子供の教育・成長・食事・遊び

絵本の読み聞かせで私が感じたメリット4つ〜効果的だと思う読み聞かせ方法もご紹介〜

子どもは絵本が大好き!
ママやパパが読んで聞かせてあげるのはもちろん、保育園や幼稚園、児童館など様々な場所で絵本の読み聞かせを目にすることがあります。

「究極の早期教育」ともいわれる絵本の読み聞かせには、メリットがたくさん!!

そこで、私が実際に感じたメリットと、効果的な読み聞かせ方法、絵本選びのコツなどご紹介していきたいと思います。

改めて実感!絵本の読み聞かせによるメリット4つ

絵本の読み聞かせ、子どもには良さそうだけど具体的にはどんなメリットがあるのかしら?
と気になったことはありませんか?

調べてみると「絵本の読みきかせによるメリット」と考えられているものがたくさんありました。

その中でも、私が特に実感できたもの4つをご紹介します。

① 親子で自然なコミュニケーションが取れる

「ブックスタート」という言葉を聞いたことがありますか?

絵本を開くことで誰もが楽しく、赤ちゃんと楽しく心ふれあうひとときをもてるように」という願いのもと始められた、自治体の取り組みです。

0歳児健診などの機会に、子どもたちへ絵本をプレゼントしています。

もちろん、赤ちゃんはまだ絵本の内容を理解できませんが、親子で同じものに目線を向けて、親子で楽しさを共有することができます。

普段は家事に育児にと忙しいママも、絵本を読むときには一旦手を止めますよね。

抱っこして読んだり、手が触れたり、顔が近づいたり。

絵本を読みながら自然とスキンシップが取れていることもあり、子どもにとってはママやパパの愛情を感じられる時間になります。

これが読み聞かせの一番のメリットといえると思います。

② 想像力が育ち、感受性が豊かになる

子どもは絵本の世界でいくつもの人生を生きることができます。

男の子ならヒーローに、女の子ならプリンセスに。

誰しも一度は想像したことのある世界ではないでしょうか。

絵本を読み、想像力を膨らませることで、子どもの世界はどんどん広がります

そして、絵本の主人公はなかなか良いことを言っていたりします。

また、悪いことやいじわるなことをすると必ず自分に返ってきます。

「困難に打ち勝つ心」「くじけない心」、そして「悪いことをすると自分に返ってくる」ということまで、子どもは絵本の主人公と共に学んでいけるのです。

③ 語彙力が育つ

絵本の読み聞かせを通して、子どもが初めて耳にする言葉もあります。

興味を持つことで、子どもの語彙力が育っていきます

語彙力が育つと、更に絵本の内容がよく理解できるようになり、この後ご紹介する「読解力」へと繋がります。

我が家の息子は「これは何ていう意味?」とよく聞きます。

ニュースを見てもバラエティーを見ていても質問してきます。その原点は乳幼児期の絵本にあったな、と感じます。

小学生になると日記や作文の宿題が増えるので、「言葉をたくさん知っている」と表現も豊かになります。

④ 読解力がつく

小学校の保護者会で最近よく話題に上がるのが「子どもの読解力」についてです。

国語の問題はもちろん、算数の問題でも「結局どういうことを聞かれているのかが理解できず、答えに結びつかない」ことが多いそうです。

先生がかみ砕いて内容を説明すると、「あ、そういう質問だったんだ!」と答えがスラっと出てくる子もいるとか。

読解力をつけるポイントは
「たくさんの文章を読むこと」
「字を追うだけではなく、考えながら読むこと」

だと思います。

絵本の読み聞かせでも、読み終わった後に
「どうして○○だったんだろうね。」
「どうして○○したのかな?」
というような簡単な問と答えのやり取りでも、子どもは「考える」ようになります。

そして、これが読解力をつける一歩へと繋がります。

「面白かった」「キレイだった」など、最初は簡単な感想でOK!

自分の感想をママやパパが興味を持って聞いてくれると子どもは嬉しくなるので、どんどん感想を引き出してあげることができますよ。

効果的な読み聞かせ方法とは?

■オーバーに抑揚をつけたり声色を変えたりしない

私も以前は抑揚をつけたり登場人物ごとに声色を変えて読み聞かせをしていました。

もちろん、子どもたちも喜んで聞いてくれるので、得意気に読んでいましたがふと気がつくと・・・・・
「ママの声が面白かった!」
「ママ色んな声が出せてすごいね!」

子どもたちには「ママの声」の印象しか残っていませんでした。

絵本の世界を十分に味わってもらうためには、あえて淡泊気味に読むのが良いようです。

そうすることで、子ども自身が「この人はこんな声かな」「この人はきっとこんな人だ」と、自由に想像することができます。

子どもの想像の世界を狭めないためにも、落ち着いたトーンで淡々と読むのが良いようです。

■ゆっくり読む、子どものことを見ながら読む

先日、病院の待合室で子どもに何度も「絵本読んで」とせかされ、ものすごい早さで絵本を読んでいるママを見かけました。

「いやいや、それじゃ内容が全然分からないでしょ」と心でツッコミつつ、あれ?もしかして私も同じことしているときある?と焦りました。

確かに、夜寝る前の読み聞かせでも「早く読み終えて寝かせなきゃ」と思うあまり早口になってしまうことが。

それでは子どもは「絵本の世界を楽しむ」ことはできませんよね。

子どもが絵本の世界に入り込めるよう「ゆっくり」読むのはもちろんのこと、子どもの表情を確かめながらページをめくるなど、ぜひお子さんの表情にも目線を注いでみてくださいね!

年代別、絵本選びのコツとオススメ絵本

年代により興味や生活も変わる子どもたち。どんな絵本を選んであげたら良いのでしょうか?

【年少期】

あまり長くない、絵が多い本がオススメです。

繰り返しの言葉が面白かったり、リズムのよい絵本も子どもは大好きです。

また、生活習慣がテーマになっている絵本もたくさんあるので、「歯みがき」「トイレ」「早寝早起き」など子どもに教えたいことの絵本を選んでみても良いかもしれません。

■我が家のオススメ!

『よるくま』 

子どもの文化普及協会
¥1,080 (2019/05/21 14:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

作・絵:酒井駒子  出版社:偕成社

[オススメポイント]
絵に対して文章が少ないので、テンポよく読み進めることができます。

寝る前に布団で読み聞かせする本が欲しくて購入した1冊でしたが、息子たち2人とも内容を暗記するくらいお気に入りでした。

可愛い「よるくま」に癒され、ストーリーのあったかさに癒されます。

読んでいる私も最後にはあったかい気持ちで「おやすみ」と言ってあげられる、心がじんわりする絵本です。

【年中期】

起承転結のある、少し長めのお話しも楽しめるようになってきます。

家族やお友達との関わりの中で、相手の気持ちを考えられるようになり、少しずつ自立に向かって伸びていく時期です。

家族や仲間と何かを乗り越えたり、喜びを共有したり、そんなお話しも理解していける頃です。

ファンタジーや昔話など色々なジャンルに触れさせてあげるのもGOOD!

■我が家のオススメ!

『くれよんのくろくん』

作・絵:なかや みわ 出版社:童心社

[オススメポイント]
「くれよんのくろくん」シリーズはいくつか出版されていますが、この絵本が一番のお気に入り!

少し長めの物語ですが、「みんな違ってみんないい」個性を認め合うことの大切さが可愛いクレヨンたちの姿を通して描かれています。

子どもにとって身近な「クレヨン」が主人公なのもポイントです。

息子は読み聞かせた後、自分のクレヨンをじーっと見て何か考えていました(笑)

【年長期】

面白い絵本、ちょっと怖い絵本・・・など今まで興味がなかった分野にも興味が出てくる年齢です。

不思議な世界を描いた絵本や、好奇心を刺激するようなお話で世界観がぐっと広がります。

また物語だけではなく、図鑑や間違い探しなど、子どもが夢中になれる一冊を探して、一緒に楽しんでみるのもオススメです!

■我が家のオススメ!

『めっきらもっきらどおんどん』

作:長谷川摂子 絵:ふりや なな 出版社:福音館書店

[オススメポイント]
自分では絶対に選ばなかったな、と今でも思う一冊。

長男の通っていた保育園で大人気の絵本でした。

愉快な妖怪たちとの出会い、思わず口ずさみたくなる「ちんぷくまんぷく・・・」の言葉の面白さ。

現実ではけっして体験できない世界をのぞいてみることができます。

妖怪がちょっと怖い・・・でも気になる!そんな子どもの好奇心をくすぐる一冊です。

『ミッケ!』 シリーズ

写真:ウォルター・ウィック 文:ジーン・マルゾーロ 訳:糸井重里 出版社:小学館

[オススメポイント]
クイズ感覚の「探し絵本」といえばかつては「ウォーリーをさがせ!」が有名でしたが、最近の小学生には『ミッケ!』が大人気!

学校の図書館でも常に貸し出し中、みんなが夢中になって読んでいるため、いくつもセロテープで止めた後が・・・

我が家では寝る前に1ページだけ、とみんなで競争しながら探していました。

どうしても見つからないと、気になって眠れないことも!

写真もとても綺麗で、大人もついつい夢中になってしまう一冊です。

まとめ

私も幼い頃、お気に入りの絵本がありました。母がその絵本をとっておいてくれて、大人になってからその絵本と再会することができました。

年季がたってボロボロでしたが、その絵本を開くと当時の記憶が蘇るようでした。

大好きで、毎日読んで、暗記しているけど、また次のページを見たくなる。

ベストセラーでもテレビで紹介されるような有名な絵本でもなく、主人も友達も「知らない」というような絵本なのですが・・・
私にとっては特別な一冊です。

子どもたちにも、これからそういった特別な一冊との出会いがあるといいな、と思います。

ゲームや動画など、現代の子どもたちは魅力的なもの、刺激的なものに囲まれて幼少期を過ごしています。

それでも絵本のもつ独特な温かさや世界観、そして、ママやパパと一緒にページをめくる時間は、子どもの感情を豊かに成長させていくのではないでしょうか。

【参考文献】
あんふぁん12埼玉版、サンケイリビング新聞社、2018年11月9日発行

【参考URL】
絵本の読み聞かせ 子どもの「自己肯定感」を伸ばす|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE
、(アクセス日:2018年12月25日)

【教育研究家に聞く】子どもに絵本を読み聞かせる効果&年齢別のコツは? | 東京ガス ウチコト
、(アクセス日:2018年12月25日)

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら
、(アクセス日:2018年12月25日)

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします