育児の悩み・疑問

成長と共に赤ちゃんの泣く理由も増える!我が家の赤ちゃんは何故泣く?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

はじめまして。1ヶ月の娘を育児中のママライターです。

生まれたての赤ちゃんはお腹が空いた、おむつを替えてほしいくらいでしか泣きませんが、

成長とともになんで泣いてるんだろう?と分からない事が増えてきますよね。

今日は赤ちゃんが泣く理由についてお話していきます。

赤ちゃんがなぜ泣いているのかわからない時は参考にしてみてください。



赤ちゃんはこんな時に泣く

赤ちゃんは大人のように話して気持ちを伝える事は出来ません。

泣いて知らせる事が仕事なのです。

ではどんな理由で泣いているのでしょうか??

★お腹が減ったとき

赤ちゃんが最もよく泣く理由でもあります。

お腹が減ってきて、おっぱいやミルクが欲しいときに泣きます。

また、おでかけしたり少し暑かったりすると喉が渇いてきて泣いたりもします。

離乳食がはじまるまでは3、4時間に1回はお腹が減ってくるのでそろそろだと思ったらミルクをあげてみましょう。

飲んだ後にゲップがうまく出ずに気持ち悪くて泣いていることもあるので、

気をつけてみてあげましょう。

★眠たいとき

お腹がいっぱいになるとすんなり寝れる子もいますが、

眠ることがヘタクソで眠たいのにうまく寝れずに泣いてしまう子もいます。

赤ちゃんを抱っこしてゆらゆらしてあげてみてください。

ママの体温に安心して眠れるかもしれません。

目の周りなどをガシガシとこすっている場合は眠たいサインでもあります。

★おむつが気持ち悪いとき

オムツは汚れていませんか?

おしっこが冷たくて気持ち悪かったり、うんちが出て気持ち悪いと感じると不快で泣きます。

特に生まれて間もない頃は回数も多いのでこまめにチェックしてあげましょう。

しっかりとおむつを替えてあげていると、大きくなった時にオムツを卒業するのがはやくなりますよ。



★暑い、寒いとき

おむつもミルクも大丈夫なのに泣き止まないという時は、

部屋の温度は大丈夫か見てあげてください。

赤ちゃんは大人のように上手に体温調節が出来ません。

頭の後ろや背中などを触ってあげて、汗ばんでいないか・冷たくなっていないかをチェックしてあげましょう。

おくるみで巻いてあげたり、1枚服を脱がせてあげるとすっきりして泣き止むことがありますよ。

★抱っこしてほしいとき

お腹の中にいたときはいつも包み込まれていて常にママの声が聞こえていたのに、

生まれてくると赤ちゃんは1人ぼっちのような気持ちになってしまうのです。

四六時中抱っこされていないと泣いてしまうという赤ちゃんもいます。

お母さんもずっと抱っこをしておくのは大変なので、

周りに助けてもらいながら赤ちゃんをなるべく安心させてあげましょう。

★退屈なとき

寝返りができるようになるまでは身動きができないので、

誰も視界にはいらなくなると退屈で泣く事があります。

つかめるおもちゃを渡してあげたり、お母さんが話しかけてあげたりしてかまってあげましょう。

★体調が悪いとき

どんなにあやしても泣き止まず、機嫌が悪い時はしんどくて泣いている可能性があります。

体温をはかって熱がないかを確認したり、ぐったりしていないかなど様子をしっかりみてあげましょう。

赤ちゃんが泣く理由はたくさんある

いかがでしょうか?

赤ちゃんが泣く理由はこんなにもたくさんあるのです。

赤ちゃんがどうしても泣き止まない時はこれらの理由を一通りチェックしてみてあげてください。

ただグズっている場合は根気よく付き合ってあげましょう。

【関連記事】

なぜ泣いてる?赤ちゃんの泣く理由を元保育士ママが解説

知らなかった・・・赤ちゃんが泣く本当の理由

イライラしてごめんね!赤ちゃんの夜泣きストレス解消法


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします