15分
または、東口バス乗り場より東武バスで約5分 富士見六丁目下車
【予約開始日】1ヶ月前同日朝9時
【予約方法】インターネットまたは電話
【見学日】月・火・水・木・金
【料金】無料
【年齢制限】4歳未満は、入場不可
【URL】https://www.meiji.co.jp/learned/factory/sakado/

2 ヨーグルトのひみつをみてみよう! ~明治なるほどファクトリー守谷~

関東にある明治なるほどファクトリーのもう1つが、守谷工場です。主に乳製品(ヨーグルト)を製造している工場になります。

こちらの特徴は、土曜日も見学できるところです。遠方でお父さんの運転でないと行けないというご家庭も、こちらであれば見学できます。

牛の乳搾りを疑似体験する模型や、乳製品の模型を持って写真が撮影できるスポットなどがあり、見学の前後も楽しめます。

《詳細》

【住所】茨城県守谷市野木崎3456
【アクセス】つくばエクスプレス・関東鉄道常総線 守谷駅から タクシーで12分
【予約開始日】1ヶ月前
【予約方法】インターネットまたは電話
【見学日】月・火・水・木・金・土
【料金】無料
【年齢制限】4歳未満は、入場不可
【URL】https://www.meiji.co.jp/learned/factory/moriya/

3 棒アイスと言えば!ガリガリ君 ~赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場~

赤城乳業と聞いてもピンとこなくても、ガリガリ君と聞けば、わかる方が多いでしょう。

ブルーの棒アイス、ガリガリ君をメインとしたアイスクリーム工場です。

こちらの特徴は、試食に好きなアイスクリームを選ぶことができます。

通常試食は企業側から提供していただいたものなので、味や種類を選択できないことが多いなか、選べるところがありがたいです。

また、ノベルティーグッズの販売なども行われていて、アイスの匂いのする消しゴムなどを記念に購入することもできます。

《詳細》

【住所】埼玉県本庄市児玉町児玉850-10
【アクセス】JR八高線 児玉駅 および JR高崎線 本庄駅から タクシーで20分
JR上越新幹線本庄早稲田駅から タクシーで15分
【予約開始日】3ヶ月前の1日から
【予約方法】インターネットまたは往復はがき
【見学日】月・火・水・木・金
【料金】無料
【年齢制限】小学生以下は、保護者の付き添いが必要
【URL】https://www.akagi.com/factory/index.html

4 みんな大好き!ポッキー ~グリコピア・イースト~

おなじみのお菓子、ポッキーとプリッツを製造する工場です。

工場のラインをプリッツの細長い生地が流れていく様子は、圧巻です。

ダンボールを組み立てるロボットなど、小さい子供でもわかりやすい内容になっています。

また、グリコのおもちゃの展示ゾーンでは、なつかしい歴代のおまけ1500点を見学することができます。

さらに、有料になりますが、ミニファクトリーにてジャイアントポッキーのデコレーションを行うこともできます。こちらは、定員制で小学校高学年が優先なので、混雑時は参加できない場合がありますが、参加できればよい記念になります。

また、敷地の入口付近に、グリコ製品やノベルティーグッズの販売店が設けられており、見学の前後に購入することも可能です。
 
なお、グリコにはこのグリコピア・イーストのほかに、アイスの製造工程を見学できるグリコピアCHIBA(千葉県野田市)もあります。

《詳細》

【住所】埼玉県北本市中丸9丁目55番地
【アクセス】JR高崎線 北本駅東口から バス 北本駅東口循環 グリコ工場前下車
【予約開始日】3ヶ月前の第1営業日9時から
【予約方法】インターネットまたは電話
【見学日】月・火・水・木・土・日
【料金】無料
【年齢制限】小学生以下は、保護者の付き添いが必要
【URL】https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopia/east/

5 ダイナミックな機体を間近に ~全日空機体工場~

 どうしてこんな大きなものが空を飛ぶのだろう?そんな子供心をくすぐるのが、全日空の機体工場見学です。

こちらの特徴は、なんといっても整備中の機体のすぐそばまで、実際に近づいて見学できるところです。

ヘルメットを被り、格納庫の中に入って、タイヤやエンジンの大きさを間近に見ることができます。

搭乗するときでも、ここまで近づくことは難しいことなので、まさに見学ならではです。

また、見学の前後には、建物内のコンビニエンスストアで、ANAグッズを購入することもできます。

なお、注意点としては、団体バス専用の駐車スペースはありますが、自家用車の駐車スペースはありません。

また、最寄りの新整備場駅にはタクシーなどはなく、周囲に駐車場もないため、駅への往復15分は徒歩移動をしなければなりません。

暑さの厳しいときや天候が良くないときは、行きだけになりますが、羽田空港からタクシーを利用しても良いかもしれません。

《詳細》

【住所】東京都大田区羽田空港3-5-4
【アクセス】東京モノレール 新整備場駅から 徒歩15分
【予約開始日】6ヶ月前同日朝9時30分(電話の場合は、5ヶ月前の同日)
【予約方法】インターネットまたは電話
【見学日】月・火・水・木・金
【料金】無料
【年齢制限】未就学児は立入不可
【URL】https://www.ana.co.jp/group/kengaku/

6 荷物って、どうやって運ばれてくるの? ~ヤマト運輸 羽田クロノゲート~

今の子供達は、インターネットで注文した品物が、自宅に届くことがあたりまえで育っています。

でもその荷物は、勝手に空を飛ぶわけでもなく、様々な人や場所を経ています。それを体感することができるのが、羽田クロノゲート見学コースです。

こちらの特徴は、最新の物流システムを間近で見学できます

荷物がベルトコンベアの上を高速で流れていき、仕分けも自動化されている様子を見ることができます。

また、最後にお土産の配布も兼ねた荷物のピッキング体験ができ、業務を間違えない仕組みなどを学ぶことができます。

小学校高学年以上向きとなっていますが、低学年でも十分楽しめ、時期によっては子供向けのイベントなども開催されています。

こちらは、月曜以外は見学できるので、仕事をもつ家族とも日程が合わせやすいです。

なお、自家用車の駐車場はありませんので、公共交通機関を利用する必要があります。

《詳細》

【住所】東京都大田区羽田旭町11-1 羽田クロノゲート
【アクセス】京浜急行空港線 穴守稲荷駅から 徒歩5分
東京モノレール・京浜急行空港線 天空橋駅から 徒歩10分
【予約開始日】30日前 深夜0時
【予約方法】インターネットまたは電話
【見学日】火・水・木・金・土・日
【料金】無料
【年齢制限】9歳以下は保護者同伴
【URL】http://www.yamato-hd.co.jp/hnd-chronogate/visitortour.html

7 ユニフォームを着て、ハンバーガーづくり! ~マクドナルド マックアドベンチャー~

上記のこれまでの工場見学よりも、もう少し体験型の見学になります。マクドナルドでハッピーセットを作る体験です。

特徴は、実際の店員さんと同じユニフォームに着替え、キッチンに入ってハンバーガーを作ることができます。

ユニフォームに着替えることができるだけで、子供の気分も盛り上がりますし、実際にキッチン(カウンターの奥)に入れてもらい、自分のハッピーセットを作るなんて、本当に体験ならではです。

なお、中に入るのは子供だけです。付き添いは、カウンターの外からの見学になります。

体験は、ハンバーガー、ポテトSサイズ、ドリンクを作るスタンダードプランとオリジナルバーガー、ポテトSサイズ、ドリンクを作るスペシャルバーガープランがあります。

自分好みのハンバーガーを作りたいなら、ぜひスペシャルバーガープランに申し込んでみてください

こちらの体験は、通年で実施されていますが、インフルエンザの流行などで開催が中止されている場合もあります。

また、実施店舗が決まっていますので、インターネットサイトや店舗で確認が必要です。

《詳細》

【対象店舗】マックアドベンチャー対象店舗
【予約方法】インターネットまたは用紙を持参 
【料金】スタンダードプラン 600円   スペシャルバーガープラン 700円
【年齢制限】3歳から9歳 (おむつを着用している場合は、不可)
【URL】http://www.mcdonalds.co.jp/family/adventure/

いかがでしたでしょうか?
参加してみると各企業の特徴や、工夫がわかり、親子でとても勉強になります。

長期休暇の計画づくりに、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】
関東在住のママが選ぶ関東近郊での旅行先でオススメのスポット9選~春・夏の旅行先~

子供と夏休みを自宅でお金をかけずに楽しく過ごす方法

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします