産後 育児・子育てイライラ

【実体験】やばかった…私の産後ストレスの原因と試して良かった対策7つ

はじめまして。
とにかく泣き止まないタイプの赤ちゃんだった息子との生活によって、ストレスが爆発しそうだった母です。

あなたは産後、ストレスが溜まりやすくなったと感じませんか?
感情の浮き沈みが激しく、精神的な疲労が溜まっていませんか?

産後のママの不安定な感情には、原因があります。
ストレスの原因を明確にすると、効果的な対策が見えてきますよ。

こちらでは、イヤイヤ期ややるやる期の子どもの育児よりも、産後のストレスの原因と対策をお伝えしたいと思います。

産後のストレスの原因とは?

産後のストレスや辛い気持ちを和らげ、ママが心地よく過ごすためにはまずはストレスの原因を知っておきましょう。

ママのストレスの原因を追究することが、効果的な対策を知るための第一歩です。

ホルモンバランスの乱れ

産後は、ホルモンバランスの乱れが自律神経に影響し、感情の浮き沈みが激しくなります。

この症状は、人によって程度は異なりますが、ほとんどのママに起こります。(※1)

そして、慣れない育児での緊張感や寝不足などにより自律神経活動はさらに悪化し、ママはリラックスすることが難しくなってしまいます。(※2)

このような悪循環に陥ってしまうと、子どもの夜泣き時期が終わり、纏まって眠ることができるようになるまで、過度のストレスを抱えた状態が続いてしまいます。

【参考URL】
(※1)「助産師による産後ケアに関する勉強会」開催報(関西ろうさい病院)、2019.01.23


【参考URL】
(※2)(ケニヨン(中北)充子)、背中のオイルマッサージには産後の女性をリラックスさせる効果があるのか?!、2019.01.23

泣き声による苛立ちや落ち込み

産後のストレスの原因の中でも、懸命にお世話をしても泣き止まない赤ちゃんの声を聞き続けることによるストレスは、非常に大きいのではないでしょうか。

私のように、自分の子の泣き声だけ大きく、不快に感じるという意見も多く見受けられます。

言葉を話せない赤ちゃんにとって、泣き声とはヘルプです。

一日中泣いている赤ちゃんは、一日中ママに「助けてー!」と大声で叫んでいるということですね。

しかし、赤ちゃんは何をどうして欲しいのかは決して教えてくれません…

赤ちゃんを愛しているママは、赤ちゃんの気持ちをわかってあげられないことで落ち込んだり、イライラしたりしてしまいます。

パパの育児能力の低さ

産後は多くのママがパパとの関係にストレスを感じています。

一番に挙げられる原因は、パパの育児非協力や育児レベルの低さでしょう。

ママは妊娠期間や出産の分、早く親になったことを実感し、責任感を持ちますよね。

それに対してパパは、赤ちゃんを腕に抱いた時に初めて実感したという人が多いのです。

平均的に、ママとパパでは親になるということの早さが違うと言えます。

そんなパパに対して、本音では「何で私ばかり!?」という気持ちを抱くママも多いのです。

孤独感を感じる

妊娠や出産で、育児休暇を取ったママや、退職し専業主婦になったママの中には、社会からの孤立を感じて孤独感をつのらせる人もいます。

まるで、赤ちゃんと二人で家に残され、「育児だけしていれば良い」と言い渡されたかのような心境でいるママもいるでしょう。

さらに、現代では「ご近所さん」という付き合いがほとんどない地域もあります。

パパの帰りが遅いママは、平日はほとんど赤ちゃんとの一方通行の会話しかしないという人もいます。

そんな孤独感の正体の一つに、承認欲求があります。

母親だって、頑張っていることを評価されたいし、「褒めてほしい」と感じます。

これは甘えではなく、人として当たり前の欲求なのです。(※1)
(※1)産後 1ヶ月時と 3ヶ月時の母親の孤独感とその露響要因
2019.01.25

いつまで辛いのかわからないこと

赤ちゃんの夜泣きなどの悩みを人に打ち明けると、「いつかは終わるから!」というアドバイスや慰めをもらうこともありますよね。

しかし、最高潮に寝不足だった時の私は、
「じゃあ、いつ終わるのか教えて!」と思ってしまったことがあります(汗)

何かと手がかかる赤ちゃんのママも、「いつまで」という期限付きの忍耐ならそこまで苦しまないのではないでしょうか。

あと何時間泣くのか、あと何カ月続くのかわからないから耐え難いストレスなのだと感じます。

産後のストレス体験

産後の子育てが辛い、ストレスだと感じる体験をお悩みアンケート(※1)や私の体験からご紹介します。

ママが「私も!」と思う悩みはあるでしょうか。

【参考URL】
(※1)子育てがつらいと思う時(妊娠・出産&口コミ情報サイト コンビタウン)、(コンビ株式会社)、2019.01.24

自分のための時間がない

「まとまった睡眠時間が取れない」
「息抜きをする時間がない」

など、自分のための時間が取れないストレスは、ママの悩みランキング1位となっています。

私も世のママたちと同じように、自分のための時間が取れないことが一番辛かったです。

「ママなのだから頑張らなきゃ!」というようなプレッシャーがあり、完璧主義になって、さらに休めなくなっていたように思います。

寝不足に加え、慣れない育児での緊張感から解放される時間がなく、時には無気力な状態になりました。

感情をコントロールできない

「感情のコントロールができない」という悩みは、ママの悩みランキング1位の「自分のための時間がない」と僅差の2位です。

私は赤ちゃんが何をしても泣き止まない時、トイレに逃げ込んで泣くということが度々ありました。

イライラを解消できず、過度のストレスから発汗していました。その時の気持ちを一言で表すと「おかしくなりそう」です。

自分は育児に向いていないと感じ、不甲斐なさから涙が止まりませんでした。

わからないことが多い

赤ちゃんの気持ちを汲み取るには、経験が必要ですよね。

しかし、私は息子が赤ちゃんの頃、なぜ泣き止まなかったのか今でもわかりません(汗)

泣いている理由がわからず、途方に暮れて赤ちゃんと一緒に涙を流す日もありました。

さらに、初めての育児ではお風呂補助、離乳食など、赤ちゃんの成長の節目で慎重になるため、時間がかかり重労働に感じました。

パパや実家に頼れない

育児を一人で抱え込むママは
「パパが勉強不足で預けるのが心配」
「実家が遠方のため頼れない」

などといった事情を抱えています。

我が家もパパの帰りが遅く、ほとんど育児を頼れない状況でした。

パパが赤ちゃんと離れ、仕事ができることを羨みケンカをしたこともあります。

日曜日も、赤ちゃんのお世話は慣れている私になりがちなことにストレスを感じていました。

話し相手がいない

赤ちゃんが生まれる前は、育児中に寂しくなるなんて想像できませんでした。

しかし、産後孤独を感じているママはたくさんいるようです。

疲れがとれない中、ママは言葉を話せない赤ちゃんにたくさん話しかけますよね。

我が子が可愛らしい反応をしてくれるのは嬉しいのですが、次第に大人との会話が恋しくなりました。

効果的なストレス対策7つ

こちらでは、私が産後ストレスを強く感じている時に、実際に試し効果が高いと感じた対策をご紹介します。

まずは効率的に考える

基本的な赤ちゃんのお世話は全て行い、検索してさまざまな方法を試しても泣き止まず途方に暮れてしまう時、強いストレスを感じますよね。

そんな時はママの頭の中を「どうやったら泣き止むのか」から、「今のこのストレスをどうしよう」に切り替えてみましょう

赤ちゃんを泣き止ませる方法が尽きてしまった場合、ママのストレス解消の方法に目を向ける方が効率的で、頭も整理されます。

睡眠時間の確保

時間ができたらすぐに寝れるように、常に準備しておきましょう。家事は最低限にしておくのがおすすめです。

やはり、過度の寝不足の状態は、情緒不安定を長引かせてしまうと実感しました。

赤ちゃんの健康管理の次に、ママの睡眠を大事にしてほしいと思います。

しかし、「家事を最低限に」と言っても難しいというママはたくさんいるでしょう。

家計や家庭の維持をしていくためにする家事を最低限にするためには、「調節」が必要なんですよね。

我が家では、食材や日用品の買い出しをパパにしてもらうようにしたことで、私のストレスや疲労は激減しました。

24時間ス−パ−や100円ローソンが近くにあれば、帰りが遅いパパでも頼ることができるかもしれません。

プラネタリウムでヒーリング

「育児ストレスにプラネタリウム!?」と思われるママもいるかもしれません。
しかし、絶大な効果を感じたので、是非試してみてほしいのです。

まず、プラネタリウムはママ一人で楽しむのに丁度よい上演時間です。一時保育や馴れないパパでも、一時間くらいなら預けやすいですね。

プラネタリウムでは宇宙の歴史や地球の生誕を学び、美しい映像の中でその壮大さを感じることができます。

すると、自分の解決しない悩みやストレスが、不思議と小さいことのように思えてくるのです。

ママと赤ちゃんが出会えた奇跡は、どのくらいの確率だと思いますか?それは数値にすることは不可能ですよね。

しかし、プラネタリウムでは、その途方もない奇跡を感じ取ることができますよ。

プラネタリウムを出る頃には、我が子に会いたくてたまらない気持ちになっているかもしれません。
(※1)

【参考URL】
(※1)(山田聡)、「星空」見上げてリラックス…病院内でプラネタリウム(yomiDr.(ヨミドクター))、(読売新聞社)、2019.01.28

日光浴で幸福を感じよう

適度な日光浴には、心のバランスを取る効果があります。

日差しの温かい日に、赤ちゃんと一緒にゆっくりと散歩をすると、穏やかで幸せな気分を味わえます。

寝不足や疲れからこもりきりになってしまうと、気持ちが塞ぎがちになるのでしょう。日光浴は心身ともに健康になります

耳栓泣き声を半減

耳栓は、よく泣くタイプで声の大きな赤ちゃんのママに、一押しのアイテムです。

もちろん、耳栓を使うからといって、赤ちゃんの声を無視するわけではありません。

私は100円均一で耳栓を購入したのですが、我が子の泣き声は十分に聞こえました。

しかし、全身で泣き叫ぶような泣き方の時に使用すると、体感としては半分くらいの音量になりました。

長いギャン泣きの時に使用すると、「あ−、もう!」となりにくいと思います。

ママも赤ちゃんも、ウィンウィンな手段ではないでしょうか。夜泣きのストレス対策として、一番効果を感じたアイテムです。

ママのお悩み解決アプリ

同じように産後のストレスを抱えたママとお話ししたいと思っても、なかなか出会う機会がないですよね。

育児に孤独を感じているママにおすすめなのが、育児について質問できる無料アプリ「ママリ」です。

私も先輩ママの紹介で登録していますが、産後ストレスを感じた時などに悩みを投稿すると、たくさんの励ましやアドバイスの回答が付きます。

質問だけではなく、同じ悩みを持つママに呼びかけ共感し合うこともできますよ。

涙活(るいかつ)で落ち着く

涙活とは、あらゆるストレスを解消する事を目的とした、意図的に涙を流す活動のことです。涙には大きな癒し効果があります。

長く続く育児の中で、いつも順調というママはいないでしょう。ほとんどのママには、時間でしか解決しない悩みを抱える時期があります。

解決策が見つからず、ただ耐えるしかないという時は、意図的に泣く習慣をつけると良いですよ。

子どもが寝た後に感動する映画を見るのも良いですが、私は出産や入院中の生まれたての我が子の写真を見て、産声を思い出し泣いていました。

泣いた後は寝付きも良くなり、体力も回復しやすかったです。

産後うつの可能性は?

こちらで紹介したような産後のストレスの状態が、継続的に続く、またはママが限界だと感じる程辛い場合、産後うつである可能性があります。

ママが信頼できる心療内科を受診しましょう。

信頼できる病院とは、カウンセリングの時間をしっかりと確保し、症状や治療について説明がある病院です。

ママがしっかりと自分の症状について理解できないと、治療について不安を感じてしまいますよね。

病院のホ−ムページに、産後うつ外来や産後うつについて述べたブログ記事などがあると安心ですね。病院に行く前に確認しておきましょう。

まとめ

私は、お子さんの手がほとんど離れたという先輩ママに、

「その月齢は二度と帰ってこない。」
「どんなに辛くても、恋しくなるよ。」

このように言われたことがあります。息子の夜泣きを耐える日々の中でも、私の心に残り続けた言葉です。

泣いてばかりの赤ちゃんの育児は、本当に辛いものです。

しかし、いつかは愛しくなる日々なのだということを一日一回でも思い出し、産後のストレスを軽減しながら過ごせたらよいのではないかと思います。

【関連記事】
産後に夫婦仲が悪くなる理由と修復する方法

産後の過ごし方!外出はいつから?一人目では?二人目では?

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします