ダイエット

産後キレイに痩せた!ダイエットに成功したママの方法を大公開!

産後太りに悩むママに向けて、綺麗に痩せるためのダイエット方法をご紹介します。

お恥ずかしながら、私は妊娠中に20㎏も太ってしまいました。
産後は数週間で一気に10㎏減ったのですが、そこから残りの10㎏は中々痩せなくなってしまいました。

ただ、「母乳育児は痩せる」と聞いていたために安心しきっていましたが、私の場合は母乳をあげてもあまり痩せられず、妊娠前の体重まであと10㎏という状態が続いていました。

妊娠前の体型&体重に戻らず不安になる日々。
それでも綺麗なママになりたいという願望があった私は、「このまではヤバイ!」という危機感を感じ、とりあえずユル~くダイエットを開始してみることに。

家事や育児で忙しく、当然のことながら激しい運動などする余裕がないため、軽い気持ちでサクッとできるダイエット法を色々組み合わせる、というスタイルで試みました。

このダイエット方法が見事に効いて、産後半年には無事に妊娠前の体重に戻すことに成功しました。
主人にも褒められ、自分で言うのもなんですが、スタイルも妊娠前より良くなったと思います。

ダイエットだけでなく、姿勢が良くなったり、肌が綺麗になったりと、痩せること以外の美容の相乗効果もあったので、産後のママにはオススメしたいと思いました。
そこで私が実践した産後ダイエットの方法をまとめました。

やっぱり骨盤ベルトは基本中の基本!

骨盤ベルトなどは必要ないと思っていた私でしたが、妊娠前より10㎏プラスのまま痩せなくて悩んでいた時に、美意識の高い友人に骨盤ベルトの大切さを教わりました。

骨盤が緩んでいる状態である産後は逆に引き締めやすい時期でもあるため、産後なるべく早い段階でベルトを着用することで、お腹周りや下半身の脂肪も落としやすくなる、とのことでした。

そこで私も骨盤ベルトを使ってみることに。
骨盤ベルトの有名どころと言えば「トコちゃんベルト」ですね。
友人もトコちゃんベルトを使用していました。
「妊娠中から使えて便利」と使っているママも多い商品です。

私もトコちゃんベルトにするべきか迷いましたが、口コミが良くて気になったピジョンの「産後パーフェクトセット」を購入。

骨盤ベルトと骨盤ガードル、骨盤ウエストニッパーの3点がセットになっているものです。

この骨盤ベルトは産後すぐから使用、骨盤ガードル&骨盤ウエストニッパーは悪露が落ち着く1ヶ月ごろから使用できるものでした。

私が使い始めたときにはすでに産後から1ヶ月以上経っていたので、この3点を同時に着用し始めました。

家事や育児でせかせかと動き回ると、ウエストニッパーの位置がずれるので、こまめに位置を調整する必要があります。

また、トイレの時にはベルトを巻き直す必要があり少々手間がかかりますが、きっちりと巻いておくことでダイエットのお助けアイテムになってくれたように思います。

私は日中も就寝時もお出かけの時も、洗濯しているとき以外は欠かさずに着用していました。
使い始めて1週間ほどで、履けなかったパンツが履けたことに驚き、ダイエットの効果を実感しました。

また産後の腰痛に悩むママも多いと聞きますが、この骨盤ベルトを使用することで腰回りがしっかりと支えられ、腰痛予防にもなってくれたと思います。

骨盤矯正に通って基本を正す&姿勢も良くなり一石二鳥

たまたま自宅の近所にある整骨院で産後骨盤矯正をしていることを知り、お試し感覚で行ってみました。

私の場合は同時に色んなダイエットを試していたため、この骨盤矯正が直接ダイエットの成功につながったかどうかは疑問ですが、自宅でのストレッチ方法や日頃の姿勢のアドバイスなども教えてもらい、美意識も上がったので、結果的に行って良かったと思いました。

私は1~2回でも効果があったのですが、お得な回数券を買って10回ほど通いました。
実感としては骨盤が締まり、お腹周りの脂肪が落ちやすくなったと感じています。

正直なところ、世間では骨盤矯正は賛否両論ありますが、良心的な価格で毎回丁寧に行ってくれるところであれば行ってみる価値アリだと思います。

お金儲けのことしか考えていないような、あきらかに高い金額を請求されたり、サプリなどを買わせようとしてくるところは要注意ですが、他のママもたくさん通っているような人気の整骨院であれば、1回だけでも行ってみて通うかどうか判断されると良いと思います。

まだ小さい赤ちゃんがいるママが週に何回も通うことは厳しいですが、私が通った整骨院では子連れOKで、さらに赤ちゃんを見ていてくれる専門スタッフもいたため、気兼ねなく通うことが出来ました。

最近はそのようなお世話係をしてくれるスタッフがいる整骨院も増えているので、リサーチして通われることをオススメします。

赤ちゃんを抱っこしながらストレッチ

骨盤矯正で骨盤を引き締めても、筋肉を付けなければまた元に戻ってしまうと知ったため、自宅ではストレッチを行いました。

激しい筋トレなどは長続きしないと思ったので、しんどくならないような、ゆったりとした骨盤体操を行いました。
やり方はとても簡単で、

①両脚を肩幅ほど開いて立つ
②背筋をピンと伸ばして腰を回す

たったこれだけです。

コツは上半身を動かさないようにし、おへその下の筋肉を意識しながらゆっくりと呼吸をして行うことです。

このストレッチの参考にした書籍がこちら

美腰メイクの達人として一躍ブレイクしたSHINOさんという方の書籍です。
赤ちゃんを抱っこしながらでも出来る簡単さが長続きし、3ヶ月ほど続けていたら、いつの間にかお腹周りがペッタンコになっていました。

インナーマッスルが鍛えられて一気に痩せ、さらにホルモンバランスも安定したと思います。
ホルモンが整ったおかげなのか、肌にツヤが出て化粧ノリが格段に良くなったり、さらにイライラすることも減り、ストレスの軽減にも効果的であったりと、嬉しい効果がたくさん表れました。

1日に1~3回、1回たったの5分ほどのストレッチなので、家事の合間でも出来る気軽さが続けられるポイントでもありました。

抱っこ紐ウォーキング

よく晴れた日は赤ちゃんを連れてお散歩をしていました。
痩せるためにはベビーカーより負担のかかる抱っこ紐が良いと判断し、赤ちゃんを抱えながら30分~長い時で2時間ほど歩いていたこともありました。

ウォーキングは有酸素運動でリバウンドしにくいダイエット方法でもありますが、これに赤ちゃんを抱っこしながらという条件も加わるため、さらにカロリー消費量が増え、とても良い運動になっていたと感じています。

自宅にこもっているとつい間食してしまいますし、何かと誘惑も多いのですが、思い切って外に出ると気分転換にもなって良かったです。
赤ちゃんも周りの景色をキョロキョロと眺めて楽しそうにしてくれていました。
赤ちゃんを外に連れて行った日は日光に当たって疲れるのか、夜もしっかり寝てくれるというメリットまでありました。

痩せるポイントはなるべく早歩きをすること。赤ちゃんに話しかけながら歩くとさらなるエネルギー消費になってオススメです。

夜は炭水化物抜き+タンパク質・ビタミン・カルシウムをしっかり摂る!

産後ダイエットで気をつけたのが食事管理でした。
といってもストイックなダイエットは長続きしないと思ったので、朝食や昼食はしっかり食べて、夜だけ炭水化物を抜く、というスタイルにしていました。

私は炭水化物などの糖質で太りやすい傾向があるので、できる範囲で糖質カットを行い、他は好きなものを普通に食べていました。
揚げ物などのカロリー多めの食べ物もたくさん食べていましたが、綺麗に痩せることが出来ました。

炭水化物の量を減らす代わりにタンパク質をしっかり摂るように意識しました。
よく食べたのが鶏むね肉や納豆。筋肉を作るためにもタンパク質は重要なので、主人よりもたくさん食べていました。
さらに野菜などからビタミンやカルシウムもしっかり摂って、健康維持に努めました。

よく噛んで食べることも意識したため、ご飯の量が少なめでも満足できました。

意外と重要なのが毎日のボディチェック&意識改革

産後のダイエット中に欠かさず行ったのが、毎日のボディチェックでした。

正直、産後のダルダルのお腹…さらに妊娠線もくっきり付いた残念な自分の姿からは目を背けたくなりましたが、ここでしっかりと向き合わないと、いつまで経っても綺麗になれない!と気持ちを奮い立たせ、毎日ボディチェックをしていました。

鏡を見ながら全身チェック&体重計に乗る!

バスルームの鏡で全身をくまなくチェックして、「ここの脂肪を落としたい」とか、「ここがスリムになってきたな…」と一人でブツブツと話ながら確認することを怠りませんでした。
全身鏡で体型を毎日チェックすることで、ダイエットをもっと頑張る気持ちになれました。

さらに毎日こまめに体重を計ることで、間食しそうになっても「やめとこう…」と抑えることができました

ファッション雑誌を見て、痩せたら着たい服をリサーチ

好きなファッション雑誌を買ってきて、痩せたらどんな服を着ようか…と妄想することもダイエットには効果的でした。

雑誌に載っているモデルさんのような体型になる!と意気込んでマイナス10㎏のダイエットも頑張れたと思います。

さらには家の子どもは女の子なので、娘とのペアルックも可愛く着こなせるママになりたい!という妄想もよくしていました。

本当にこんなことで痩せられるの?と思われるかもしれませんが、この方法はなかりオススメです。

実際に成功してみて思ったことは、何でも意識から変えていくことって大事だなぁということです。

おかげさまで今では着たい服が着れるようになりましたし、痩せた自分をイメージすることがとても大切だと実感しました。

妊娠前に履いていたパンツが履けるようになったらダイエット成功!

産後太りで本当にショックだったのは、妊娠前に履いていたジーンズが履けなかったことでした。

そのジーンズはけっこう良いお値段だったのですが、デザインや着用した感じが自分の好みにピッタリだったため、頑張って働いたお給料で奮発して買ったお気に入りのものでした。

それが、出産を機に全然入らなくなってしまい、本当に残念な気持ちになってしまいました。

だからクローゼットからそのお気に入りのジーンズを引っ張り出してきて、気が向いたら着用し、「まだ履けない…」と思いつつ、「このジーンズが履けるようになるまで頑張ろう…!」と意気込んでいました。

・骨盤ベルト
・骨盤矯正
・赤ちゃんとのお散歩
・骨盤体操
・ご飯の量を少し減らす
・痩せた自分をイメージする

出産で20㎏も太った私が、これら6つの試みで妊娠前の体重&体型に戻すことに成功
産後半年で痩せられました♪

どれも気軽に始められる、簡単なダイエット法だと思います。

私はとても健康的に痩せられたので、産後ダイエットしたいママもぜひ参考にしてくださいね♪

【関連記事】
40代女性がダイエットで必ず成功する4つの鉄則

6ヶ月で-20kgのダイエットに成功!健康的に痩せれた方法をシェアします

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします