子供の教育・成長・食事・遊び

【2019年最新版】子ども用歯磨き粉の人気おすすめランキング10選

子供の歯が生え始めたらすぐに始める歯磨き。

最初は歯ブラシ慣れさせるために軽く磨く程度だと思いますが、歯が増えるとともに気になるのが『歯磨き粉』ではないでしょうか。

色々なメーカーから販売されており、どれを使ったら良いかわからない…というママも少なくないはずです。

今回は、子供に歯磨き粉が必要な理由、使うメリット、そしておすすめの歯磨き粉をご紹介します。

歯磨き粉はいつから使って大丈夫!?

歯が生え始めてすぐに使う必要はありません。

飲み込んでしまう可能性もあるので、上手に使える時期を見極めましょう

ペッと吐き出せるようになってから

それまで使って来なかった歯磨き粉。

特にきっかけがなければ、無理して用意する必要はありません。

子供が欲しがったり、歯磨き粉があることで歯磨きを嫌がらなくなる…などの理由から興味を持たれるママもいるかと思います。

そんなとき、今日からすぐに!と使い始めるのではなく、上手に使える時期を見極めることが大切です。

目安はお水などを口に含み、ペッと吐き出せるようになってから。

子供ができるようになる時期には個人差がありますが、目安として1歳半~2歳でできるようになる子供が多いです。

ママの話を聞けるようになってから

歯磨き粉は遊び道具ではありません。

チューブからぷにゅっと出る歯磨き粉が楽しくていたずらしてしまう可能性もありますが、歯磨きのときだけに使う、たくさん何度も使いすぎないなど、ママの話をきちんと聞けるかどうかも大切です。

日頃の子供の様子を見て、大丈夫だと判断する目安にしたいですね。

歯磨き粉を使うメリット

絶対に必要!ではない子供の歯磨き粉。

しかし、使うことによりメリットもあることを知っておきましょうね。

歯磨き上達のアイテムとして

歯磨きが嫌いな子供は少なくありません。

ところが、子供の好奇心をくすぐる歯磨き粉を用意するだけで、「歯磨きをしたい!」という気持ちが生まれやすくなります。

「使ってみたい!好きな味!」と子供が喜び、歯磨きを積極的にしてくれるようになると、その後の歯磨き上達にもつながります。

フッ素で虫歯予防に!

通常の子供用歯磨き粉には、フッ素が配合されています。

フッ素は歯の表面をコーティング強化し、柔らかい乳歯が酸による溶けることを防ぎます。

歯医者に行ってフッ素塗布をしてもらうこともできますが、歯医者を怖がる子供は多くいので、家庭で毎日行う歯磨きでのフッ素ケアは特に小さな子供には適切だと言えるでしょう。

その他

歯磨き粉はメーカーによって成分が様々です。

キシリトール配合であれば虫歯の原因菌を減らしたり、口臭予防成分が含まれるものもあります。

それぞれの成分は目的があって配合されており、選ぶ歯磨き粉によってそれぞれの効果に期待できることは間違いないでしょう。

おすすめ☆人気の子供用歯磨き粉10選

様々なメーカーからたくさんの種類が出回っている子供用の歯磨き粉。

人気の商品をランキング形式でご紹介します。

1位 チェックアップジェル(ライオン)

歯医者さんでも一般的に扱われている子供用歯磨き粉。

子供用歯磨きの定番品として、安心して使っているママも多い商品です。

研磨剤無配合なので、子供の柔らかい乳歯の表面を傷つける心配がありません。

ジェルタイプで泡立たず、歯の汚れがよく見えてしっかり研くことができます。

独自の処方でフッ素が口の中に留まりやすく、虫歯予防にも最適です。

2位 こども用はみがき(GC)

フッ素とキシリトールが配合され、虫歯を予防することを目的とした歯磨き粉。

こちらも歯医者さんで扱われている商品です。

ストロベリーの他、オレンジとアップルの3つの味があり、辛味がないので小さな子供でも口に入れやすく、歯磨き粉の導入としてもおすすめです。

3位 こどもジェルはみがき(パックス)

PAX(パックス)
¥463 (2019/06/19 10:08:15時点 Amazon調べ-詳細)

歯磨き粉は口に入れるもの。成分はやっぱり安心できるものじゃないと…と考えるご家庭には、こちらの商品が良いでしょう。

パックスは安心・安全をモットーに商品を開発するメーカー。

こちらも研磨剤や発泡剤不使用で、着色料は食品にも使えるベニバナ色素を使用するなど、原料にこだわって作られています

口からお腹に流れてしまっても安心という点から、自然派志向のママに人気です。

4位 キッズはみがきジェル(ロゴナ)

ロゴナは安心・安全に配慮したドイツのオーガニックメーカー。

自然から抽出した成分のみを使ったこちらの歯磨き粉は、配合されているいちごエキスやカモミールもオーガニック。

ペッと上手に吐き出せずに飲み込んでしまうこともあることを前提に、安心して使えるものに仕上がっています。

5位 キッズこどもハミガキ(エスケー)

大正7年の創業以来、長年の間、安心・安全をテーマに商品開発を続けてきた信頼のメーカー、エスケー。

界面活性剤、防腐剤、甘味料、粘結剤など、体に害があるとされる成分を徹底的に排除して作られた歯磨き粉です。

全成分をしっかり表示して販売されているので、商品の安全性には大変な自信のある商品だと見受けられます。

安心できる商品を使いたい!というママたちに人気の商品。

ドラッグストア等、どこでも扱われている商品ではありませんが、それでも人気が高いのは質の高さと信頼性に間違いがないからかもしれませんね。

6位 Doクリア薬用こどもハミガキ(サンスター)

DoClear(ドゥークリア)
¥119 (2019/06/19 10:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

子供に大人気のキャラクター、しまじろうをパッケージに起用した商品は、
「使ってみたい!」「これなら歯磨きできる!」と、子供の心をくすぐる商品です。

歯磨きをどうしても嫌がる…という子供なら、こちらの商品を使うことで歯磨き慣れさせることができるかもしれません。

フッ素配合で歯の質を高め、虫歯になりにくい環境を作ります。

辛味のないイチゴ味&グレープ味→辛みの少ないソフトミント味へと移行すると、成長に応じて大人と同じ歯磨き粉が使えるようになります。

7位 こどもハミガキ上手(丹平製薬)

丹平製薬
¥608 (2019/06/19 10:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

口に含んでくちゅくちゅすると、歯垢に反応して歯が赤く色づきます

その赤色がなくなるよう隅々まで磨くことで、歯の汚れをきれいに落とすことができます。

子供自信が上手に歯磨きできるよう促したり、ママが仕上げ磨きで使い虫歯予防することを目的としても良いでしょう。

口から飛び出した液が衣類や洗面台に付着すると落ちにくいので、上手にぐちゅぐちゅペッができるようになったお子様に使ってくださいね。

8位 ジェル状歯みがき(ピジョン)

歯磨き粉デビューの小さな子供のために開発された、優しい成分の歯磨きジェル

乳歯が生え始めた6~7カ月の赤ちゃんから使うことができるので、歯磨き粉デビューのための練習用にと考えると良いかもしれません。

赤ちゃん用の歯ブラシにつけたり、ママの仕上げ用歯ブラシに付けることで、乳歯の質を強くすることができます。

9位 はっぴーす(はぐくみプラス)

ママの産道にある乳酸菌「KT-11(クリスパタス菌)」と、母乳にも含まれる「ラクトフェリン」のW配合で、子供のお口の中の善玉菌を活性化。

虫歯菌を寄せ付けない強い歯を作るとともに、口臭の原因を根元から排除します。

害となる成分を一切使わず、すすぎ不要なので上手にできなくてもイライラしません。

ママも子供もストレスを一切感じない、親子にとって優しさいっぱいの歯磨き粉です。

また、歯磨きするごとに貯まるスタンプや音と映像で歯磨きタイムが楽しくなる、という専用アプリで子供が歯磨き好きになった!という口コミも見られます。

アプリでは歯科医や専門スタッフが、歯磨きに関するママの悩みにも的確に答えてくれますよ♪
公式サイト→https://www.hugkumiplus.net/

10位 こどもハミガキ ガリガリ君(ライオン)

子供に人気のアイス、ガリガリ君パッケージの歯磨き粉。

子供が喜んで歯磨きをしてくれるようになることに期待したい!というご家庭にぴったり。

ソーダ味とコーラ味の2種類あり、どちらもフッ素配合で虫歯を予防します

こちらは発泡剤や保存剤などが含まれるため、上手に歯磨きができるようになった小学生以上のお子様に使用されることをおすすめします。

歯磨き粉を使えば大丈夫!!ではありません!

子供が上手にペッと吐き出せるようになり、歯磨き粉を使うことができるようになったからと言って、虫歯にならないわけではありません。

大切なのは磨き方

歯磨き粉を使うと口の中がすっきりし、上手に磨けたような気持ちになります。

しかし、それは気持ちだけであって、子供の場合は必ずと言って良いほど磨き残しがあるものです。

子供に正しい磨き方を教えつつ、ママの手による丁寧な仕上げ磨きは怠らないようにしましょうね。

仕上げ磨きを行っても磨き残しがあるかもしれません。

歯科医院で仕上げの磨き方指導を受けることもおすすめです。

「食べたら磨く」を習慣づけよう!

フッ素やキシリトールが配合された歯磨き粉を使い、正しい磨き方を行っていても、食べ物を口に含んだ瞬間から虫歯菌は繁殖します。

「食べたら磨く」を習慣づけ、歯磨きと歯磨きの間に飴やジュースを口に入れないよう心がけましょう。

この習慣こそが虫歯を予防する第一歩。歯磨き粉を選ぶより最も大切だと言っても過言ではないかもしれません。

いかがでしたか?

歯磨きを嫌がる子供は少なくありませんが、歯磨き粉ひとつで虫歯が予防できたり、子供が歯磨きを楽しい!と思えるようになってくれると嬉しいですよね。

一生涯大切にしなければならない大切な歯
親子でストレスなく歯のケアを行えるよう、歯磨き粉選びも楽しんでみてくださいね!

【関連記事】
2歳児が歯磨きを嫌がる時に効果的な対処法

出来てる?ベストな歯磨きの仕方を歯科衛生士ママが教えます

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします