スキンケア 子供の教育・成長・食事・遊び

【かわいい・安心・安全】おすすめのキッズコスメ7選

女の子はおしゃれに興味深々♪特に最近の子供たちは、昔に比べると興味を持つ年齢が早くなっている気がします。でも、ママとしては肌への影響が心配…ですよね。

そんなおしゃれ大好きな女の子には、安心・安全な成分で作られた、ママも納得できるキッズコスメを選んでみませんか?ただ「ダメ!」と禁じるのではなく上手にコスメを選ぶことで、その先に必要となるメイクのレッスンにもつながりますよ♪

子供のメイクが低年齢化!!なぜ?

昔は「メイク=大人の女性がするもの」という考え方が当たり前でした。ママのメイク姿を見て、悪戯で塗ってみた…という経験は少なからずあったと思います。

しかし、時代とともにメイクに興味関心を持ち始める年齢がだんだんと早まっていることは誰もが感じていることでしょう。自分専用のコスメを揃える小学生~中学生も少なくありません。そこには様々な要因が絡んでいるようです。

雑誌の影響・小学生モデルへの憧れ

ローティーン向けのファッション雑誌では、可愛らしいメイクをした女子小学生たちが表紙を飾っています。

雑誌を開くと、リップグロスやチーク、マスカラ等のコスメが珍しいことなく紹介されています。「学校用すっぴん風メイク」や「遊び用等、シーンに合わせたメイク方法や、すっぴん風メイクも解説されています。

2000年を過ぎた頃からこのような内容の記事がぐっと増えたことが、女の子たちのメイクに対する意識を高めた背景のひとつなっていることは間違いありません。

http://jsgirl.jp/new/

http://www.nicola.jp/gallery

簡単に見られるメイク動画の影響

スマホやタブレットが普及し、子供を取り巻くインターネット環境が、ここ数年で大きく変化しました。

中でも“動画”は子供たちの生活の中に、当たり前のように入り込んでいます。その中には大人の女性が様々なコスメの紹介や使い方、多種多様なメイク方法を紹介しているものも多く、子供たちも自由に見ることができる環境にあります。

最近は大人の女性だけでなく、“キッズメイク”の方法を教えてくれる動画や、子供自らが発信するメイク動画も増えています。

最初は興味本位で見ていた子供が「自分もやってみよう!」と思ったり、たまたま見つけた動画から興味を持つようになることは、不思議なことではないのです。

手軽に購入できるプチプラコスメの影響

化粧品を買うためには、専門店やデパートの化粧品売り場に行かなければならない、という時代は昔のこと。

最近は、コンビニやドラッグストア、雑貨屋さんや100均など、ありとあらゆる売り場で誰もが購入することができるようになりました。

値段も子供のお小遣いで買える程度の、本当に安価な物が増えました。気軽に、そして手軽に買える環境が整っていることもまた、子供達世代にコスメが浸透したことの要因となっています。

子供とメイクを切っては切り離すことのできない時代になっている、と言っても過言ではないような気がしますね。

体験談★何歳からOK!?子供の声とママの声

女の子ママにとって、ある時期になると一度は訪れる子供メイクの悩み…みなさんはどうしているのでしょう?

メイクしたい!やってます!子供の意見

まずは、実際にメイクに興味を持っている女の子たちの声を集めてみました。

やってます!
今中2の女子です。つい最近、親にばれたくなくてお小遣いで少しメイク道具を集めてます。学校にもうす~~くしていってます笑出典: www.amazon.co.jp
いいと思います!
私も、お母さんに隠れて、メイクをしました。自分がキラキラ輝いてるみたいでした。私が、おしゃれをしようとすると、お母さんは、怒りますが、別にいいじゃないですか?出典: kids.nifty.com
親に言えない…。
中1です。私は最近メイクをはじめました。
友達に勧められてはじめたけど、やっぱり親に
言うのが怖くてないしょにしてます。出典: kids.nifty.com
みんな化粧してる!
私の友達はみんな化粧してる!
それどころか髪染めて子もいるw
逆にメイクしてない子がちよっとおくれてるかもwいまはメイクしてる子かなり多いし今からメイク練習したほうが将来下手にならないからいいと思う!
私も休日にはメイクもネイルもやってる!
優しいオレンジ色やピンクのモテメイクがおすすめ!出典:kids.nifty.com
中1 かわいくなりたい
去年からうちもやってたよ~
友達がやっててかわいいなーって思ってた
(中略)
女の子がかわいくなりたいって思うのはあたりまえやから、
はずかしくないと思うよ・・・・・。
出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
しちゃってます
小5です!
私は普通に肌の化粧しちゃってます
スキンケアちゃんとしてます!出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

こうして見ると、興味を持ち始めるのは小学校高学年から中学生にかけてが多いようですね。親にバレたら咎められるから内緒…という声が多いように感じますね。

するなら…見た目も方法も正しく!ママの意見

子供がメイクに興味を持ち始めたら、ママたちはどのように対応するのでしょう。考え方には千差万別ありますが、多かった意見についてまとめてみました。

反対ではないけれど…
中高生のメイクに反対ではありませんが、少ないおこづかいで劣悪な安価化粧品を購入する事には賛成しません。
一度アレルギーを発症したら治らないし、損なってしまったお肌は直すのにとんでもない時間がかかるので。出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
金額よりも安全性重視
小学校低学年の娘がいます。
最近、少しおしゃれに興味が出てきたようです。
まるっきり身の回りを気にしない女性にはなってほしくないので、私としては今のところホッとしています。(中略)娘もこれからどんどん美容への関心が高まっていくと思いますが、
その時々で年齢に合ったおしゃれをするなら私は協力を惜しみません。
最初のうちは金額よりも成分や安全性を重視してほしいので、
お小遣いで難しいようなら私が買ってあげるかもしれません。
出典: komachi.yomiuri.co.jp
興味を認めつつ…
うちも小4の子がいます。(中略) 友達から影響を受けて派手なメイクをしたり、反発して反動で近い将来(高校生とか)似合わないメイクをされても嫌なので。
興味があることは認めつつ、肌のためにはとかの話はしつつ少し体験させるかなと思います。出典: women.benesse.ne.jp
ダメとは思わない…でもルールあり
メイクがダメ とは思わないです。
お化粧に興味があるのは女の子なら当たり前だと思うし、
ダメ と 頭ごなしでは反発し 隠れてするかもしれません。
学校に していかないことは当たり前
子供の肌や大人より弱いから、品質に気を付けること。
ケバイ仕上がりにしないこと。
小学生に化粧なんて早すぎる、必要ない!やめなさい ダメ!
という辞めさせ方はしないです。
出典: women.benesse.ne.jp

今は小学生でもメイクに興味を持つ女の子は珍しくなく、中学生にもなればむしろ当たり前という考えが、ママたちの間にも浸透しつつあるような気がしますね。

その興味関心を認めながら、でもやっぱり肌への影響は心配…。そして、メイクをする場所や方法も年齢に見合ったものをと考えるママは多いようです。

『親子で正しく上手に練習』が理想的!?

「とにかくメイクはダメ!」と頭ごなしに禁じるのではなく、子供の肌に負担をかけないコスメを親子で一緒に選び、肌を荒れさせないメイク方法を一緒に学びながら教えていくことが理想なのかもしれません。

闇雲に禁じるのは逆効果

子供の声、親の声、それぞれに多く見られたように、ただただ頭ごなしに「ダメ!」と禁じれば、子供はこそこそ隠れてメイクをするようになる可能性はおおいにあります。

自分のわずかなお小遣いを使い、安価で刺激の強い成分のコスメをこっそり買ってしまうことも考えられます。

メイクに興味を持つのは女の子として自然なこと、まずはママが子供の気持ちに共感することが、大切なことを教える親子関係を築くために必要な第一歩ではないでしょうか。

ママにとっても勉強のひとつ

子供の肌に合うコスメ選びには、それなりに知識が必要です。大人用では子供の肌に負担をかけてしまいますし、値段で選ぶのも成分の面で心配ですよね。

市場にはどのようなキッズコスメが出回っているのかをリサーチし、我が子の肌に合うコスメはどの商品なのかを吟味する。

それを親子が一緒に相談しながらできれば、子供も自然と自分の肌質を見極める力が付きますし、自分の肌に合うコスメを選ぶ知識が身に付きます。

また、肌への負担を最低限に抑えるために必要なスキンケアや、メイクの正しい落とし方、その後のケアについても、子供には正しく教えなければなりません。

ママにとっては子供が興味を持ったことを知る良い機会だと考えて、教えながら一緒に学ぶことも大きいと言えそうです。

キッズコスメの選び方2つのポイント

おすすめ商品をご紹介する前に、実際に商品を選ぶ際に、どういった点に着目したら良いのでしょう。2つの項目について、購入前にしっかり頭に入れておいてくださいね。

水や石鹸で落とせるもの

顔にコスメを付けたら、メイク落としを用いてきれいに洗い流すことが基本です。

子供の場合、そのメイク落としさえもが刺激になる場合があります。だからと言って、洗い残しがあればそれもまた肌トラブルの原因に…。できるだけ水や石鹸で簡単にきれいに落とせる商品を選ぶのがおすすめです。

成分表示をチェック

子供の肌は大人に比べ、バリア機能が未熟。角質層も大人の半分の厚さしかなく、肌に不必要な成分は着実に内部へ浸透してしまいます。

その成分が体に悪影響を及ぼすものであれば、肌表面だけでなく健康そのものを害する恐れがあります。

使用されている成分は必ずチェックし、子供が使って良いものかをママが判断してあげてください。特に防腐剤や界面活性剤、人口着色料など有害なものは、使用されていない商品を選びたいですね。

おすすめ♪子供にぴったりキッズコスメ6選

ここでは、子供の肌への負担を第一に考える、ママも安心できる安全コスメをご紹介します。

生命の樹と真珠のオーガニックコスメ/カラフルオーガニック


https://colorfulorganic.stores.jp/items/565aebde3bcba9416d000d7a
石油系界面活性剤やタール系色素、保存料や香料が不使用の、安心できるコスメ。こだわりの素材だけでなく、化学溶剤を使わずに作る製造方法でも安心できるのは嬉しいですね。

こちらは特別にキッズ専用コスメとして作られている商品ではありません。しかし、小さな子供も安心して使えるコスメとして研究開発されているので、親子共用で使うことができます。

子供のお小遣いで買えるほどの安さではありませんが、親子で楽しみを分かち合える安心感は、お金には代えられません。

ママン・ヴァ・エトール・ジャールズ/ダッドウェイ


https://isetan.mistore.jp/onlinestore/brand/017395/list
こちらは2015年創立のまだまだ新しい、フランス発のキッズコスメティックブランド。肌が繊細で敏感な子供でも安心してママの真似っこメイクができるようにと配慮された成分で作られています。

色合いはどれも優しい雰囲気。メイク初心者の子供が付けすぎても失敗を感じさせないナチュラルメイクを作ります。

有害物質を使わず、原料はすべてフランス産の高品質なものばかり。ダッドウェイはベビー用を扱う会社なので、子供に目を向けた高い安全性という点では信頼できる商品だと言えるでしょう。

スモールレディ バニティメイクボックス/レイス

レイス(Race)
¥2,764 (2019/12/12 12:55:04時点 Amazon調べ-詳細)
オリジナルのコスメやスキンケア製品を製造販売するレイス。キッズ向けには日本の薬事法に基づく処方で安心して使えることを第一に考えられています。

見た目も遊び心があってキュートなデザイン。小さな子供から中学、高校生のちょっぴり大人に憧れる年代の女の子たちにもぴったりです。

ネイルは爪に水で洗って落とすことができる水溶性なので、爪に負担をかけることがありません。アイシャドウ、リップ、ネイル、それぞれカラーも豊富で、大人顔負けのメイクを存分に楽しむことができる商品です。

BEAUTY SECRET BOX/peachand

【店内全品ポイント5倍&選べる500円〜3,000円OFFクーポン配布中!楽天スーパーSALE】【あす楽対応】ピーチアンド シークレットボックス ギフトセット プレゼントに 子供用ネイル 日焼け止め UVパクト SPF50+ PA+++
キュートなパッケージで女の子らしさいっぱいのコスメ。UVパクトは肌に優しい成分のみを使用。植物エキス配合でお肌を健康的に守りながらしっとり潤います。

お水をベースに作られたマニキュアは、ラメやカラーの組み合わせを考えながら楽しくメイクすることができますよ♪どちらも水と石鹸だけできれいに落とすことができて安心です。

キッズコスメセット/CHENGHAI

アイシャドウ、リップグロス、ルージュ、チーク、ネイルがセットになったボリューム満点のゴージャスコスメセット。ケースがお花型で見た目もとっても可愛らしい商品です。

水溶性で水と石鹸で簡単に落とすことができ、小さな子供が遊び感覚で使うのにおすすめ!カラーがたくさんあるので、これ1つでプロのメイクアップアーティストになったような気分を味わえます。

高級のプリンセスメイクアップ玩具スーツ/HJXDJP

引き出し付きのバッグ型メイクケースに、たっぷりのコスメ。ドレッサー感覚で大人になった気分を味わうことができそう!

開けると目がキラキラと輝くこと間違いなしの、子供用コスメセットです。中身は口紅とグロス、アイシャドウ、マニキュア他、必要なブラシ等も揃っています。

こんなにカラフルなのに使用されている色素はすべて食用のもの。防腐剤や重金属系添加物は使用されていません。また、水溶性なので水と石鹸で落とすことができます。

メイクと同時に教えたい!大切にしたいマナーとは?

メイクは、大人の女性にとってはマナーとして必要なもの。でも、子供の場合はちょっぴり違います。子供にメイクを教えるときは、子供に必要なメイクマナーもしっかり伝えましょう。

時と場所をわきまえる!

子供がメイクをすることは珍しくなくなった…とは言えども、まだまだ不快を抱く大人は少なくありません。

遊びの中でメイクをしても、お友達のお家にお邪魔すれば相手のご家族がいます。外に出歩けばすれ違う人がいます。

自分だけが満足できればいい!という思いでするのであれば、家の中だけに留めておく必要があるかもしれません。外出時は色付きリップ程度に控える、外に出るときはお祭り等イベント事の時だけ等、約束事を決めましょう。

ただ親が与える押しつけのルールではなく、子供自身がその都度考えられるようになるのが望ましいですね。

公共の場でのメイクはマナー違反!

一時期、大人の女性が電車やバスの中でメイク直しをすることについて、ネット上では「マナー違反ではないか!?」という論議が繰り広げられました。

これについては賛否両論ありますが、不快に感じる人がいることは確かなこと。良い・悪いの問題ではなく、たとえ自分が良いと思っていても嫌な思いをする人がいることは伝えておかなければなりません。

小学校高学年以上にもなると、子供同士で公共交通機関を利用する機会も出てきます。そういった場面では、周囲への迷惑を考えることもマナー。子供にはしっかり伝えておきたいですね。

子供らしいメイクを!

メイクには年相応の方法があります。子供には小じわやシミを隠すメイクは必要ありませんし、大人のようにしっかりとしたメイクはキレイに見せるどころか、反対に奇抜にさえ見えることがあります。

子供には、肌本来の美しさを隠さない、薄づきのポイントメイクくらいがおすすめです。相手に「可愛いわね!」と感じさせる、子供らしいメイク法はマナーのひとつと捉え、その方法もしっかり教えてあげましょう。

まとめ

子供のメイクには色々な意見があることでしょう。反対派のママもいれば、賛成派のママもいると思います。でも、子供が興味関心を持ってしまったら…それを一方的に咎めることにもまた抵抗があるものです。

いずれは大人になる女の子。いずれはしっかりとメイクを覚える必要がある女の子です。子供の好奇心は良い機会かもしれません。ママも一緒になって、その必要性や上手な取り入れ方、コスメの選び方を考えていきましょうね。

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします