家計・暮らし

【2019年版】引っ越しの挨拶のギフト8選と挨拶のマナーを徹底解説

新年度を迎えるにあたって引っ越しする人も多くなる季節です。

新しい場所で気持ち良いスタートを切るためには引っ越しの挨拶が欠かせません

しかし、いざ引っ越しの挨拶となってもどのようなルールがあるのか、どのようなギフトを持っていったらいいのか悩んでしまうものではないでしょうか。

この記事では、引っ越しの際の挨拶についてオススメの品をはじめ、挨拶のマナーなどについて詳しく説明していきます。

 

引っ越しの挨拶は今まで住んでいた近所の方にもするのが礼儀!

引っ越しをするとき、新しい家の近所への挨拶をすうるほうがいいことはほとんどの方がご存知だと思いますが、忘れがちなのが今まで住んでいた家の近所のお宅への挨拶です。

必ずしもしなければならないことはないのですが、引っ越しの日は大きな車が来たり物音がしてご迷惑をかけてしまいます。

ですから、引っ越しが決まったら前日までには菓子折りなどを持って挨拶しておくといいでしょう。

 

引越し先への挨拶のタイミングやマナーを知っておこう

引越し先への挨拶は、今後その土地でお世話になるという意味を込めるほか、引っ越しの当日は大きな車や業者の方が出入りしたりするので、ご近所の方へ迷惑をかけることを考えてしっかり挨拶しておくのが大切なのです。

では、そのタイミングやどこまでの範囲の方へご挨拶すればいいのかを詳しく解説していきます。

 

新居の引っ越し挨拶のタイミングはいつがいいの?

引越し先への挨拶はいつのタイミングで行うのがいいのでしょうか。

先にも述べましたが、引越し当日は人の出入りや大きな車が通りますので、早めに伝えておくべきです。

できれば引っ越しの前日までに引っ越しの日を伝えておくとご近所の方も心構えができます。

特に普段から小さな子どもを外で遊ばせている方などは、車が出入りするから公園へ行くなどの対応ができます。

 

引越し先のご近所への挨拶は何時頃がいいの?

一般的に女性の一人暮らしの場合は、身の安全を守るためにあえて引越し挨拶はしなくてもいいとされていますが、基本的に引越し先への挨拶は行いましょう。

古くから引っ越しするときは挨拶をするものだというのが常識化しているため、挨拶をしないで暮らしていると常識がないと思われてしまう恐れがあります

しかし、引っ越しの挨拶をしたのに常識がないと思われてしまうケースがあります。

それは、挨拶のタイミングです。

先程もお話しましたが、引っ越しの当日よりも前に挨拶しておくのが理想ですが、挨拶に伺ったときに相手のお宅が留守の場合があるでしょう。

その場合は日や時間を改めて伺えばいいのですが、挨拶しなければならないことばかり考えて遅い時間や朝早く訪問するのは常識的にNGです。

引っ越しの挨拶に適しているのは、土日の昼間、10時から17時の間くらいの時間がベストです。

もしもその時間に伺っても会えなかった場合、平日に伺ってみましょう。

何度か日や時間を変えて伺っても会えなかった場合は、手土産に手紙を添えてドアノブにかけておきましょう。

手紙だけをポストに入れておいて、引っ越しが終わってから手土産を持参してもいいでしょう。

 

引っ越しの挨拶は家族全員で行くべき?

引っ越しの挨拶はできるだけ家族全員で伺うべきです。

夫婦だけでも問題はありませんが、どんな人が近所に越してくるのか不安に思っている方もいるかもしれません。

また、子どもを連れて行って騒がしいことがあったら遠慮せずおっしゃってくださいなどと先に話しておくことができます。

同じくらいの子どもがいるお宅でしたら、子どもを通じてお付き合いすることが増えるでしょうから、子ども同士が顔を合わせておくといろいろな情報を共有してくれることもあります。

 

挨拶は簡単に、以下の内容を伝えればいいでしょう。

・どの家に住むか

・引越し当日は騒音でご迷惑をかけることへのお詫び

・今度お世話になることへのご挨拶

 

引っ越しの挨拶はどのくらいの範囲までするの?

引っ越し先での挨拶は、どの程度の範囲まですればいいのでしょうか。

古くから「向こう三軒両隣」という言葉がありますが、これは一戸建ての場合両隣の家と向かいの3軒の家に挨拶をするということです。

自分の家の真向かいの家とその両隣、そして自分の家の両隣に挨拶しに行くと5軒になります。

ただし、自宅の裏にあたるご近所さんとの距離が隣接している場合は、裏の3軒にも挨拶しておくべきです。

一軒家の場合は特に自治会や子どもの登下校の班などでお世話になることが多くなるので、できればこの8軒にはご挨拶しておいたほうが安心です。

マンションの場合両隣と真上の階、真下の階のお宅へ挨拶をしておきましょう。

賃貸の場合は大家さんへの挨拶をしておくのを忘れないようにしないといけません。

 

引っ越しの際に持っていく手土産について知っておこう

次に引っ越しの際の挨拶で持っていく手土産についてマナーや注意点を解説いたします。

どのようなものを選べばいいのか、のしはつけるかなどわかりやすく解説いたします。

 

引っ越しの挨拶で持っていく手土産にはのしをつけるべきか必要ないかどっちなの?

挨拶に行くときには手土産を持参していくのがマナーとなっていますが、のし紙をつけなければならないという決まりはありません。

ただ、のし紙には自分の名前を書くところがあるので、書いて渡せばご近所の方たちに名前を覚えていただけるという意味ではつけることをオススメします。

ちなみに、引っ越しの挨拶の際は包装の外につける「外のし」です。

のし紙には、紅白の蝶結びの水引が印刷されているものを使用します。これは入学式や卒業式など、何度祝ってもいいお祝いの時に使われる水引です。

そして、今まで住んでいた家のご近所さんへの挨拶の際は水引に「御礼」と書き、下の部分に自分の名前を書きます。

引越し先の新しいご近所さんへの手土産には「ご挨拶」と書き、蝶の結び目の下に自分の名前を書きます。

 

引越しの挨拶で持っていく手土産にはどんな注意点があるのか知っておこう

引っ越しの挨拶に持参する手土産ですが、避けたほうがいいものは以下のものです。

 

・日持ちしないお菓子

すぐに渡せないことを考え、すぐに賞味期限が切れてしまうようなものは控えましょう。

また、チョコレートなど気温が高くなると溶けやすいものも避けたほうがいいでしょう。

・冷蔵庫や冷凍庫に入れなければならない食べ物

お留守で直接渡せない場合、ドアノブにかけておけないことと相手方の冷蔵庫の場所を取ってしまうようなものは避けた方がいいでしょう。

・置物など好みが分かれるもの

相手がもらっても困るような置物や、インテリア雑貨は好みがあるのでもらっても嬉しくないことがあります。

・高額なもの

相手を困らせてしまうような高額なものは避けましょう。
相場は500円~1,000円です。

 

引越し挨拶の際の手土産のオススメ

手土産として避けたほうがいいものをお伝えしましたが、ではオススメなものはどのようなものでしょうか。

第一に、相手が気楽に受け取ってくれる金額のもので普段よく使うものを選ぶといいでしょう。

 

日持ちするお菓子やコーヒーの詰め合わせ

定番はお菓子ですね。それも日持ちするものを選ぶといいでしょう。

開けたらすぐに食べなければならないということがないので、個別包装になっているものがオススメです。

また、それまで住んでいた地域で有名なお菓子があれば会話のきっかけになりますので、そういったものを選ぶのもいいでしょう。

また、ドリップコーヒーなど手軽に楽しめるものもオススメです。

 

・スターバックスコーヒーギフト

 

4件分のギフトセットです。引っ越し挨拶ののしが無料でついていて、名字を印刷してくれます。

コーヒーを飲まない家庭でも来客用に必要になることもあるので、もらっても困ることはないでしょう。

 

・東京風月堂 ゴーフレット24枚入

軽い歯ざわりで程よい甘さのクリームが挟んであるゴーフレットは、小さなお子さんでも食べやすいお菓子です。

日持ちもするので、引っ越しの挨拶ギフトにオススメです。

もらって嬉しい消耗品

誰もが使用するトイレットペーパーや手肌に優しい食器洗い用の洗剤など、見た目がおしゃれで使えばなくなるものがオススメです。

また、普段使えるラップの詰め合わせなど、使い慣れているものもいいですね。

 

・ORANGE IDEAL 挨拶用ギフト 【引越し】 トイレットペーパー 粗品 パンダ クマ ネコ

可愛い包装が目を引くトイレットペーパーのセットです。

引っ越しの挨拶がプリントされているので、まさに引っ越し挨拶にぴったりのギフトですね。

・サランラップ バラエティギフト SVG10B

ラップやクッキングシートなど、あっても困らないもののセットです。

これならどの家庭でも使えますので引っ越し挨拶用のギフトとしてオススメです。

 

・ヤシノミ洗剤 ピーターラビットキッチンギフト

「人と地球にやさしい」がコンセプトのヤシノミ洗剤が可愛らしいピーターラビットのパッケージになっています。

スポンジもうさぎの形をしているので、食器洗いが楽しくなりそうです。

 

・フロッシュ 食器用洗剤 リーフスポンジギフト

洗剤はコンパクトなサイズですが、フロッシュの洗剤は主婦に人気です。

2種類の洗剤とリーフ型のスポンジのセットになっているので、喜んでもらえるオススメのギフトです。

 

シンプルで使いやすいタオル

タオルは引っ越し挨拶の時の定番ギフトですが、選ぶポイントはシンプルなデザインで使いやすいものを選ぶことです。

タオルといえども個性的な柄やキャラクターのプリントが入っているものだと好き嫌いがあります。

柄を選ぶなら、ドットやストライプなどシンプルなものを選ぶようにしましょう。

 

・林 タオルギフト 四国今治 ドット ブルー ウォッシュタオル 1枚入り 今治タオル 34×35cm GI051101

ふんわりした触り心地が気持ち良い今治タオルは、吸水性がとてもよいタオルです。

赤ちゃんの肌にも優しいタオルなので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にも安心してお渡しすることができます。

 

・今治謹製 紋織 ウォッシュタオル 2枚セット IM1031

こちらのタオルも吸収性の良い今治タオルが2枚セットになっています。

落ち着いた色なので、ご年配の方にも使っていただけるでしょう。

 

まとめ

引っ越し挨拶のマナーやおすすめの手土産についてご紹介してきました。

このようにご近所への挨拶をはじめに行なっておくことは、今後の生活を快適にするために大切なことです。

そして、それまで住んでいたところにもお世話になった挨拶をしておくことで、新しい土地うに引っ越しても変わらない良いお付き合いができるでしょう。

挨拶に来られて嫌な気持ちがする人はそういません。

引っ越しの挨拶は、礼儀を重んじる日本人ならではの素敵な慣習ではないでしょうか。

ぜひこの記事を参考にして新しい生活を気持ちよくスタートしてください。

 

【関連記事】
転勤族の整理整頓術!頻繁な引っ越しに対応するテク【5人家族編】

転勤族ママが気をつけた幼稚園選びのポイント

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします