家事アイテム

ピカピカの床を目指す!おすすめのフローリング用お掃除シート7選

畳の床は昔に比べるとぐっと減り、今はフローリングの時代。

意外とご存じない方もいるかもしれませんが、フローリングのお掃除は第一に掃除機よりも、モップやシートを使った拭き掃除が良いんです!

その理由やお掃除の手順、おすすめのフローリング用お掃除シートをご紹介します。

フローリング掃除のコツと基本の手順

まずはフローリングのお掃除方法からご紹介します。

手順①ドライシート

フローリング用のシートには、ドライタイプとウェットタイプの2種類があります。

ウェットタイプの方が汚れが落ちるイメージが強いかもしれませんが、まずはドライシートで埃を集めることが最優先。

初めからウェットタイプを使うと、埃が床にこびりついてしまいます。

床板の隙間に埃が入り込まないよう、木目に沿ってお掃除を進めましょう

ゴミを集める感じで力は入れなくて大丈夫です。

手順②掃除機

シートでのお掃除後、取り切れなかった埃やゴミを吸い取るために掃除機を使用します。

初めから掃除機を使う方法は、床に落ちた埃を排気が巻き上げてしまい、後々お掃除前の状態に逆戻りしてしまうため、おすすめしません。

あくまでもシートで取り切れなかったゴミを取るのが、フローリング掃除における掃除機の役割です。

床板の溝に入り込んだ埃も掃除機なら取ることができます。

手順③水拭き

最後にウェットシートや雑巾を使った拭き掃除をします。

床に水滴を残さないよう、固く絞った雑巾または市販のウェットシートを使いましょう。

こびりついた汚れを落とすためにゴシゴシ力を入れた方が良いと思われがちですが、力を入れることで床板を傷つけてしまう場合があります。

軽い力で細かく動かせば汚れはきれいに落とすことができます。

また、目につきにくい皮脂汚れも水拭きを怠れば黒ずみの原因になりますので、毎日ではなくとも意識して落としていきたいですね。

手順④乾拭き

床に水分が残ってしまうと、床板へのダメージとなります。

陽の当たる場所であればすぐに乾きますが、日陰となる場所や季節によっては乾きにくいことも…。

その場合は、仕上げに乾拭きをしましょう。ここでも役立つのがドライシートです。

毎日のお掃除はドライシートのみで充分!

基本的なお掃除の手順をご紹介しましたが、毎日必ず、すべての工程をする必要はありません。

ドライシートでのお掃除を毎日していれば、同時に食べこぼし等のこびりつき汚れが目に付きますので、その都度、その場所だけをさっと拭いて取り除くことができますね。

全体的な水拭きは2~3週間に一度を目安にしましょう。

フローリングシートには種類がある!

フローリング用のお掃除シートなんてどれも同じ!と思ってはいませんか?

100均でも購入できる安価なものから、数百円する物まで、実はいくつかのタイプがあります。

いったい、何が違うのでしょうか?

表面加工

シートの表面に凹凸があるものは、掃除機なら巻き上げてしまうような細かい埃やハウスダストをしっかり吸着してくれます。

起毛タイプは髪の毛やパンくずなどを絡み付けて逃さないため、ゴミの集めやすさでは優秀です。

薬剤の有無

ドライシートには流動パラフィンや抗菌剤などが含まれる商品があります。

埃を吸着しやすくしたり、拭いた場所の雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

毎日過ごす場所に使うものですから、使われる薬剤の安全性は高いと言われます。

しかしながら、気になる方は薬剤不使用のシートもありますので、選ぶ基準にしても良いですね。

また、使用される薬剤によっては家電製品等に使用できない場合があります。注意書きもチェックしましょう。

厚み


厚い物は価格が高くなりますが、使い心地の良さでは勝ります。

軽い力で滑らせやすく、毎日のお掃除が苦になりにくいでしょう。また、床板を傷つけずにお掃除することができます。

シート・ワイパーヘッドのサイズ

ヘッドの大きなものほど、広い面を一気にお掃除することができるので手間がかかりません。

一方で小さなサイズは、トイレや脱衣所など、狭い場所のお掃除ができるので便利です。

使うヘッドのサイズに合うサイズのシートを選ぶことも大切です。

シートによって、各メーカー共通で使えるものや専用のものがありますので、ご購入の際にはチェックしてください。

ワイパーとの相性はサイズに関してだけでなく、シートの持つ効力を発揮できるか否かにも影響します。

おすすめ☆使い捨てフローリング用ドライシート7選

今回は、手軽に使える使い捨てタイプのドライシートをご紹介します。

毎日のお掃除に役立つ便利さ、実感できる機能性、常備して損はありません!

それぞれ特色が異なりますので、ご購入の参考にしてくださいね。

クイックルワイパー立体吸着ドライシート/花王

フローリングのお掃除と言えば、クイックルワイパーはその代表格。

シートを作る繊維が何と約50万本も使われており、ミクロの埃やハウスダスト、花粉までをもしっかり絡め取ってくれます。

価格は少し高めに感じるかもしれませんが、お掃除の手間がぐんと減るため、絶対的な満足感が付いてきます♪

無添加ドライシート/3Mスコッチ・ブライト

3M(スリーエム)
¥280 (2019/08/25 14:21:41時点 Amazon調べ-詳細)
作業を効率よく進めることに配慮した数々の製品を生み出す3Mブランド。

付箋やテープ等を扱うポストイット製品が有名ですね。

同じ3Mのスコッチブライト製品は、家事全般のお掃除に関する商品が扱われています。

フロアシートでは、薬剤を一切使用しない安心安全のドライシートが定番品。

皮膚科医確認のもとで肌テストが行われた商品で、赤ちゃんやペットなど、床に寝転がる家族がいるご家庭から、特に高い支持を得ています。

厚手でふわっとした手触り。細かいゴミ、汚れ、手垢と同時に臭いまで吸着してくれる高性能シートです。

3Mスコッチ・ブライトはワイパーもおすすめ☆

3Mスコッチ・ブライトのワイパーは、一般的なワイパーと比較するとポールが長めで持ちやすく、太くて丈夫。

腰を曲げずに楽々お掃除ができると好評です。

また、ゴム製でできた厚みのあるワイパーヘッドにはクッション性があるので、軽い力でしっかりと汚れを落とすことができます。

CCフローリングクリーナーシートドライ/大和物産

30枚入りで約100円、さらに両面使えるので驚きの安さ!

コスパ重視の方に絶対的におすすめのシートです。

家の中でペットを飼われている方や、小さな子供がお菓子を食べこぼすなど、とにかくお掃除回数が多い!という方でも躊躇なく使うことができるはず。

安さのあまり、「きっとキレイにならないだろう…」と期待を持たずにお試し感覚で購入される方も多いようですが、「安い割にはゴミも埃もしっかり取れる!」と好評口コミが多い人気の商品です。

激落ち立体ドライシート/レック

メラミンスポンジが有名な激落ちくん。

ドライシートは凹凸と起毛、2つの効果で小さなゴミや埃はもちろん、大きめのゴミまでしっかりつかみ取ってくれます。

また、薬剤を使用していないため、小さな子供がいるご家庭でも安心して使えるだけでなく、家電製品等にも使うことができるのは嬉しい点です。

各メーカーのワイパーに取り付け可能

シートの凹凸加工は片面のみなので、汚れた面をワイパーに付けたくない!等、片面使用派の方には最適の商品です。

ウェーブフロア用ドライシート/ユニチャーム

凹凸の中にゴミ取りポケットが組み込まれているのが特徴のシートです。

このゴミ取りポケットはユニチャームの特許技術。

起毛の毛束は1.5cmと長く、つかみ取ったゴミや埃、髪の毛などを巻き込むようにキャッチします。

さらに、つかみ取った汚れの雑菌を広げない抗菌EXファイバーが配合されており、床全体の清潔を保つことができます。

抗菌効果のあるシートは消臭効果にも期待できるので、すっきりと心地よい空間作りにも役立ちそうですね。

モコモドライシート/アズマ工業

アズマ工業
¥323 (2019/08/25 16:56:46時点 Amazon調べ-詳細)
可愛らしいパッケージデザインが目を引くのは、120年の歴史を持つお掃除メーカー、アズマ工業の商品。

不織布を起毛繊維で挟み込み、丈夫で厚みがあります。

ワイパーに取り付けての使用はもちろん、直接手にもってお掃除するにも扱いやすいシートです。

お値段は少しお高めですが、一度使ったらファンになる人も多く、ゴミや埃と一緒に使う人の心をキャッチする、そんな魅力的なシートです。

オイルや薬品は不使用なので、お家の中の様々なところに便利に活用できます。

キレキラ!ワイパー徹底キレイドライシート/エリエール

トイレットペーパーやティッシュペーパー等の日用品でお馴染みのエリエール。

こちらのドライシートは、全面の格子状凸凹加工と縁のV字加工が施されているのが特徴です。

ワイパーをどの方向に動かしても汚れをしっかりキャッチします。

両面使いできる立体3層構造なので、厚みがあって扱いやすいうえ、1枚1枚を長く使えるのが嬉しい商品です。

色々試してみよう♪大量買いもお得♪

種類がたくさんあるフローリング用ドライシートは、ネットやドラッグストア、スーパーなど様々なところで購入できます。

1袋の単価は安くて買いやすい!

1袋当たりの価格は100円以下のものから、高くてもワンコインで購入できます。

気になるものがあれば、まずは使ってみましょう。

色々な商品を試すのも楽しみながら、お気に入りのシートを見つけてくださいね。

比較するためにお友達と少しずつシェアするのも良いかもしれません!

大量買いがお得な商品も♪

お気に入りが見つかったら、数袋がセットになった大量売りの商品もありますので、そちらもチェックしてみましょう。

ネットで購入すると大量買いの方が送料も無料になりやく、お得感いっぱいです。

キレイ・スッキリ!気持ちも快適に★

いかがでしたか?今まで掃除機ばかりでお掃除を済ませていたママは、ドライシートに対する意識が変わったのではないでしょうか。

さっそく毎日のお掃除に取り入れて、億劫なお掃除を楽しめるようになってくれると嬉しいです。

床がキレイになるだけでなく、気持ちに余裕が出来て、毎日の暮らしが快適になるはずです♪ぜひお試しくださいね。

【関連記事】
ダニアレルギーの子供がいる家庭におすすめの掃除機ランキングBEST3!選ぶ時は4つの注意点に気を付けて!

ハウスダストを退治する掃除方法!ハウスダストアレルギーの子を持つ我が家の掃除術

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします