育児・子育てイライラ

赤ちゃんが泣いてもイライラしない心の持ち方とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!10ヶ月の息子の子育て真っ最中のママライターです。

赤ちゃんは泣くもの。そうは思っていても、なかなか泣き止まないと、

イライラしちゃうことも…ママだって人間ですもんね(笑)

でもイライラは赤ちゃんにも伝わると言います。

イライラしないでいられるならそうしたい!そんな気持ちのママへ、

少しでも参考になればいいなと思っての、今回のお話です。



赤ちゃんが泣く理由をまず知ろう!

赤ちゃんが泣くのには理由があることがほとんど。

その理由・原因を解消してあげれば、すぐに落ち着いてくれることもありますよ。

生理的な理由

・お腹がすいた
・眠い
・おしっこorうんちが出た
・どこかが痛い

赤ちゃんが泣く理由の中で1番わかりやすいものがこれ。

欲求を満たしてあげることで泣き止むことがほとんどです。

成長の過程の1つとして

・人見知り
・後追い

生後半年を過ぎると、赤ちゃんは人の顔の区別がつくようになります。

そのため、見知らぬ人と出会うと泣いてしまうこともあります。

そして、ママに対する愛着・信頼が強くなるからこそ、後追い行動が見られるようになります。

感情をあらわすために

・怒り
・さびしい
・悲しい

欲しいおもちゃに手が届かない、ママが遊んでくれない、ママの姿が見えない。

そんな気持ちを、赤ちゃんは泣くことで伝えようとします。

原因がはっきりしないものも…

・たそがれ泣き
・夜泣き

多くの赤ちゃんに見られることですが、これらははっきりとした理由・原因がわかっていません。

だからこそ終わりが見えずに、辛く、イライラしてしまうことが多いのがこの時ではないでしょうか。



イライラしたくない!泣いている赤ちゃんとうまく付き合いたい!

たそがれ泣きや夜泣きが続いて辛い時。イライラしてしまいそうな時。

ちょっとの考え方や気持ちの持ち方でそのイライラが軽くなってくれるならいいですよね。

そんなポイントをいくつかまとめてみました。

赤ちゃんは泣くもの

1番最初にも書きましたが、大前提はこれ。赤ちゃんが泣くのは当たり前で、

赤ちゃんにとっては大切なお仕事の1つ。

泣くことで、ママに「これやって」「あれやって」と伝えてくれるんですから、

コミュニケーションの方法とも言えますね。

何かをママに訴えているんだ、と泣き声をプラスに捉えるようにしてみましょう。

そして時には、開き直って「仕方ないことなんだからイライラしてもしょうがない!」と考えてみてください。

泣き声を受け流す

赤ちゃんって、周りがびっくりするくらい大きな声で、

長い時間泣き続けることもありますよね。

無理に泣き止まそうとすると、逆にそれが刺激となり大泣きすることも。

「おっきい声でるねー」「よくそんなに泣けるねー」と軽く受け流すような気持ちでも、

時にはいいと思います。

赤ちゃんの気持ちを代弁してみる

泣き声だけでは、赤ちゃんが本当は何をしてもらいたいのか、

100%理解することは難しいですよね。でもそれは仕方がないこと。

そこで、ママが代わりに赤ちゃんの気持ちを声に出してみるのはどうですか?

たそがれ泣きをするなら「ママがご飯の支度しててさびしいねー」「遊んでほしいねー」

夜泣きで寝ないなら「眠くないのかーもっと遊んでたかったかなー」「うまく寝れないねー困ったねー」

そんな風に、赤ちゃんの気持ちに沿うようにしてあげることで、

「ママはちゃんときみのこと、わかっているからね」という気持ちも伝わって落ち着いてくれますよ。

赤ちゃんに辛い気持ちを話してみる

赤ちゃんに対して「そんなに泣いてたらママも辛いよ」「ママも眠たいよ」と伝えてみるのもいいでしょう。

イライラをぶつけないように…と無言であやすようならば、

あえて辛い気持ちを声に出してみてもいいと思います。

ただし、イライラした声のトーンにならないようにだけ気を付けてくださいね。

赤ちゃんはママの気持ちに敏感です。声出して話しかけることで、

赤ちゃんの泣き声もちょっと遠慮気味になるかも知れませんよ?

誰だってイライラすることはある

私自身も、息子の夜泣きが始まった当初は辛くて辛くて仕方なかったです。

その日1日のことを振り返っては、何か良くなかったのか、もっとこうするべきだったのか、

色々考えながらあやして、それでも一向に泣き止まない息子を見て涙が出てくることも。

でもふと周りの話を聞いてみると、どこのおうちも似たようなもの。

自分だけじゃなかったんだ、と思った時に、ふっと楽になりました。

育児は孤独。そんな言葉を聞いたことがあります。

そう思ってしまうこともあるかも知れませんが、自分が悩んでいることは、

周りでもおんなじ悩みを持っている人がいます。

そして、赤ちゃんだっていつかは泣き止みます。大きくなるにつれて段々あまり泣かなくなって、

夜だってママも夜通し寝られる日がやってきます。

今その時は辛いですが、終わりがあることなので赤ちゃんと一緒にがんばってみましょう。

【関連記事】

イライラしてごめんね!赤ちゃんの夜泣きストレス解消法

ママ共感!子育て中にイライラする3つの瞬間

子育て中のイライラの原因を本気で考えてみました


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします