小学生・小学校

【先輩ママ発信】小学校のPTA役員になった…メリットとデメリットとは

子どもが成長して小学校に入学すると、親としては嬉しく晴れ晴れとした気分になるのではないでしょうか。

子どもはこれからの新しい生活に胸を躍らせているでしょうが、ママの気がかりは役員決めではないですか?

小学校のPTA役員、というと大変だというイメージを持っている人が多いため、できれば役員になりたくないと考える人もいますよね。

しかし、PTA役員は大変なことばかりではありません。筆者は子どもたちの幼稚園や学校で役員を何度もやってきました。

その経験も踏まえ、この記事では小学校のPTA役員のメリットやデメリットをお伝えします。

PTAとはどのような組織なの?

PTAの意味とは?

役員の位置づけや役割は学校によって異なりますが、
一般的にPTAとは、保護者と先生方が連携して子どもたちの教育や環境をよりよくしていく組織のことです。

Parents(保護者)
Teacher(先生)
Association(共通の目的を持つ人たちの組織)

の頭文字を取ったのがPTAです。

小学校のPTAにはどのような役員があるの?

小学校によりますが、代表的な役員は以下のとおりです。

・本部役員

本部役員は下記に挙げる運営委員をまとめる役割があり、学校と保護者の橋渡しが大きな仕事内容です。

年に1回全保護者向けに開催されるPTA総会の準備
運営委員会が集まる定例会合の開催や議事録の作成
入学式や卒業式の参列と準備(会長は挨拶することもある)、
運動会などの行事の手伝い
地域自治会との連携など仕事内容は多岐に渡ります。

・学級委員

1クラスに2名ずつ選ぶ学校が多いようです。

仕事内容は学級担任とクラスの保護者とを繋ぐ仕事をします。

学年単位で行う行事の企画や手伝い
遠足の付き添いや連絡網をまわすなど、
担任の先生のサポートをするのが主な仕事です。

・広報委員

学校の新聞や広報誌を作るのが主な仕事です。

年に数回発行する新聞や広報誌を作るために定期的に集まって会議をします。

小学校の行事のときには新聞や広報誌に載せる子どもたちの写真を撮影します。

撮った写真は先生方にチェックしていただき、載せていいかの許可を得てから原稿と共に印刷会社に入稿します。

出来上がってきたものを確認し、修正するところがあったら依頼し、完成したら配ります。

・校外委員

校外委員は地区委員と呼んでいる学校もありますが、地域の人たちや自治会と学校を繋ぐ役割がある委員です。

子どもたちの登下校が安全であるように定期的に通学路を歩いて、危険な場所があったら学校に報告します。

また、子どもたちの登校時に保護者が旗振りを行う地区は校外委員が順番を決め、旗の管理をすることがあります。

そして、学校の先生方と一緒に夏休みなどに防犯パトロールを行う学校もあります。

・推薦委員

学校によっては選考委員という呼び方をすることもあります。

仕事内容は、小学校のPTA本部役員を決めることです。

そのため、1年中仕事があるわけではなく、年度末が近づいてきたら活動するという学校もあるようです。

本部役員はやりたがる人が少ないので、推薦委員の人たちが保護者にアンケートを配り、本部役員に立候補したい方はいないか推薦する人はいないかを確認するところが多いです。

そのアンケートを元にいろいろな方に電話などで本部役員を引き受けていただけないかお願いするのが主な仕事です。

PTA役員の決め方は学校によっていろいろな方法がある

次に、PTA役員の決め方ですが、学校によっていろいろな決め方があります。

前もってアンケートで立候補者を募る

新しいクラスが決まってから担任の先生から手紙が配られます。

その内容はPTA役員を決めるにあたって引き受けてくれないかというものです。

アンケートになっていて、決めなければならない役員の種類が書いてあり、立候補するものに丸をつけて提出します。

アンケートの中には立候補はしないが、立候補する人がいなかったらやってもいいと思えるものに丸をするという内容も含まれています。

また、過去にやったことがある委員はどれで子どもが何年生のときに引き受けたかを記入する欄もあります。

ポイント制度で決める

学校独自のルールで、子ども一人につき卒業までに何ポイントかを貯めなければならないというものです。

例えば、卒業するまでに5ポイント貯めなければならないとして、PTA本部役員を1年間やったら4点、学級委員などの運営委員をやったら3点、運動会の当日に手伝いをしたら1点などの加点があります。

この制度を取り入れている場合、子どもが低学年のうちに役員をやっておこうと考える人が多いです。

なぜなら、高学年になっていくと役員の中の委員長や副委員長をやらなければならない可能性が高くなるからです。

決まらなかった場合はくじ引きをする

筆者が小学校で委員をやっていたときは、4月の各学年の懇談会で役員決めをするときに担任の先生と一緒に役員決めのサポートをしました。

例えば、自分の子どもが4月から3年生になるとしたら、1年生か2年生の懇談会の日に学校へ行き(3年生の懇談会は別日でした)役員決めの進行を手伝います。

役員をやって楽しかったことや、やりがいをクラスの保護者の前で話して、役員をやってみませんか?と促します。

それでも立候補者がいなかった場合はあらかじめくじを作っていき、くじ引きをして決めました

懇談会のお知らせの手紙の中に、その日役員を決めること、決まらなかったらくじ引きになること、懇談会に欠席の保護者の分は担任の先生が引くことを記載して、「出席・欠席」に丸をつけて学校へ提出します。

PTA役員をやってみてよかったこと・メリットとは

役員を引き受けたら面倒なことが多そう、やりたくないと思っている人が多いと思います。

しかし、実際に役員を経験した人は多くの人がやってみてよかったと感じます。

では、役員をやってよかったこと、メリットはどんなものがあるのでしょうか。

家では見ることができない子どもの様子を見ることができる

子どもは家で見せる顔と学校で見せる顔は違うことがあるものです。

家では甘えん坊なのに、お友達の前ではしっかり者だったり、宿題を嫌々やっているのに授業中は積極的に手をあげていたり。

役員をやることで学校へ行く機会が増え、担任の先生と話すことも増えるので自分が知らなかった子どもの様子を知ることができるのは驚きでした。

先生の普段の様子が分かる

役員をやっていなかったら担任の先生とは懇談会や個人面談のときにしか話す機会がありません。

先生は保護者の前では真面目な態度をとっていますが、職員室での先生は違うことがあります。

役員をやっていると、職員室に行くことも増えるので普段と違った先生の様子を知ることができます。

意外とドジな部分があったり、いじられキャラだったりと普段の先生と違う顔を見ることができて親しみを持てるようになるでしょう。

校長先生や教頭先生と親しくなれる

役員をやっていると校長先生や教頭先生にお会いすることが多くなります。

校長先生や教頭先生と話す機会は普段はあまりないでしょうから、これは役員の特権といえるでしょう。

校長先生がどんな方なのか、知ることで学校の空気を感じることができて方針を感じることができるのは役員をやっているからこそです。

役員仲間との絆ができる

PTA役員の仕事は楽なことではありません。大変なこともたくさんあります。

けれどそれは、一緒に役員をやっている人たちと協力しあって乗り切ることができるのです。

さまざまな行事への参加やお手伝いを通して役員さんたちと過ごすのは部活の仲間と過ごすような感覚でした。

何かの目標に向かって共に努力して人の温かさや優しさに触れられた素晴らしい経験となりました。

筆者は子どもの学校で一緒に役員をやった仲間と、子どもが学校を卒業しても年に数回食事に行く付き合いを続けています。

大人になってから絆を感じられる仲間と出会えたのは大きな喜びとなりました。

終わったあとの達成感が味わえる

1年間、定期会合に出席したり行事を企画し、手伝いをしたりとやることはたくさんあって大変なこともありましたが、それだけに終わったときに達成感を味わうことができました。

筆者はいくつかの役員を経験しましたが、どの役員もそれぞれの楽しさがありました。

そして、役員の任期が終わったときに「頑張った!」と思えたものでした。

PTA役員をやることのデメリット

一方、PTA役員をやることは良いことばかりではないという声もあります。
それはどのようなことなのでしょうか。

集まりが平日の昼間が多く参加するのが大変

最近は仕事をしているお母さんが増えています。

フルタイムで働いている人も多いので、仕事をしているので役員はできません、と断ることはできません。

役員の会合は平日に開催することが多く、仕事をしていると出席するのが大変です。

筆者が小学校の役員をやっていたときは、役員同士で日にちや時間を決めていました。

初めての集まりの時に何曜日の何時からなら集まりやすいかを皆で相談して決めました。

ちなみに中学校の役員をしていたときは仕事をしている人が多く、昼間に集まるのが難しかったので18時から会合を開催していました。

中には仕事を早退して来なければならない人や、平日に行事があるときは有給休暇を使って休まなければならない場合もあるため、負担になることがあるのです。

仕事を家に持ち帰らなければ終わらない

議事録などの必要な書類作成は意外に時間がかかります。

集まりの時に作成するのですが、その時間内に完成しなかったら自宅で作成するしかありません。

学校の役員の仕事なのに、家で自分の時間を割いて取り組まなければならないのは納得できないと思うことがあるでしょう。

他の役員さんとの関わりが大変

人にはさまざまな価値観や感じ方があるので、多くの人と一緒に物事を決めていくのは大変なことです。

積極的に取り組む人ばかりではないので、負担に感じることやストレスに感じることもあるかもしれません。

子どものためにママも楽しんで引き受けよう!

PTA役員を引き受けることは不安や心配ですよね。

他の役員さんがどんな人なのか、1年間自分に務まるのか、引き受けるのを躊躇している人も多いでしょう。

筆者もはじめはそうでした。でも、いざやってみたら家では見られない子どもたちの姿や学校の先生から様子を聞くことができました。

また、子どもが6年生のときに学級員の委員長を引き受けましたが(くじ引きでした)実際にやってみると副委員長さんたちや他の役員さんたちのフォローのおかげで充実した1年間を過ごすことができました。

もちろん大変なこともありましたが、今となっては楽しい思い出になっています。

役員は子どもたちが安全に安心して学校へ通うためのサポートでもあります。

やってみようか悩んでいる方がいたら、ぜひやってみてくださいと言いたいです。きっとママ自身の思い出となるのではないでしょうか。

【関連記事】
習い事の先生が子供に与える影響とは?良い先生の特徴5つと悪い先生の特徴5つ(塾経営者の発信)

子供4人に習い事をさせて実感したおススメの習い事ベスト7

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします