家事アイテム

【2019年最新版】クローゼット収納術と優秀アイテムをご紹介!

ファッションアイテムの収納には、タンスよりもクローゼットが効率的♪

たっぷり収納できて見やすく取り出しやすい方法と、あると便利な収納アイテムをご紹介します。

『クローゼット』とは?

クローゼットとは、そもそもどのような収納アイテムのことを言うのでしょう?簡単にご説明します。

クローゼットとは?

クローゼットとは、衣類を主に吊るすことを目的に作られた収納ボックス。

頭くらいの高さにポールが付いており、本来はコートやワンピースのように高さのある衣類を収納するために使われるものです。

昔はタンスと併用して使われていましたが、最近はタンスを使わずクローゼットのみを使うご家庭が増えました。

一般的な大きさは?

昔は天井に届かないタイプの小型のクローゼットが主流でした。

数枚のコートやワンピースをかけられれば良いという程度のものです。

最近は天井まで届く、まるで作り付けのように見える高さのあるクローゼットが主流となっています。

下の方にできる空間に低いタイプの引き出しや衣装ケースを置いたり、上の方にできる空間にカゴを置いて使うこともできます。

幅は小さなもので60cmくらいから、好みに合わせて壁一面に設置できるタイプもあります。

タンスに比べて奥行が浅く圧迫感がありません。

押し入れをクローゼットにすることも可能!

わざわざクローゼットを買わなくても、押し入れを改良してクローゼットのように使うご家庭も多くあります。

特に、団地やマンションなど、限られたスペースの中に新しい家具を置くのは…と考える場合には、その方法がおすすめ!

押し入れのふすまをはずし、その中を収納スペースとして活用すれば、見た目もオシャレになります。

目隠ししたい場合はカーテンを取り付ければ簡単ですし、一般的なクローゼットよりも奥行があるので、たくさんのものを自由自在に収納することができます。

ただし、通常の押し入れは仕切り板が入っているため、丈の長い洋服を吊るすことができない場合が多いでしょう。

ウォークインクローゼットとは?

ウォークインクローゼットとは、一言にすると「洋服のための小部屋」

部屋全体に収納することができ、中に人が入って選んだり片づけたり、広さがあれば着替えることもできます。

最近の新築家庭には多いかもしれませんね。

ウォークスルークローゼットとは?

ウォークスルークローゼットも、最近の新築家庭に見られるになった収納のための一角です。

部屋とは異なり、“廊下”をイメージすると良いかもしれません。通り抜けられるよう出入口が2つあり、それぞれが別の部屋へと続いているのが特徴です。

タンスよりも優秀☆なぜクローゼット?

衣類の収納には昔からタンスが定番です。しかし、大きくて場所を取るタンスの置き場に困ったり、畳んで片づけたタンスの中がぐちゃぐちゃに…という経験はありませんか?
一方でクローゼット収納には、たくさんのメリットがあるんです!

アイテムに相応しい収納ができる

ロングスカートやワンピース、コート類などは掛けて収納

棚を設置すればトップス類は畳んで収納が可能。靴下やカバンもカゴ等を活用すれば見やすく収納できます。

アイテムごとに相応しい収納ができるので、「着ようと思ったらシワが…」という困りごとを防止。アイロンがけの手間を省くこともできます。

スペースが広い!

高さの限られるタンスに比べ、クローゼットなら床から天井まですべてが収納スペースになります。

全体的に広く、たくさんのアイテムを収納することができるのもメリットです。

季節によって使わないアイテムを手の届きにくい高い場所に設置するのも良いでしょう。

子供のものは取り出しやすい下段に設置することもできます。

ライフスタイルに合わせて収納方法を変えることができるのも、クローゼット収納の大きな魅力です。

片付けやすく取り出しやすい

掛けて収納する衣類は、洗濯後ハンガーにかかったままの状態で片づけることができます。

全体が見渡せるのでどこに何があるかを把握でき、取り出しやすいのも嬉しい点です。

毎日のコーディネートにかける時間が短縮でき、洋服選びも楽しくなることでしょう。

効率抜群!収納術実例&便利アイテム【衣類編】

実際にクローゼットを活用されているご家庭の実例を踏まえ、そのメリットを最大限に活かす効率の良い収納術をご紹介します。

使える便利アイテムも一緒にご覧ください!

衣類に合わせてポールをプラス


http://www.rinsimpl.com/archives/8859211.html
丈の短いボトムスや増えがちなトップスを収納するために、もともと付いているポール以外に突っ張り棒をプラス。

吊るして収納する衣類を増やすことで、畳む手間をより省くことができ、片づけが楽になります。

突っ張り棒は強力タイプを!

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,280 (2019/08/25 23:05:41時点 Amazon調べ-詳細)
洋服はたくさん掛けると重量があり、弱いと落下してしまいます。

クローゼット内で使う場合は強力タイプを選びましょう。購入する際は長さをきちんと確認しましょうね。

子供服なら3段収納も可能


https://roomclip.jp/photo/t8u8
サイズの小さな子供用衣類なら、つっぱり棒プラスで3段の吊り下げ収納もできます

よく着るものは子供が自分で取り出せるよう下のポールに、時々しか着ないお出掛け着や季節ものは上のポールに。

小さくて畳んでも崩れやすい子供用衣類こそ、吊り下げ収納が効率的かもしれませんね。

自由自在に高さ調節!


https://www.goo.ne.jp/green/column/kurashinista-20170210_2000000601.html
こちらも子供用のクローゼット。

2段、3段と段数を変えるだけでなく、フックやポール、チェーンなどを活用してさらに高さを調節し、様々な丈の衣類を快適に収納しています。

低い位置まで無駄なく活用し、クローゼット内全体を吊り下げ収納場所として活用する素敵なアイディアです。

フック&ポールのセット商品が便利

POSH LIVING(ポッシュリビング)
¥699 (2019/08/25 23:05:42時点 Amazon調べ-詳細)
それぞれのアイテムは100均やホームセンターで購入することもできますが、専用のセット商品を購入すると簡単です。

押し入れを改良するなど、ポールそものもが付いていない場所に便利な調節可能取り付けラックもあります。

奥行があれば前後収納も◎


https://katazukeshuno.com/2016/05/5983/
奥行のあるクローゼットなら、段違いの前後に収納も良いですね。

よく使う洋服は手前に収納し、あまり使わないアイテムは奥に収納しても良いですし、丈で分けても良いかもしれません。

手前のポールはキャスター付きを!

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥960 (2019/08/25 23:05:42時点 Amazon調べ-詳細)
手前のポールは突っ張り棒ではなく、高さ調節のできるキャスター付のポールハンガーを置くことで移動が楽に。

奥の物を取り出したい時にも便利ですし、季節ごとで分ける場合も奥と手前を手軽に入れ替えることができます。

収納ボックスで衣替えも楽々


http://sakaguchiyuko.blog.jp/archives/4260522.html
普段よく着るトップスはすべて吊るす収納にすることで、畳む必要がなくなります。

どこに何があるのかも一目でわかりますね。

季節ごとに使わない衣類は、下段に設置した収納ボックス活用で衣替えも楽々に!

ごちゃ付きがちな靴下や下着類も、収納ボックス&カゴでスッキリとした印象になります。

収納ボックスはサイズも色々

収納ボックスは、実際に洋服を吊り下げてから選ぶと良いかもしれません。

サイズは高さも奥行も様々なので、間違いなくぴったりなものを選びたいですね。

白で統一させればシンプルになり、色柄様々な洋服と一緒に入れてもすっきり見せることができます。

カラフルに見せたい!という場合はカラータイプを選ぶのも良いでしょう。

高さを斜めに☆無駄なく収納


https://39.benesse.ne.jp/blog/0790/upload/detail/245/MjAxMV8wOF8yMiiMjimHgigwNDgptMY.JPG.html
吊るす衣類の高さを斜めになるよう揃えることで、下段に置く収納用品の選び方が変わってきます。

スペースに一寸の無駄を出さないよう配置し、より多くのアイテムをきっちりと収めることができていますね。

色分け収納でスッキリ!


http://simplehouselife.blog.fc2.com/img/201412191653515da.jpg/
色事に並べて収納することで、アイテムがたくさんあってもスッキリ見せることができます。

ショップのようにおしゃれに見えるだけでなく、コーディネートもしやすくなりそうです。

ハンガーを統一

https://www.instagram.com/p/BKU93o3hqIg/?utm_source=ig_web_button_share_sheet
ハンガーを揃えることで、洋服の上に見えるフック部分が統一され、洋服の色柄が様々でも全体的にすっきりと見せることができます。

木製ハンガーならナチュラルかつおしゃれに見えますし、スタイリッシュに揃えたいなら黒も◎。

スリムタイプを選べばたくさんの洋服をぺたんこにたくさん収納することができます。

ハンガーの選び方次第で印象もガラリと変わるので、好みに合わせたタイプで統一させてみてくださいね。

滑らないハンガーがおすすめ

ハンガーから洋服を取り出すときに、隣の服がずり落ちてしまう…そういったイライラを防止する、滑らないタイプのハンガーもありますよ!

ニット類は畳んで収納が必須

吊り下げる収納が便利!といっても、ニット類は伸びてしまうため畳んでの収納が必須ですよね。

そういった衣類は、このような吊り下げタイプのラックなどに入れて収納しましょう。

ニットだけでなく、クリーニングから畳まれて帰ってきたYシャツも同じように収納できます。

http://itsudemo-home.blog.jp/archives/27958040.html

折り畳み可能が便利

取り付けはポールに通すタイプと引っ掛けタイプがあります。

靴下などの小物も収納したい!という方にはボックス付きが便利です。

折り畳み可能なタイプを選べば、収納状況に応じて変化を付けられ大変便利です。

タンスを中心に使うクローゼット収納も◎


http://change-kataduke.com/closet-sikiri-mujirushigoods-1389
クローゼットを使っても、中にタンスを入れて畳む収納を主に取り入れる方法があります。

家族の衣類をそれぞれの引き出しに収納することで、みんなが自分のアイテムの定位置を把握し、取り出しやすくなります。

タンスを中にしまい込むことで部屋がスッキリ見え、また衣類の収納スペースを決めてしまうことで増えすぎを予防することもできます。

効率抜群!収納術実例&便利アイテム【小物編】

クローゼットに収納したいのは衣類だけではありませんね。

ごちゃつきがちな小物も、便利なアイテムを使えばきれいに収納することができますよ!

タンスを中心に使うクローゼット収納も◎


https://plaza.rakuten.co.jp/aburabouzu/diary/201006220000/
左側に設置された細高い収納ボックスを活用することで、隙間となるスペースを上手に活用することができます。

靴下やアクセサリー、ベルトなどの小物も、これならごちゃついて見えません。

前開きなら高い位置でも取り出しやすい

矢嶋屋
¥999 (2019/03/31 13:52:34時点 Amazon調べ-詳細)
引き出しタイプは高い位置の物を取り出すことが難しいため、前開きタイプがおすすめです。

1つずつ必要な数を揃えられる積み重ね仕様を選び、必要になったら買い足すという方法も良いでしょう。

帽子はピンチで落下防止


帽子の収納方法は様々ありますが、フックに引っ掛ける壁面収納はちょっと触てしまったら落ちてしまうし、1つずつ収納できるボックスは場所を取るし…と困っているご家庭も少なくないはず。

このようにピンチを使えば簡単には落ちませんし、帽子の形状を問わずに隙間なく収納することができます。

帽子は洋服に比べて軽いので、100均のツッパリ棒でもOK!

洋服を掛けるポールの上段や下段など、隙間を活用して実践してみてくださいね。

ノンスリップピンチがおすすめ

帽子の素材を選ばず、しっかり挟むことのできるクリップ。

ゴム付きなので、帽子にピンチの跡が残らないのも嬉しい便利アイテムです。

カバンは形状維持できる収納が◎


https://macky1010.blog.fc2.com/blog-entry-266.html
ママのバッグはついつい欲しくなり増えてしまいがち。収納場所に悩む方は多いはずです。

クローゼットの上段を利用して、形が崩れないように収納するアイディアがおすすめです。

1つ取り出しても他のバッグが倒れてこないよう、仕切りを活用すると良いでしょう。

ファイルボックスを活用

ライクイット(Like-it)
¥811 (2019/08/25 23:05:44時点 Amazon調べ-詳細)
バッグを折りたたまずに収納するには、手前がフラットになったファイルボックスを使うと良いでしょう。

カバンの高さも選ばないので、大抵のバッグは収納することができます。

ワイヤーネットで壁面収納


https://www.goo.ne.jp/green/column/kurashinista-20170210_2000000601.html
ワイヤーネットを使う収納であれば、ちょっとした壁面の隙間を有効に活用できます。

ハンカチを入れられるカゴを取り付けたり、フックを使ってアクセサリーやベルトを収納するのも良いでしょう。

見やすいので子供用の小物収納にもおすすめです。

ワイヤーネットは100円ショップで様々なサイズ、形状を購入することができます。

扉の裏まで収納場所に!


http://kuriz.jugem.jp/?day=20061220
小物の収納場所に困ったら、扉の裏まで有効活用してしまいましょう!

靴下やハンカチ、アクセサリーなどは、ウォールポケットを使えば見やすくきっちり収納することができます。

低い場所に取り付ければ子供が自分の物をさっと取り出すことができ、幼稚園へ行く準備を自分から進んでできるようになるかもしれませんね。

中身が見えると紛失防止に!

サキ(Saki)
¥1,404 (2019/08/25 23:05:45時点 Amazon調べ-詳細)
中身が見えるウォールポケットは小物収納に最適。

紛失防止にもなりますし、どこに何が入っているかがわかるので、お出かけの支度もスムーズに進みます♪

自分らしくカスタマイズ☆

いかがでしたか?数々のクローゼット収納アイディアと、使える便利グッズをご紹介しました。

クローゼットとひとことに言っても、自分らしくカスタマイズが可能☆

アイテムを活用しながら自分らしく使いやすいクローゼット収納を目指して実践してみてくださいね!

【関連記事】
【2019年最新版】キッチン収納術と優秀アイテムをご紹介!

いつの間にか増えているベビー服!スッキリ収納する5つのポイント

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします