ベビー用品

買ってよかった!折りたたみベビーベッドの口コミで人気商品8選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんとの新しい生活に向けて準備を進める中で、本当に必要か、代用できるものはないかと考えてしまう物もありますよね。

中でも『ベビーベッド』は場所を取ることもあり、購入を迷われるご家庭は本当に多いようです。

今回は、そんなご家庭にもぴったりな、コンパクトになり収納に困らない『折りたたみベビーベッド』をご紹介します!

買って良かった♪という体験談も一緒にご覧ください。



ベビーベッドを使うメリット

正直、ベビーベッドは絶対に必要!というものではありません。

しかし、あると非常に便利な物であることは間違いありません。

ベビーベッドを使うメリットからお話していきます。

赤ちゃんの安全性

生まれたばかりの赤ちゃんは、とっても小さく華奢。

パパやママ、兄弟姉妹と一緒の布団で寝ることで、赤ちゃんが踏まれたり寝相の悪さで覆いかぶされてしまうことがあります。

また、ベッドの場合は転落や隙間に挟まってしまうといった事故が実際に起きています。

周囲を柵で囲まれたベビーベッドには、そのような危険から身を守ってくれる役割もあります。

ママの負担を軽減

日中や夜中のおむつ替えの際、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせた状態であれば高さが保たれるので、ママの腰への負担が軽減されます。

また、夜中に赤ちゃんと別々のお布団で寝ることで、ママが熟睡しやすくなるのもメリットのひとつです。

清潔を保ちやすい

ベビーベッドは高さがあるため、床の埃やカーペットのダニなどから赤ちゃんを守ることができます。

ペットを飼っているご家庭や、アレルギー体質の赤ちゃんには、このメリットは大きく影響すると言って良いでしょう。

また、床に密着しないため布団の裏側に空気が通り、程よく湿気を逃すこともできます。

ベビーゲージになる

ママのお料理中やお掃除中に、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせておくことで少しの時間、目を離すことができますね。

家の中には危険がいっぱいなので、ママがどうしても手を離せないときにはとても便利です。

ただし、つかまり立ちをするようになってからは、柵をガタガタ揺らしてロックが外れる危険性がありますので、充分な注意が必要です。

大切★ベビーベッドを選ぶ7つの基準

購入したけれど、実際はあまり使わない…では勿体ないですよね。

ベビーベッドのメリットを最大限に活用するために、選ぶ基準として次の項目をチェックしましょう。

1.住環境に合った大きさ

赤ちゃんがゆったり寝られるように、できるだけ長く使えるように、という理由で、大きいサイズを購入するのは失敗のもと

一番は、ご自宅のスペースに合う大きさであるかが大切です。

いくら使い勝手が良くても、家族が生活するうえで邪魔になると感じてしまえば、長く使うことが難しくなります。

設置する場所を予め決め、その場所に合うサイズのベッドを購入しましょう。心地よく使うために、サイズチェックは大切です。

タイプ別大きさの基準

◆スタンダード…内径120cm×70cm
◆ミニ…内径90cm×60cm
◆ハーフ…内径60cm×70cm

こうして比較すると、ハーフサイズはスタンダードサイズの半分の大きさ!このサイズなら、家が狭くても置けるわ!というご家庭もあるかもしれませんね。

キャスター付きであれば、通常サイズの扉を通ることができて移動がスムーズという利便性があります。

ただし、小さいものは使える期間も短くなります。サイズとともに使用できる年齢も合わせてご検討ください。

2.安全基準に適合しているか

ベビーベッドは便利なアイテムですが、誤った選び方をすると赤ちゃんの命を脅かす危険に遭遇することもないとは言い切れません。

日本では安全基準に適合した商品には国が定めたPSCマークが付けられていますので、購入の際にはしっかりチェックしたいですね。

3.柵の開き方

四辺を囲う柵は、一辺のみが開くもの、両側2辺が開くものがあります。

それぞれ使い勝手が異なりますので、設置する場所を考慮して選ぶことをおすすめします。

4.高さ

ベビーベッドは、主にお世話をするママの身長により使いやすい高さが異なります。

高さを調節できるベビーベッドならより利便性は高いと言えるでしょう。

パパやママのベッドと並べて使用する場合は、同じ高さに設定すると就寝中のお世話がしやすくなります。

5.機能性

柵の部分がネットになっており、赤ちゃんの寝返りを優しく受け止めてくれるもの。

ベッドの下が収納スペースになっているもの。キャスター付きで楽に移動できるもの。

ベビーベッドにはこのような様々な機能が備わったものもあります。
お部屋が狭い場合は収納場所を確保できると便利ですし、日中と夜で置き場所を変えたいというご家庭もあることでしょう。

ライフスタイルに合わせて機能性についても確認できるといいですね。

6.デザイン性

お部屋の雰囲気に合うデザインであるかも重要ポイントではないでしょうか。

好みに合うベビーベッドであれば大切に使いたい、長く使いたいという気持ちも沸きますよね。

また、ベビーベッドとしての使用期間が過ぎた後は、リメイクして子供用の小さな机や玩具ボックスとして活用することもできます。

7.収納時の問題

使用時期を過ぎたベビーベッドをどうやって保管しよう…これは、どこのご家庭においても大きな問題のひとつかもしれません。

収納場所を考えてサイズを選ぶのも方法のひとつですが、おすすめなのはコンパクトに折りたたむことのできる仕様のベビーベッド。

最近はこの点を重視して選ばれるご家庭も多いようです。

最近の人気商品は折り畳み式★おすすめ商品8選

様々な機能が充実、進化しているベビーベッドですが、最近の人気傾向は“折りたたみできること”にあるようです。

人気のベビーベッドを口コミとともにご紹介します。

ワンタッチハイベッド パル(石崎家具)


¥35,951
アマゾンボタン

ごく一般的なサイズのベビーベッド。高さがあり、赤ちゃんをダニや埃から守りながら、お世話をするママの負担を軽減します。

底にあるのはキャスター付きの収納板。オムツやおもちゃを置いて、使う時は前後左右どこからでもサッと引き出すことができて大変便利なアイテムです。

床板を持ち上げればワンタッチで折りたたむこともでき、使わなくなったときの収納にも困りません。

扉に取り付けられたロック金具や、通気性に優れた床板、害のない素材など、赤ちゃんにとっての過ごしやすさや安全性にも配慮されています。

優しくナチュラルな雰囲気の木目タイプと、清楚な雰囲気の白の2カラーがあります。

石崎家具にはこの他にもミニサイズや、後々机や収納棚等として活用できる5Wayタイプなど、様々なタイプのベビーベッドがあります。そちらもチェックしてみてくださいね!

【この商品の口コミ】
おりたたみ出来るベビーベッドがこのお値段でゲットできるのは本当にお値打ちです。
作りもシッカリしていて、折りたたみできないベビーベッドと遜色ないです。

我が家では5か月で添い寝になったので、ベビーベットを使わなくなりました。その際、折りたたんで片付けられたので寝室が広く使えました。
2人目まで保管して、その後は人に譲ろうかな…!
とてもいい買い物でした。出典: review.rakuten.co.jp

プレイヤードスリープ(ネビオ)


¥9,980
アマゾンボタン

大きな収納ボックスのようなベビーベッド。底にはキャスターが付いており、家の中での移動が楽!
さらに、ワンタッチでコンパクトに折りたためばキャリーバッグのように外に持ち運ぶことも簡単です。

実家への帰省や旅行先にまで容易に持ち運ぶことができる便利さは嬉しいですね。

4壁すべてがメッシュ素材なので、赤ちゃんの様子がよく見えて通気性も抜群。

新生児期や成長してからのお昼寝時にはシートを取り付けてベビーベッドとして、その後はシートを取り外してプレイヤードとして長く使うことが可能。

オムツ替えテーブル付きで、赤ちゃんのお世話も楽々です!

【この商品の口コミ】
2人目を里帰りで出産し、上の子が危ない行為をしたため、急遽購入しました。

折りたためるし、組み立ても難しいとレビューを見て不安でしたが、説明書を見ながらだととても簡単に組み立てることができました

上の子もサイドがメッシュになっているので覗き込むこともできて、買ってよかったです。出典: review.rakuten.co.jp

パタン折りたたみミニベビーベッド(大和屋)


¥21,250
アマゾンボタン

こちらのベビーベッドは一般的なものより一回り小さいサイズのベビーベッドになります。

パイン材で優しい温もりがあり、どんなインテリアにも自然と馴染みます。

名前の通り、パタンと簡単に折りたたむことができ、組み立ても開いて床板を入れるだけの簡単仕様。

出したり収納したり、ママ1人でも簡単にできますよ♪

ベビー用品を収納するスペースもあり、お部屋がすっきりと片付きます。

狭いお部屋だからこそ使いたい、おすすめのベビーベッドです。

【この商品の口コミ】
部屋が狭いので、ミニにしました。6.5畳くらいの部屋にちょうどいいサイズです。(セミダブルベッドもあり)

組み立てって言っても、開いて、板を入れるだけなので、作業らしい作業はキャスターをつけるくるいです。すごく簡単です。
狭い家にベビーベッドは贅沢かなと、最初は迷いましたが、狭いからこそ必要かも知れません。

オムツとか粉ミルクのストックなど、全部収納スペースに入るので、部屋がすっきりします。おすすめです。出典: review.rakuten.co.jp



ココネルエアー(アップリカ)


¥24,840
アマゾンボタン

ベビー用品メーカーアップリカからは、とってもナチュラルで赤ちゃんにぴったりの愛らしいベビーベッドが販売されています。

この商品の特徴は、赤ちゃんの快適な睡眠促す通気性の高いクッション材“シルキーエアー”

通気性だけでなく体圧分散もされるよう設計されているので、寝心地は最高です。

開閉ロックを引き上げれば簡単にコンパクトに折りたたむことができ、付属の収納袋バッグに入れて持ち運びも苦になりません。

さらに、枠の一片を上下スライドで開くことができるので、赤ちゃんのお世話時には大変便利です。

【この商品の口コミ】
簡単に組み立てることができました。初めてで10分くらいでできたので、慣れてくるともっと速く組み立てられると思います。

他のレビューにもある通り、少々重いですが、木製ベッドと比べると、組み立ても持ち運びも楽なのではなかと思います。

産後しばらく実家で過ごし、それから自宅に戻る予定の私にはぴったりの商品です。出典: review.rakuten.co.jp

プレイヤード(ニューヨークベビー)


¥11,799
アマゾンボタン

おしゃれママたちに評価の高い「ニューヨークベビー」のベビーベッド。

お部屋の雰囲気を崩さないデザインと、充実した機能性で人気の商品です。

こちらの商品は欧米でも大変な人気ぶりで、木製のベビーベッドよりも愛用者は多いようですよ!

取り外し可能な可愛いトイバー付きで、新生児の赤ちゃんが寝転がりながら遊ぶことができるのは嬉しいですね。

シートは上段・下段で付け替えることができるので、成長してからはプレイヤードとして活用できます。

ヨーロッパ安全規格(BS/EN)に適合する安全商品です。

ただし、睡眠時の使用はお昼寝時の短時間とされていますので使用時には説明書でご確認ください。

【この商品の口コミ】
1人目の時は貰い物の木製ベビーベッドを使っていましたが、モノトーンの部屋に合わないし、上の子が登ったり手を挟みそうでこちらを購入しました。

簡単に組み立てられ、しっかりした作りで安心しました。

マットは薄くてかたかったので、オプションのマットを一緒に購入して良かったです出典: review.rakuten.co.jp

ベビーミニーマウススイートワンダープレイヤード(ディズニー)


¥28,800
アマゾンボタン

ディズニーファンなら絶対に欲しくなる、キュートな柄のプレイヤードは米国からの輸入商品。

ベビーベッドにはプレイヤードを活用することが主流である米国のアイディアがたっぷり詰まっています。

おもちゃ付きで赤ちゃんが楽しく過ごせる空間作りにぴったり。

さらにおむつ交換台やサイドの大容量収納スペースもあり、お世話するママをしっかり応援☆

米国幼児製品生産者協会によるJPMA安全基準適合商品です。

【この商品の口コミ】
実家に帰省する際に使用するために購入しました。

コンパクトに収納して置いておけるので、普段はしまって、帰省した時のみ広げられるのがいいです。
デザインも可愛いくて、お姉ちゃん達も気に入ってます。出典: review.rakuten.co.jp

プレイヤード(BROTISH)


¥15,980
楽天ボタン

まるで赤ちゃんのための“小部屋”!新生児期はベビーベッドとして、成長したらシートを外してプレイヤードとして使うことができます。

その他、底面に揺れり器を取り付けるとゆらゆら揺れるベッドになるのもこの商品の大きな特徴。

高い位置に取り付け可能なオムツ交換台を使えば、ママは立ったままのオムツ替えが可能です。

充実した機能で子育てがとっても楽になること間違いありません。

さらに、ベッドフレームの表面はiphoneの技法を真似た処理が施され、一般的なスプレー塗料は使われておらず、無害で剥がれや錆を知らない丈夫なさも魅力

5層構造の形状記憶マットレスなど、赤ちゃんにとっての快適さを重視した間違いのない商品です。

【この商品の口コミ】
普通の四角いプレイヤードは沢山ありますが、こちらは四隅の湾曲したアルミフレームがアクセントとなり高級感とちょっと他と違う雰囲気があり、購入して大変満足です。

最初組立方法で少し悩みましたが、完成品の写真見て組むと簡単に出来ます。

付属品の蚊帳はオムツ交換台やミュージカルモビールを外さないといけないので、オプションの蚊帳がおすすめです。天蓋のようになりマッチングが最高です。出典: review.rakuten.co.jp

ベッドサイドベッドSoine(カトージ)


¥17,408
楽天ボタン

簡易タイプのベビーベッドという雰囲気ですが、充実した機能性と品質の高さで好評の人気商品です。

こちらのベッドは一片を開けて大人用ベッドに固定して取り付けることができるようになっており、ママに寄り添って寝てもベッドから転落する心配がないのは嬉しいですね。

高さは6段階調節可能。

キャスター付きのコンパクトサイズなので持ち運びも簡単。昼間はリビングで、ママの目線に合わせた高さで赤ちゃんをお昼寝させてあげることができます。

シートとマットカバーを自宅でお洗濯OK。畳んで運べる収納袋も付いており、大きなベビーベッドと変わらない利便性を持つ商品です。

使用対象基準は0~6カ月と短いため、ベビーベッドの必要性は短期間!と考える方にはぴったりですね。

【この商品の口コミ】
新生児の間は里帰り先でベッドサイドに付けて使用していました。
現在自宅では単体で使用しています。もともと腰痛持ちで、育児で日に何度も赤ちゃんを抱き上げたり下ろしたりするので、高さが細かく調整できるこのベッドを使用している事で、かなり腰への負担が軽減できていると思います

単体で使用すると揺れますが、赤ちゃんが足をバタバタさせた時、ベッドにつけたメリーが揺れて、一人で遊んでくれている時があります。笑
出典: review.rakuten.co.jp

まとめ

ベビーベッドと言えば、大きな木製!というイメージが大きく変わった方も多いかもしれませんね。

最近のベビーベッドはプレイヤードとして長く使えるものが主流となっており軽くて使い勝手も良好です。

それぞれにメリットがありますが、どちらのタイプを選ぶかは好みの問題が最も大きいと言えそうです。

1日の大半を眠ってすごす新生児から、行動範囲の狭い1歳未満の赤ちゃんにとって、ベビーベッドで過ごす空間が快適なものとなるよう、よくよく比較しながらご検討くださいね。

【関連記事】
出産準備リストの落とし穴!買って不要だったベビー用品ベスト12(先輩ママ後悔の声)

新生児が寝ない…経験したママが原因と対策を調べてみた。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします