行事・おでかけ

子供に「ハロウィンしたい」と言われた時のママの対応方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。3児の子育てママライターです。

最近では、日本でも「ハロウィン」がメジャーになってきましたよね!

近年では、シーズンになるとさまざまなコスチュームやグッズが売り出されています。

アートメイクのグッズまであって本格的に仮装する人も増えました。

そして渋谷や六本木ではハロウィンの日に若者が仮装して街に集まっている姿を見かけるほどです。

だんだん定着しつつある行事になっていますね。



ハロウィンはお祭りがルーツ

ハロウィンとは10月31日に行われるお祭りの一種。秋の収穫や悪霊を追い出す宗教的な行事だったようです。

それがだんだん変化し、かぼちゃをくりぬいて作るランタンを飾り、子どもたちが仮装して近所のお宅にお菓子をもらってまわる「トリックオアトリート」になったようですね。

お菓子をたくさんもらえちゃうなんて子どもは大喜びですね!

マンションで行ってくれるところも!

スーパーなどでもハロウィン仕様のお菓子が売り出されたりしますので、子どもは興味津津です。

知り合いのマンションではハロウィンを行ってくれるようです。

事前に協力してくれるお宅を決めておき、子どもたちがマンション内を「ピンポーン」とまわるらしいです。

お菓子はマンションの理事会から出ているようです。なんだか素敵ですね。

雰囲気をハロウィンにしよう

子どもがハロウィンをやりたいと言っていても、本格的にやるにはいろいろ大変ですよね?

そんな時は雰囲気だけ楽しみましょう!

クリスマスツリーを飾るのと同じように、おうちの中のインテリアにハロウィングッズを飾ってみてはどうでしょう。

実際我が家でもかぼちゃのランタンに似せたものや、窓やガラスに貼るタイプの飾りを貼りつけたりします。

そして、なんといってもおやつ!

いつもおやつをハロウィン仕様に!少し奮発してハロウィンケーキなんかも良いですね。

最近はお店でもたくさん種類があります。

スーパーでもハロウィンパッケージになっているお菓子がありますよね。

いつものお菓子を少し変化させるだけでも、子どもは満足ですよ!



お友達と共有

我が家では、子どもがまだ幼稚園の時は、送り迎えの際に近所のお友達にあげたりしました。

100均などでも売っているハロウィンの小分け袋に、キャンデキーやチョコレート・クッキーなどを少し入れた気持ばかりのものを用意します。

子どもはお友達にあげるのもとても喜ぶんです。

子どもの友達が来たことも!

小学生くらいになると、学校のお友達だけではなく、習い事のお友達からももらったり、あげたり…お菓子交換のような感じになります。なので我が家ではいくつかお菓子を用意しておきます。

数年前にはお友達が「ピンポーン」と来たこともあります。

でも、もらいに来たわけではなく、お菓子を配りに来ていました。

なんか可愛いですよね。もちろんうちもお菓子を渡してあげました。

子どもたちの中でも定着しつつある行事なのかもしれませんね。

地域のイベントがある?!

そして近年では、街でハロウィンイベントを開催していることもあります。

参加チケットを事前に購入するのですが、お菓子を配っている協賛店があり、

そこを「トリックオアトリート」と言ってまわるのです。

子どもたちは地図をみてお菓子を配っているお店を探します。

協賛しているお店はさまざまで、ファッション店や喫茶店、ファーストフード店もありました。

仮装しているのは子どもたちだけではなく、親子で仮装している方もいますよ。

家族のイベントとして楽しめるので、イベントに参加するのもいいかもしれませんね!

親子共々楽しめますよ♪

お時間があったら是非いかがでしょうか?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします