ママ友

手土産マニアの私が厳選!ママ友宅へのおすすめ手土産ランキング!

ママ友宅にお呼ばれする時の手土産選びに悩む方は多いのではないでしょうか。

みんなに喜ばれる物を選ぶのって意外と難しいですよね。

私は美味しそうなものや珍しいものを見つけると、ついつい試したくなる手土産マニアです。

ママ友たちと集まる時には気になっていたものを持参し、楽しい時間を過ごしています。

そんな私がこれまでママ友に喜ばれた手土産をランキング形式でご紹介します!

今回はみんなでワイワイ楽しめるように、食べ物・飲み物限定でご紹介します♪

第10位 LUPICIAピッコロ


¥790(10個パック)
詳細をみる

人気の茶葉専門店LUPICIA(ルピシア)のピッコロ。甘い香りが特徴のお茶です。

その香りの正体は、アプリコットとベリーに蜂蜜が入っているから。

このお茶は私自身が大好きで、家にストックしてあります。

ママ友宅に持っていったところ、香りに癒されるとみんなに大好評でした♪

紅茶のような赤い色をしていますが、ルイボスティーなのでノンカフェインなのが嬉しいところ。妊婦さんや授乳中のママにも喜ばれます。

もちろん子ども達も一緒に飲めますよ。

ストレートでもOKですし、ミルクを入れてまろやかに仕上げても美味しいです。

缶入とティーバックタイプが販売されていますが、手土産には、お手軽なティーバッグがオススメです。

第9位 たんかんジュース

10位に引き続き、こちらも飲み物となります。

屋久島の名産である柑橘フルーツ「たんかん」の100%ジュースです。

たんかんはポンカンとネーブルオレンジの自然交雑でできた果物

私は屋久島旅行をした時にこのジュースを飲み、その爽やかな美味しさに感動しました

それからは家族用に取り寄せたり、友達への手土産用にと重宝しています。

ママ友にはお土産で購入しましたが、濃厚なのに甘ったるすぎないところが良いと好評で、大人も子どもも美味しいとたくさん飲んでくれました。

たんかんは屋久島を中心とした南九州のフルーツです。周りのママ友も「たんかんを知らないor食べたことがない」と言っていました。

それもそのはず私は関西在住なので、たんかんが売られているところを見たことがありません。そんなレアな感じも喜ばれるポイントでした♪

ママ友の集まりでは、だいたいお菓子などの食べ物を持ちよることが多いので、たまにはこんな飲み物も良いと思います。

第8位 たこせんべいの里 はまかぜ

詳細をみる

第8位はお煎餅です。こちらは淡路島のお土産の定番です。

たこせんべいの里は、タコやエビ、イカなど淡路島の海の幸を使ったお煎餅が美味しいことで有名なお店です。

はまかぜはエビの風味豊かなお煎餅です。薄焼きなのでパリッと軽く、手が止まらなくなってしまいそうです(笑)。

ママ友たちの手土産はスイーツなど甘い物で偏ることが多いので、たまにはこんなおつまみ系もおすすめですよ。甘いものが苦手な辛党ママにも好評です!

はまかぜはエビのお煎餅ですが、たこせんべいの里では他にもタコやたまねぎ、わさびなど味のバリエーションを豊富に取り揃えています。

エビ味でなくても原材料にエビを使っていることが多いので、アレルギーがある方やお子様にアレルギーがある方は注意してくださいね。

ここのお煎餅はどれも美味しいですが、お子さんにはほんのり甘辛いみりん小丸(200g 324円)もオススメです。

第7位 乃が美の生食パン


¥432
詳細をみる

日本で初めて生食パンを生み出したお店「乃が美(のがみ)」の食パンです。

この食パンの特徴は、何もつけずに食べるのが一番美味しいという部分でしょう。

なんといっても「生」食パンなので、とろけるような食感でほんのり甘くて本当に美味しい!の一言です。

よほどのパン嫌いでもない限りは誰でも美味しく食べられると思います。

高級で品質の良い素材、丁寧な製法にこだわっており、卵は不使用です。

だから卵アレルギー持ちのお子さんの家庭にも気兼ねすることなく持っていけます。食べるものに気を使っているママさんにもいつも喜ばれる一品です。

お店は全国に116店舗も展開しているので、もしかするとあなたの家の近くにもあるかもしれませんね。近くになくても通販で購入できます♪

私もお店からは少し距離があるところに住んでいるため通販をよく利用しています。

第6位 旬のフルーツ

第6位は手土産の定番、フルーツです。色んなフルーツを手土産に持っていきましたが、特に喜ばれたのが、やはりみんな大好きな苺でした。

苺の品種は「スカイベリー」です。スカイベリーは最近話題となっている苺の品種です。
初めて食べたときは、苺の酸味がまったく感じられなくて、ひたすら甘くて美味しい苺といった感じでした。甘くて美味しいので練乳はいりません。

そして、苺と同じくらい好評だったのがサツマイモです。


¥2,450
詳細をみる

サツマイモは親戚から贈り物で大量に届き、消費するためにオーブンで焼き芋にしてママ友宅に持っていくと、みんな大喜びで食べてくれました(笑)。

買ったものではないけれど、意外とこういった庶民的なおやつが人気だったりします。

第5位 ホオリイの豆乳100%おからクッキー

カフェプリムラ
¥2,500 (2019/06/19 08:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

続いてはおからクッキー。

食物繊維豊富で体に優しいおからが使われているクッキーです。

このおからクッキーは堅めに作られており、食べ応えがあるので2~3枚で満足します。

だからダイエット中のおやつにもオススメです。

ママ友がダイエット中ということで、家にストックしていたこちらのおからクッキーをおすそ分けすると、とても喜んでくれました。

おからの他にグルコマンナンも入っているので、お腹の中で膨らみ、満腹感を与えてくれます。

味もプレーン・ココア・抹茶・ゴマ・コーヒーと5種類あるので飽きません。

身体に優しいので授乳中のママにもおすすめです。

第4位 サーティワンアイスクリーム

詳細をみる

手土産にアイスを選ぶことが多いです。

ママも子どもたちも特にテンションが上がるのがアイス屋の定番サーティワン。

フレーバーが豊富で見た目も可愛いところがサーティワンの良いところですよね。

子ども向けにチョコレート系やバニラ、ママ向けにラムレーズンやシャーベット系などを選ぶことが多いです。

夏にしかアイスを食べないというママが多いので、冬だと意外性があって喜ばれます。

みんなで好きな味を選ぶのも楽しいです。

誕生日が近いママやお子さん向けにアイスケーキを持っていっても喜んでくれますよ♪

第3位 カタシモワイナリー 葡萄ジュース


¥1,500
詳細をみる

第3位は葡萄ジュースです。

カタシモワイナリーは大阪府柏原市にあります。柏原市は葡萄が有名な土地。

ここで作られた葡萄を使ったジュースがとても美味しく、手土産にオススメです。

もともとはワインのお店で、ここで作られるワインもとても上質で美味なのですが、ママ友宅には子どもも楽しめるジュースがおすすめ。

フレッシュな葡萄の香りが楽しめる高級ジュースです。

手土産はもちろん、ちょっとした贈り物やお歳暮なんかにも使えますよ♪

第2位 もへじ きなこねじり&抹茶きなこねじり


¥210
詳細をみる

どこか懐かしさを感じるきな粉のおやつです。

こちらはコーヒー専門店のカルディで購入し、美味しかったのでママ友にも買っていったところ、「美味しい!」と一瞬でなくなっていました(笑)

体に優しいきな粉を使用しており、子どものおやつにもできますね。

抹茶味も上品で美味しいです。


¥236
詳細をみる

カルディの店頭や通販で購入できます。

第1位 スクエアガナッシュ


¥3,348
詳細をみる

第1位はYAMAOのスクエアガナッシュです。

YAMAOは南大阪にある人気のケーキ屋さん。

元々はクレームガナッシュというチョコレートケーキがあまりにも人気なことから、全国発送できるように改良された商品がこの「スクエアガナッシュ」なのです。

ココアスポンジとあっさりした生クリームの上にコーティングされたガナッシュチョコがたまらなく美味しくて幸せになれるケーキです♪

甘いものが苦手な方でもこのケーキだけは美味しい!と食べてくれる魔法のようなチョコレートケーキ。

ママ友達の集まりで持っていくと必ず喜ばれるケーキで、どんどんファンが増えています(笑)。

私も初めて食べたときの感動は忘れられません。

我が家では、家族の誕生日や結婚記念日など、何かしらのイベントがあれば必ず注文しています。

自信を持ってオススメできるので、ぜひママ友への手土産にして一緒に楽しんでください♪

NG手土産

ママ友宅への手土産でNGなのはお酒やカフェインの入ったものです。

一度、貴重な地ビールが手に入ったので集まりに持っていったのですが、あまり受けは良くありませんでした…(笑)

それもそうですよね、授乳中のママは飲めないし(もう授乳が終わってると思ってました…(笑))、子ども達も飲めないですしね。

あとはコーヒーや紅茶などのカフェイン系も控えているママが多いので、なるべく避けた方が良いでしょう。

手土産で楽しいひと時を♪

ママ友へのおすすめ手土産ランキングでした。

今回ご紹介した手土産を参考にして、ママ友同士で楽しい時間を過ごしてくださいね♪

【関連記事】
ママ友怖い!嫌われるママ友の信じられない行動ランキング ベスト12

ママ友はいらない…と思っている人に捧ぐママ友の重要性

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします