結婚

戸建てとマンション両方住んで分かった!それぞれのメリット・デメリット!子育て世帯へのオススメはどっち?

いよいよ消費税も二桁時代へ突入です!
2019年10月から消費税が10%に引き上げられることが決定しました。

この増税を前にマイホーム購入という大きな買い物を考える方も多いのではないでしょうか?
いざ、夢のマイホーム購入!
でも・・・・戸建てとマンション、我が家にはどっちがいいの?

子育て世帯へのオススメはどっち?
みなさん一度は迷うところですよね。
そこで!!戸建てとマンション両方に住んでみた私が、それぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

[co-7]

子育て世帯が重視すべきポイントは?

住宅選びの際に、子育て世帯ならではの重視したいポイントがあります。
「子育て世帯」と一言で言っても、子どもの年齢により重視するポイントも変わってきます。

まずは自分がどの子育て世帯に当てはまっているのか考えてみましょう。(※1)

出産子育て世帯

これから妊娠、出産、乳児期の育児を控えている世帯。
出産後も共働きを考えている世帯にとっては、周囲の保育園状況、待機児童の数などもポイントになります。

さらに、もう少し先を見て小学校までの通学路(距離や安全面)、学童保育の場所などの確認も必要です。

また、この時期はベビーカーが必要になるというのも特徴です。
特にマンションの場合は玄関が狭い、廊下などの共用スペースにベビーカーは置けない、ということも多いのでベビーカーを収納できるスペースがあるかどうかも忘れずにチェックしたいところです。

ベビーカーや子ども乗せ自転車を使ったとしても、子ども連れの買い物はとても大変。
近くにスーパーがあるか、坂道はないか、など実際の生活をイメージして周辺を見てみましょう。

児童期子育て世帯

6歳~12歳くらいまで、一般的に「児童」と呼ばれる年齢の子どもを育てる世帯がイメージです。

小学校も中学年くらいになると「子ども部屋」を考える家庭も多いのではないでしょうか?

この時期の子どもにとって「自分の部屋」は憧れであり、「秘密基地」のようにワクワクするもの。

部屋を1つ与えられなくても、兄弟兼用の「子ども部屋」または「子ども用のスペース」があることで自立心の芽生えに役立つのでは?

また、小学生になるとお友達同士で外に遊びに行くことも。

通学路はもちろん、家の周辺の安全環境にも気をつけたいところです。

近くに大きな公園があったり、子どもが安全に遊べる場所があると嬉しいですね。

受験期子育て世帯

今は「リビング学習」などあえて子ども部屋は作らない、という家庭も増えてきましたが、児童期より上の「受験期子育て世帯」には子ども部屋、もしくは勉強に集中できるスペースが必要となってきます。

反抗期が重なってくるのもこの世代の特徴なので、プライバシーは確保してあげつつも、適度に家族との距離を保てることが重要です。
「あくまでも生活の基点はリビングに」ということで、リビングを通って個室へ向かえる間取り、リビングの一角に個室がある間取り、などが理想的かもしれませんね。

また、1人で行動する範囲や時間帯もぐっと増えます。
塾や部活などで帰宅が遅くなることもあるので、人気のない道、暗い道には注意したいところです。

購入者が語る!戸建てorマンションを選んだ理由TOP10

これは住宅情報サイトSUUMOが行った購入者アンケートの結果です。

新築マンションを購入した人、一戸建てを購入した人、それぞれに「今の住宅を選んだ理由」を聞いています。

マンションを選んだ人は「防犯性」「最寄り駅からの距離」「管理」など住宅の性能や立地に魅力を感じていることが分かります。

一方、一戸建てを選んだ人は「広さ」「間取り」「駐車場」と、土地・建物の広さを評価しているようです。

それぞれの長所、短所を理解して自分たちのライフスタイルと照らし合わせて考えていくことが必要なようです。

実際に住んでみて感じた!マンションのメリット・デメリット

我が家は結婚後、賃貸アパートからスタートし、約2年後に分譲マンションを購入しました。

そしてその約5年後に戸建てを購入し引越となりました。

戸建てに住み始めてまだ約2年ですが、マンションと戸建てを比較してみると、それぞれにメリット・デメリットがあることが分かりました。

【購入背景】

一番のポイントは予算と場所でした。

中古マンションでしたが外壁工事が行われたばかりで外観も綺麗に保たれており、私の実家に近いというのが大きなポイントでした。

子どもはまだ1人だったのでマンションの3LDKで十分だったこと、リフォームしても新築マンションよりかなり安く購入できたことも大きかったです。

[co-8]

【マンションのメリット】

■セキュリティがGOOD!!

それまでは賃貸アパート生活だったので、オートロックに安心感がありました。
防犯カメラも設置されていたし、何より管理人さんの存在が大きかったです!

かなりマメな管理人さんだったので、マンション内もいつも綺麗に保たれていましたし、カラスの被害や住民同士のトラブルを仲介している姿も見かけました。

■共有部分の清掃がいらない、ゴミ捨ていつでもOK

これも主婦にとっては嬉しい限りではないでしょうか。
廊下やエレベーターなどの共有部分には、管理人さんの清掃の他にも定期的に掃除会社が入っていたのでいつもピカピカ。

また、ゴミ捨てがいつでもOK、というのは特に夏場に助かりました。

■バリアフリー、家事の導線に無駄がない

戸建てに住んでいる今と比較してみて思うことですが、ワンフロアでの家事はとても楽チン!
洗濯物を2階に干しに運んだり、着替えの洋服を持って階段を往復したり・・・なんてこともありません。

また、自分が怪我をしたり妊娠したり、動きが制限されるとなおさらバリアフリー生活のありがたさが身にしみます。

【マンションのデメリット】

■お隣や上の階、下の階とのトラブル

我が家の両隣では猫を飼っていたため、その猫がベランダをつたって我が家に入ってきてしまう、ということが何回かありました。
しかも干していた布団にオシッコや嘔吐物を付けられてしまったことも。

また、上の階の足音も気になりました。普段は気にならないのですが、寝静まった時間に子どもの足音がタタタ・・・と聞こえると妙に気になりました。
でもきっと、我が家も新生児の泣き声、子どもたちのドタバタ、私の怒り声(笑)
ご迷惑をかけていたこともあるだろうと思うと「お互いさま」かなと。

■駐車場代が高い!しかも空いてない!

中古マンションだったので、入居した時には既にマンションの駐車場は満車!
地下に埋もれている形の立体駐車場でしたが、一番上の段(一番出しやすい)は月25,000円!

この金額に、マンション住まいの間は車を諦めていました。

実際に住んでみて感じた!戸建てのメリット・デメリット

【購入背景】

マンション住まい時代に2人目の子どもが産まれました。

2人とも男の子なのですぐに別々の子ども部屋は必要ないかなとは思ったものの、成長し中学生、高校生となった息子たちのことを考えると今の3LDKは手狭な感じがしました(3部屋のうち1部屋は和室だったこともありますが)

引越すならこのタイミングがベスト!と決断し、長男小学校入学、次男幼稚園入園のタイミングで戸建てを購入しました(都内は諦め郊外へ)

【戸建てのメリット】

■騒音が気にならない

 マンション時代あんなに気になっていた騒音に対するストレスがなくなりました。
 
下の階のことも気にせずに良くなり、子どもたちを必要以上に怒らなくてよくなったのもお互いにとってのメリットといえると思います。

■駐車や駐輪のスペースが広くとれる

駐車場付き物件が多いのも戸建ての魅力。我が家も念願のマイカーを持つことができました!
しかも玄関を開けてすぐに駐車場!

買い物した後や旅行や帰省で荷物が多い時などとても便利です。
自転車もマンションだと1家で2台までと決まっていることも多いですが、戸建てなら子どもの自転車もストライダーもキックスケーターも何でもOK!

子どもが成長すると1家で所有する自転車の数も増えるので、スペースが広くとれるのは嬉しいですね。

■部屋数が多い

ファミリー向け物件を見ると、マンションでは一般的に3LDKが主流ですが、戸建てでは4LDKが主流に。
家族間のプライバシーもしっかり確保できます。

4LDKなら子どもが成長しても、別々に部屋を用意してあげることもできます。
現在は1部屋を「子ども部屋」として使っており、子どもたちが工作をしたり小さなテントを広げたり楽しそうに使っています。

【戸建てのデメリット】

■町内会の班長やゴミ当番が面倒

町内会では何年かに1度、班長が回ってきて、班長は町内会の話し合いに出席したりイベントのお手伝いがあるそうです。
ゴミ当番も同じく、同じエリアで持ち回りにして行っています。

自分の当番の時にはゴミネットを設置したり、掃除したり・・・・
ここはマンション時代と比べると正直、面倒です

■セキュリティに不安も

個人でセコムなどに入らない限り、やはりマンションに比べるとセキュリティは劣るかな、と思います。
戸建ては窓が多く、それら全ての施錠を確認してから出かけることも一苦労!

また、我が家は1階がリビングになっています。
涼しい季節はエアコンを付けず、本当は網戸で過ごしたい・・・

でも、夕方以降は、網戸1枚挟んだ向こう側に道路があると思うと防犯面からちょっと不安を感じています。

まとめ

戸建て、マンション共に住んでみてそれぞれのメリット・デメリットを改めて感じました。

我が家は今、「児童期子育て世帯」に当てはまり、これから息子2人も成長していきますし、いずれは受験も控えそれぞれの部屋が必要になってくると思います。

何より、今のやんちゃ時期にのびのび遊んでいる姿を見ると、やっぱり我が家には「戸建て」での生活が合うのかなと感じています。

一般的にメリット・デメリットと言われていることが全て自分たちに当てはまるわけではないので、

自分たちのライフスタイルを考えて優先順位を検討していくことが最も大事だと思います。

家族みんなが笑顔で過ごせる家が見つかるといいですね!

【参考URL】
(※1)12項目で比較 マンションVS一戸建て | 住まいのお役立ち記事
、(アクセス日:2018年11月30日)

【その他参考URL】
徹底比較!「戸建て」と「マンション」購入するならどっち?|マイホーム購入の知恵袋|ミサワ分譲ナビ
、(アクセス日:2018年11月30日)

子育て世代!住宅選びのポイント | セルフ型仲介のマッチングサイト YANEURA
、(アクセス日:2018年11月30日)

戸建住宅VSマンション!子育てにオススメなのはどっち? | ママの求人
、(アクセス日:2018年11月30日)

\\暮らしに役立つ関連記事はこちらから//
【家族4人】生活費の目安は?節約のコツ

学資保険はいつ入るのがベストか考えてみた

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします