妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期 妊婦の健康・食事 妊活・べビ待ち

産婦人科医も推奨する!妊娠中に葉酸を摂取するべき理由とは?メリット4つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

昨今では妊婦や妊娠を望む女性たちには特に摂取することをすすめられている「葉酸」という栄養素。

ビタミンCやカルシウムなどに比べると、まだまだ認知度は低いような気がしますが、

妊娠して、産婦人科に行くとお医者さんに「葉酸サプリを飲みはじめてくださいね!」と推奨する病院も増えてきました。

ヤフーニュースでも掲載されています。

葉酸を添加して…専門医ら食品メーカーに要望「先天性疾患を予防」|Yahoo!ニュース

私も妊娠をきっかけに葉酸というものの存在を知り、

色々調べたのですが、正直「これほど大切な栄養素をなぜもっと国は奨励しないのか?」と思ったほどです。

妊娠中や妊活中の方はもちろん、子育て中のママさんも、女性だけでなく男性にもとっていただきたい栄養素です。

今回はそんな葉酸を摂ることのメリットをご紹介したいと思います。



メリット1:赤ちゃんの神経管の障害リスクを下げる。

妊娠中、あるいは妊活中に葉酸を摂取する第1の目的はこのためです。

赤ちゃんの脊椎の中を走る神経管を形成するうえでとても大切な栄養素がこの葉酸なのです。

【関連記事】

神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)とは?|奇形・障害・流産を予防する妊婦に必須な葉酸の効果

葉酸の効果をしっかり発揮するためには妊娠前から摂取を。

実はこの神経管は妊娠のかなり初期の6週目頃で完成します。

妊娠に気が付くのがだいたい妊娠2~3か月ですので、

気が付いたころには神経管はもう出来上がっている状態ですので、

できることなら妊娠する前から摂取しておきたいものです。

気が付いてからでも遅くない。一生大切な葉酸。

とはいえ、あとから摂取しては遅いのかというとそうでもありません。

神経管に関しては妊娠する前からとっておかないと効果は期待できないのですが他にも赤ちゃんの消化器官などの粘膜や血液を作ったりする上で欠かすことが出来ない栄養素です。

また葉酸は血液を作ったり、生殖機能を高めたりと妊娠中のみならず、一生を通してとても大切な栄養素なのです。

メリット2:貧血の予防。

そもそも葉酸はホウレン草の「葉」から発見された水溶性ビタミンB群のひとつです。

特に赤血球を作るうえでとても大切なビタミンですので、

葉酸を積極的にとることで女性の大敵である貧血の予防につながります。

命に関わることもある妊婦の貧血にご用心。

妊娠をするとたくさんの血液が赤ちゃんに送られるため多くの方が貧血になります。

貧血になると胎児の発達を阻害するばかりか、出産は多量の出血を伴うため最悪の場合、

ママと赤ちゃんの命を奪うような事態も起こり得ます。

貧血には鉄分不足による貧血とビタミンB12と葉酸が不足することで起こる貧血もありますので、

しっかりと葉酸を摂取していきましょう。



メリット3:うつやアルツハイマーの予防。

葉酸にはホモシスティンという物質(アミノ酸)を減少させる効果があります。

このホモシスティンは体の中でどうしても作られてしまう物質なのですがこれが多く分泌されると動脈硬化やアルツハイマー、うつなど深刻な病気のリスクが高くなってしまいます。

葉酸を継続的に摂取することで、これらの病気を予防することにつながります。

メリット4:健康と美容の維持。

葉酸は細胞分裂やDNAの生合成を活発にする働きをもっていますので不足すれば健康上色々なところで影響が出てきます。代表的なのは「お肌」。

お肌というのはある意味排泄器官のような役割を持っていて、

汗や老廃物を排出してターンオーバーを繰り返し健康な肌の状態を維持しようとしています。

この働きには葉酸の力が欠かせません。

また疲労した肉体を回復させる時も葉酸が活躍しています。

すなわち、葉酸が不足することで疲れたり弱ったりしている体を正常な状態へ回復させる機能がうまく働かなくなってし

まい様々な病気を呼び寄せてしまうと考えることができます。

葉酸はすべての人が継続的にとっておきたい栄養素!

以上のメリットをご覧いただければ葉酸の重要性がお分かり頂けるかと思います。

葉酸の推奨摂取量は240マイクログラムとされていますがホウレン草でいえば1/3把。

茹でた状態ならおよそお茶碗一杯分。枝豆なら100gがその目安になります。

妊娠中は赤ちゃんのためにより多く葉酸をとるために、400マイクログラムまで推奨摂取量が引き上げられますが、

つわりが辛い方や料理をする時間がなかなか取れない方などにはしんどい量になってしまいますよね。

そんな時はサプリメントで摂取することもできます。

サプリメントを選ぶなら無添加のものを!

巷にはたくさんの葉酸サプリが販売されていますが、気をつけたいのは添加物です。

大切な赤ちゃんのために摂る物なのに、添加物がたっぷり入っていては本末転倒です。

きちんと内容成分を確かめてから選びましょう。

お奨めはベルタの葉酸サプリ

お奨めとしてはベルタ葉酸サプリがあげられます。

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸は着色料、保存料、防かび剤など心配な添加物を使用していませんし、

ビタミンやミネラルなども同時に摂ることができます。

過ぎたるは及ばざるがごとし。過剰摂取には注意!

先ほど妊娠中は推奨摂取量が400マイクログラムと述べましたが、

それ以上とってしまうと過剰摂取となり、かえって良くありませんので気をつけましょう。

ベルタ葉酸サプリは一粒が100マイクログラムになっていて4粒を一日の摂取量とされていますが、

日々の食事の内容に合わせて量を加減することもできるので過剰摂取する心配もなくとても便利です。

【参考】

葉酸400μgを摂れる葉酸サプリ|ベルタ



【関連記事】

葉酸はいつからいつまで飲むべき?産後の授乳期にも必要?

葉酸サプリの賢い選び方とおススメできるサプリBEST3


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします