出産 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期

【実体験】切迫早産で転院してわかった出産を大学病院に選ぶ大きすぎるメリット(個人クリニック派だった私が大学派に変わった理由)

現在0歳と3歳の姉妹を育児中のママライターです。

私は長女を妊娠中、切迫早産のため個人クリニックから大学病院への転院を経験しています。

34週での転院ということもあり、

「赤ちゃんは大丈夫かな?…」「これから一体どうなるの?…」

と、出産までの毎日を不安いっぱいで過ごしたことを今でも覚えています。

それと同時に「大学病院」というと、堅苦しいイメージしかなかったので、今まで通っていた個人クリニックで出産できないという状況に酷く落胆もしました。

この記事を読んでくださっているあなたはきっと、私と同じような不安を抱いていると思います。

だけど心配する必要はないですよ!

大学病院にはいいところがたくさんあります。だから私は自分の意志で、2人目の出産も大学病院を選びました。

今回は私の経験を元に大学病院での出産のメリットとデメリットについて個人クリニックと比較しながらお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

安心・安全が1番!ママも赤ちゃんも嬉しい大学病院のメリット

さきほどもお話ししましたが、私は切迫早産のため34週で大学病院へ転院しました。そして35週に入ったその日に自宅で破水し、早産で長女を出産することとなったのです。

そんな私が大学病院で出産を終え “よかったな”と思えたところを4点お伝えしていきますね。

安心感◎!最新機器が揃ってて緊急時の対応力がバツグン!

まずメリットを一言であらわすと、安心感が半端ないです。

大学病院では最先端の治療を研究しているため、最新の設備がそろっています。

そして病院内に様々な診療科があるため予定外の検査が必要になったとしても、即時に対応してもらえるところが1番の魅力だと思いました。

例えば採血1つにしても個人クリニックでは他の業者に検査を依頼するため、結果が出るまで数日待つように言われることが多いですよね?

でも大学病院では病院内に検査をする設備があるため、少し待てば結果が出ます。

検査結果が出るまでの数日間を不安に過ごすこともなく、仮に検査結果に異常があったとしても早めに次の治療に取り掛かることができるのです。

緊急帝王切開にも早急に対応できる(個人医院はできないところも)

また出産に関わるところで例を挙げると、緊急帝王切開があります。

赤ちゃんや母体に危険が及ぶ場合、緊急帝王切開が行われる場合があります。

個人クリニックでも計画的な帝王切開はおこなわれていますが、医師の数が少ないところも多く緊急時には別の病院へ搬送されることも考えられます。

その点大学病院では各分野のスペシャリストが病院内に在中し、予定外のことが起きても対応できるだけの人員や設備があります。

出産においてなによりも大切なことは、赤ちゃんと母体が健康であることです。

そのため緊急時に最善の対応をしてもらえるということが、大学病院で出産する1番のメリットであると私は考えています。

NICUやGCUが併設されている

こちらは病院によって異なるとは思いますが、私の出産した病院ではNICUとGCUが同じフロアに併設されていました。

まず本題に入る前に、それぞれの機能について簡単に紹介しておきます。

【NICUとは(新生児特定集中治療室)】

低出生体重児をはじめ、先天性疾患を持った赤ちゃん及び妊娠、分娩経過で治療が必要と判断された赤ちゃんなど新生児疾患の全般が対象となります。

(※1)

【GCUとは(新生児治療回復室)】

NICUで急性期を過ごしたあと、自宅退院に向け、もう少し経過観察が必要な赤ちゃんや、成長・発達に合わせ家庭環境に適応できるような関わりが必要な赤ちゃん、環境調整中の赤ちゃんの看護が行われています。また、両親に対しては、抱っこ・沐浴・哺乳などの退院後の生活に欠かせない育児指導を行っています。

(※2)

長女は35週で生まれたため37週までの約2週間、GCUでお世話になりました。

早産であったもののNICUでお世話になることはありませんでしたが、万が一赤ちゃんに異常があった場合、専門の機関がすぐそばにあるということは非常に心強いものです。

新たな搬送先を探す時間も必要なく、すぐに赤ちゃんに適切な処置がなされるだけでも大学病院を選ぶ価値はあると思います。

大切なのは赤ちゃんとママの命を守ることなのですから。

そしてありがたいことに私が出産した病院のGCUは産科と同じフロアに併設されていたため、ほかのママと同じように母子同室とまではいきませんが、3時間毎に面会に行くことができ、授乳やおむつ替えのお世話をすることができました

もし個人クリニックで今回のような早産になっていた場合、赤ちゃんは出産直後に設備の整った別の病院へ搬送されていたはずです。

産後に母子同室ができず、“そばに居られないことからくる寂しい気持ち”や“赤ちゃんに対して申し訳ないと思う気持ち”で自分を責めることもありました。

それが退院するまでは赤ちゃんに会うこともできない環境だったら…と考えるだけでも辛くて胸が痛みます。

たとえ3時間置きにでも娘に会える環境であったGCUが併設されている大学病院は、私にとっては本当にありがたい場所でした。

これ以上に転院する可能性は、ほぼゼロ

大学病院に転院が決まるまで、個人クリックでは何度も転院の可能性を示唆されていました。

「今の状態なら大丈夫だけど、ここでの出産が危ないと思ったら転院してもらう可能性もあります。」

と言われ続け、“どこで出産するのかも決まらないなんて…”と不安な日々を過ごし、ストレスも溜まる一方でした。

妊娠期間中はストレスのない生活を心掛けたいものですが、当時の私は転院の可能性ばかりを考え、ストレスだらけの毎日を過ごしていました。

最終的には34週で個人クリックから大学病院へ転院となり、初診から1週間もせずに出産したため、本当に大学病院で良かったなと思っています。

先が見えず不安な日々を過ごすくらいなら、いっそのこと早い段階で転院を言い渡されていたほうが、精神的に平穏な妊娠期間を送れていたのではないかと今では思います。

そのため同じように転院の可能性を匂わせられている人は、家族とよく相談し、早めに転院の決心をすることをオススメします!

その方が安心ですし、転院の可能性が頭をよぎることもなくストレスフリーですよ。

体重管理にうるさくない

妊娠期間中で大変なことといえば、体重管理です。

一般的には標準体型の方で妊娠期間中に7~10kgの増加が望ましいとされています。

しかし私が通っていた個人クリックは体重管理がかなり厳しく、当時は苦労していました。

妊娠後期に1ヶ月で2kg近く増えてしまった際は標準増加の範囲内であったにも関わらず、助産師さんから食べた物を必ずメモして次回に持ってくるようにと指導が入ることも…。

実際には体重増加で指導されることが怖く食事をほとんど摂っていませんでしたが(これは絶対にダメです)、体重増加の数字だけ見て厳しく指導されたことも多々ありました。

産科医には尿があまり出ず、浮腫みが酷いことも伝えていたのですが、そんなことはお構いなしの助産師さんの指導がとても辛かったです。

そもそも切迫早産なので運動もできないし、食事も食べてないのに体重増加で怒られと散々な日々を過ごしていました…。

一方で2人目を妊娠時の大学病院では全期間を通して「これから増えやすくなるから、気をつけてね」と妊娠中期に1度話されただけでした。

自分でもきちんと気を付けていたし、うるさく言われないのでストレスもなく快適でした!

病院によるとは思いますが、特に個人クリニックでは少しでも出産のリスクを減らすために、体重もかなり厳重に管理する必要があるのかな?と感じました

ここでは大学病院で出産することのメリットを4点お伝えしましたが、すべてに共通していえるのは“産前産後ともに安心できる環境が整っている”ということです。

娠から出産するまでできるだけストレスや不安が少なく、穏やかに過ごすことのできる環境が私にはとても魅力的に思えました。

大学病院のデメリットは個人クリニックのメリット!あったら嬉しいけど、なくてもそれほど困らない

ここまで大学病院のメリットをお伝えしてきましたが、個人クリニックと比べると劣ってしまうこともあります。

ここでは私が感じた大学病院で出産することのデメリットについてお伝えしていきます。

産後の特典はない

まず代表的なものを挙げるとすれば、「産後の特典」がないことです。

個人クリニックでは産後のママへ、アロママッサージや夫婦でのちょっぴり豪華なディナー、おくるみや授乳クッション、アルバムなどの豪華なプレゼントがあったりするところも多いですよね?

もちろん、大学病院ではそういったものはありません!

それでも出産直後の赤ちゃんの写真と足型を台紙に貼ってプレゼントしていただけたので、それは大切な宝物です。

当然といえば当然なのですが、個人クリニックと比べると少し物足りないなと感じてしまうためデメリットとして挙げておきます。

会計の待ち時間が長い

これも大きな病院ならではのデメリットなのですが、全診療科の会計窓口が一緒なので会計の待ち時間が長いです。

妊婦健診自体は予約制だったため、それほど待たされることはありませんでしたが、どれだけ早く健診が終わったとしても、長い時では1時間以上待たされたこともあります。

個人クリニックに通っていた時は診察さえ終わってしまえば、会計はすぐにしていただけたので、これには驚かされました。

運よく椅子に座ることができればまだマシなのですが、座る場所もない時はとても辛かったです。

私の通っていた病院では会計準備が整った人から電子掲示板に番号が出るシステムだったので、併設されているカフェで時間をつぶすことができました。

ただし余計な出費もかかるので、お財布的にはちょっぴり痛かったです。

食事は基本的に病院食

これも想像通りだと思うのですが、食事は普通の病院食です。

個人クリニックでは豪華な食事を売りにしておられるところも多いので、フレンチなどを期待していた方には残念なお知らせだと思います…。

実際に私も産後の食事をとても楽しみにしていたので、大学病院へ転院になった際は“病院食か…”と少し残念に思いました。

けれど私がお世話になった大学病院では産後3日目の夕食のみ「お祝い膳」が用意され、ステーキやてんぷら、赤飯やデザートなどが立派なお膳に盛り付けられ、お品書きや出産祝いのメッセージとともに提供されました!

それまでは病院食で過ごしていたので、思いがけないプレゼントに感動したのを今でも鮮明に覚えています。

もしかしたらあなたが転院する大学病院でもそういったサービスがあるかもしれませんので、気になる方は聞いてみてもいいかもしれませんね。

入院中に病院食を食べ普段の食事の有難さを噛みしめることができたので、これはこれで良かったのかなともポジティブに考えています。

ただ少しお腹が空くので、産後特に食事制限が無ければ面会の方に差し入れを頼むのもオススメです!

出産時に研修医の立ち会いあり

大学病院は診療だけではなく、研究や新しい人材を育てる教育機関でもあります。

そのため事前に許可は取られますが、健診や分娩時に研修医が見学することに協力してほしいとお願いされます。

“見学することで将来の優秀な産科医さんが育ってくれるなら…”と少し上から目線で見学を承諾したものの、実際の分娩時には想像以上にたくさんの人が入って来て驚きました

他人がたくさんいたので出産後の感動にはあまり浸れなかったのですが、どこからともなく聞こえてくるたくさんの“おめでとうございます”は素直に嬉しかったです。

ただし旦那さんが立ち合い出産する場合は、旦那さんにも事前に研修医の見学について話し合っておいた方が得策です。

後から「そんな話聞いてない!」なんてことにならないように…。

シャワー室の確保が困難

私がお世話になった大学病院ではシャワーに入れる時間帯が決まっており、その時間内に空いているシャワー室を自分で探して30分以内に入らなければなりませんでした。

これが産後の身体には結構負担で、まず部屋からシャワー室が遠く、たどり着いても他の方が使用中の時は他の場所を探さなければならなかったので、何度も挫けそうになりました。

今日はやめようかなと思った日もあるくらいですが、産後は清潔第一だったので頑張りました!

切迫早産などで出産前に入院されている方は、事前にシャワー室の予約ができるようで無駄足を踏むこともなく“いいな~”なんてうらやましく思っていました。

一方で個人クリニックでは全室個室のところも多く、なかにはシャワー室も室内に完備されているところだってあると思います。

入院生活の快適さについては、大学病院はなかなか太刀打ちできないだろうなと感じました。

ここまでお伝えしたように、大学病院のデメリットは個人クリニックのメリットです!

そのため配慮してもらえればとっても嬉しいのですが、なくても困りはしません。

もっと言えば、大学病院は妊娠出産の過程において必要なサービスを必要なだけ提供してくれる場所ということになります。

個人クリニックでは他の病院とは違った特色を出すことで、多くの人に利用してもらう努力をされているので、いろんな魅力的なサービスが提供されています。

そのため個人クリニックのメリットが大学病院のデメリットに感じてしまっても仕方がないのかなと思います。

まとめ

大学病院のメリットとデメリットについて、私の経験を元にお話しさせていただいたのですが少しでも参考になったでしょうか?

さいごになりましたが過去の私と同じように大学病院での出産に不安を持っているあなたに伝えたいことがあります。

出産には赤ちゃんとあなたの2人分の命が懸かっています。

今までお世話になった個人クリニックから離れるのはつらいかもしれませんが、個人クリニックの産科医も無事に出産してほしいからこそ大学病院へ転院させるのです。

そして転院先の大学病院では、常に万全の体制をとりながら無事に出産を迎えることができるようサポートしてくれます。

安心して身を任せ、無事に出産できる日を迎えて下さいね!

その日を迎えるために、この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

【引用URL】
(※1) NICU・GCU(特定機能病院 福井大学医学部附属病院 看護部)、(​ アクセス日:2019年1月22日​ )

(※2) NICU・GCU(特定機能病院 福井大学医学部附属病院 看護部)、( アクセス日:2019年1月22日 )

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします