命名・名前

男の子の名付け人気ベスト10を3年まとめ!2016~2018年分

我が子には最高の名前を付けてあげたい!と考えるのが親心。

命名辞典やあやかり名、姓名判断など、その方法は様々ありますね。

中でも“人気の名前ランキング”は多くの方が気になるもの、そして参考にされるものではないでしょうか。

その通り名付けるためではなく、人気の流れをある程度知ることで、名付けの方向性が定まってくるかもしれません。

各サイトで発表されているランキング結果をもとに、3年分を独自にまとめてみました。参考にご覧ください。

《2016年》男の子の名前人気ベスト10

2016年、男の子には壮大な自然を思わせる元気いっぱいの名前に人気が集まっていました!

ランキング2016

第1位 蓮(れん
第2位 大翔(だいと・はるとひろと
第3位 陽翔はると・ようしょう・ひろと
第4位 悠真ゆうまはるま
第5位 悠(ゆう・はる
第6位 樹(いつき
第7位 悠人ゆうとはると
第8位 陽太(ひなた・はるた・ようた)
第9位 湊(みなと
第10位 朝陽(あさひ

『蓮』はダントツ人気NO.1!

明治安田生命による名前ランキングを見ると、『蓮』が男の子の人気名前として初めてベスト10入りしたのは平成11年

それから現在に至るまで、その人気は衰えることなく、必ずランキング上位に入っています。

ここ数年は“音”を重要視する名付け方が定番。『蓮=れん』は、かっこいい響き!

オシャレなイメージ!といった男の子らしい“音”の名前ですから、不動の人気を保持し続けるのには納得ですね。

『蓮』は意味も素敵♡

蓮は訓読みで「はす」または「はちす」といい、水中に自生する草の名前です。

連なった実を付ける植物という意味から「連」と「艹」を組み合わせて『蓮』の字を用いるようになったと言われています。

夏に花を咲かせることから、夏産まれの男の子に付けても良いでしょう。

また、蓮の花は仏教を象徴する花としても有名です。

泥水の中であっても美し花を咲かせる蓮の花。

泥水を俗世間に例え、どのような世の中であっても自分らしい美しく清らかな心を持って生きることができる、そのような意味で名前に使用する例も多いようです。

『悠』と『陽』も大人気♪

漢字では、男女ともに『悠』と『陽』が大人気!

どちらの漢字も、身近な人の名前で見たことがある方は多いと思います。

音読みと訓読み、そして人名読みも含めると様々な読み方がありますが、「悠=ゆう・はる」「陽=はる・よう」のいずれかに人気は集中しているようです。

また、2つの漢字ともにその意味にもとても強い魅力を感じます。

「清らかな心」「神聖」等の花言葉も素敵な名前の由来になりそうですね。

【悠】にある素敵な意味

ゆう・ちか・はる・ひさ等、多くの人名読みを持つ『悠』

ここ数年の子供の名前を見ると、男女限らず本当にたくさんの名前に使われています。

この漢字を上下に分解してみましょう。

上にある「攸」は、人の背中に水をかけ、洗い流すことが語源とされています。

その下に「心」をプラスし、邪気をきれいに流して心が清められる様子を表す漢字となったそうです。

心に余計な物を持たずゆったりと落ち着いている様子、そこから、ゆったりしている・気が長い・はるか遠くへと転じ、遠くにいる人を想うという意味が派生していきました。

現在は「悠々自適」の熟語にあるように、気持ちを大きく穏かに保つことといったイメージが定着しています。

落ち着きがありどっしりと構えるおおらかさ、心の広さ、スケールの大きさが伺える、男の子にぴったりな素敵な漢字です。

【陽】にある素敵な意味

太陽そのものや、ポカポカと太陽の光が当たる場所を表す『陽』の字は、そこから派生して積極的・明るい・明らかといった意味を持つ漢字です。

成り立ちは、「阝」が天につながる“はしご”、「昜」が宝石を置く台座を表し、宝石が天まで届くほどの美しく強い輝きを放っている様子から生まれた漢字であると言われています。

そこから太陽の光=太陽そのものを表すようになったようです。

一般的なイメージ通り太陽を思い浮かべ、強い・明るい・大きいなどの意味を持って名前に使われることが多いでしょう。

最近は「はる」の読みで使われることが大変増えました。

上位ランキング外では陽輝(はるき)・陽斗(はると)・陽葵(はるき)・陽真(はるま)等の名前も見られます。

《2017年》男の子の名前人気ベスト10

「蓮」の影響からか、一文字漢字がとても多くランクインしているのが2017年です。

ランキング2017

第1位 大翔(だいと・はるとひろと
第2位 蓮(れん
第3位 悠真ゆうまはるま
第4位 陽太(ひなた・はるた・ようた)
第5位 悠人ゆうとはると
第6位 樹(いつき
第7位 蒼(そう・あおい
第8位 新(あらた・しん)
第9位 湊(みなと・そう)
第10位 陽大(ひなた・はるた・ようた)

漢字一文字名前の魅力

名前を漢字一文字で表すと、苗字から書き連ねたときにすっきりスマートに見える、これが大きな魅力です。

また、数えきれないほどの漢字がある中でたった一文字を選ぶことから、その漢字に両親が込めたい思いがストレートに伝わるのもメリットですね。

たった1つの漢字にスパッと決める潔さも伺えます。

ランクインした一文字名前はどれも日常的に使われるものばかりで、多くの人がパッと見た瞬間にどういった意味を持つ漢字であるかを想像できるものばかり。

読み方も一般的に知れ渡っているため、読んでもらえないといった心配がありません。

テーマは“自然”が圧倒的多数!

自然に関する漢字を使った名付けは、ここ数年の圧倒的人気テーマかもしれません。

植物を表す「蓮・樹・蒼」、海に関する「湊」、太陽や空に関連またイメージする「大翔・陽太・陽大」

自然というものは人がこの世に誕生する果てなく遠い過去から存在していたのかもしれず、自然の力なくして人は生きることができません

また、人がどれだけ知恵を振絞り研究や努力を重ねても、自然の力を操ることはできません。

そういった意味でも、自然にちなむ名前は大変スケールが大きく、男の子らしさあふれる名前になると言えるでしょう。

《2018年》男の子の名前人気ベスト10

いよいよ、最も新しい名前ランキングです!

ランキング2018

第1位 蓮(れん
第2位 湊(みなと・そう)
第3位 大翔(だいと・はるとひろと
第4位 陽翔はるとひろと・ひなと)
第5位 樹(いつき
第6位 陽太(ひなた・はるた・ようた)
第7位 悠人ゆうとはると
第8位 蒼(そう・あおい
第9位 朝陽(あさひ
第10位 陽斗(はると・ひなと)

定着した人気が持続!

2016年~2017年に人気だった名前が2018年でも変わらず上位に連なって見られますね。

『陽』は相変わらず不動の人気を保持していることがわかります。

止め字にある「翔・太・人・斗」は、もう男の子の名前ランキングから外れることはないかもしれない、そう思わせられるほどの人気ぶりです。

明るい未来に希望を馳せる名前

子供の名前を考える際、多くの方が子供の将来を思い描くことでしょう

どのような大人になってほしいかと考えるとき、同時に明るい未来になってほしいと願うものです。

明るい輝き=『朝・陽』、広い空=『翔・悠・大』、豊かさ=『樹・蒼』、これらの漢字に人気が集まるのは、そういった願いがあってこそなのかもしれません。

根強い人気★「はる・ひろ・ゆう」

主に漢字の意味やイメージを取り上げながらランキングの傾向を見てきましたが、読み方についても一定の方向性を感じることができます

「はる・ひろ・ゆう」はソフトなイメージ

人気の名前にある読み方を取り上げると、「あ行・な行・ま行・や行・ら行」のいずれかが必ず含まれていることがわかります。

これらの行はすべてソフト音と言われ、その他ハード音と組み合わせても全体を優しくソフトに響かせることができるのです。

刺々しく強く逞しいイメージの名前よりも、優しく穏かで丸みのある音、耳に心地良い音であることを重視した名前を付けたい、そう考える方が圧倒的多数であると言って間違いないでしょう。

男の子に求める優しさ

昭和の時代は、「剛」や「強」のように、強く逞しい意味やイメージの漢字が使われる名前が大多数を占めていました。

戦時中を生きた人も多く、戦争の足跡が目に見えて感じられる世の中であったことが影響しての結果だと推測できます。

時代が変化するにつれ、男の子の名前にはそのような漢字の使用頻度が減っていきます。

同時に、漢字よりも響きを重視した名付け方が主流となっていきました。

響きでは主に「優しい音(ソフト音)」が使われています。

そして、パパやママは強さよりも「優しさ」を願いに込めることが増えていくのです。

響きと想い、どちらにも優しさを取り上げた名前が増えたことは、平和で安泰した世の中を生きていることの象徴なのかもしれません。

新元号との関連名前に注目!?

さて、今年は元号が新しくなりますね。子供の名前は時代を映す鏡であるとも言われます。

平成時代に見られた名付けの特徴

平成を振り返ると、名付けにおいては次のような特徴が見られました。

・キラキラネームが一斉に流行!現在は下火気味…

・しわしわネーム?とも言われた古風な名前の良さが見直された。

・響きを重視する名付けが主流に!読み方が多様化した。

2019~2020年のブームはいったい!?

2019年4月には新元号が発表され、5月から新しい元号になりますね。

節目となる年に生まれる赤ちゃん。

“スタートの年”に何らかの希望や期待を寄せたいと考える人は少なくないはずです。

そして、2020年には東京オリンピックが開催されます。

活躍する選手も楽しみですし、その選手にちなんだ名前にも人気が集まるかもしれません。

2019~2020、どういった名前に人気が集まるのか、注目したいですね!

【関連記事】
男の子名前で「自然を感じさせる」かっこいい名前458個集めてみた

古風でかっこいい男の子の名前を450個集めてみた

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします