離乳食

ママも安心!無添加のベビーフード口コミで人気の商品6選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食が始まったからと言って、すべてを頑張って手作りすることはありません

忙しい日や外出時、ちょっと休みたいとき、ママを助けてくれる強い味方が『ベビーフード』です。

時には気を抜いて、手軽なベビーフードを活用してみませんか?

ママが楽して笑顔になれば、子供の心の大きな栄養になります。

そんなときに気になるのが、素材の産地や添加物などの“安全性”ですよね。

今回は、どんなママでも安心して使うことのできる、無添加ベビーフードをご紹介します!



そのベビーフード、本当に安全?

ベビーフードは赤ちゃんのために作られる商品です。

赤ちゃんが口にし、赤ちゃんの体を作るものですから、「保存料・着色料・香料不使用」「国産原料」と記載されているものが多くあります。

しかし、それだけで十分な“無添加”とは言えないのが実情です。

原料の安全性

国産原料であっても、野菜の生育に農薬が使われていたり、加工段階で添加物が含まれる可能性があります。

そのため、原料そのものが「国産」であるからと言って、必ずしも安全性が高いとは言えません。

また、低月齢のベビーフードに使われることが少ない調味料が、幼児食になるとぐっと増えます。

砂糖であれば甜菜糖なのかきび砂糖なのか、精製された白砂糖なのかによっても大きく異なりますね。

そのように、原料が曖昧であることも多いので、使う際には注意して選ばなければ安全性の問題をクリアしているとは言えないのかもしれません。

無添加

最近は「無添加」と表示されたベビーフードを多く見かけます。

これは、国が定める“表示義務のある添加物”が無添加、という意味です。

従い、それ以外の添加物を微量でも使用している可能性は否めません。

また、意外と知られていないのが「加工デンプン」です。

デンプンですからじゃがいもを原料に作られた安心原料だと思われがちですが、これはデンプンに化学薬品を加えて作られた合成添加物のこと。

安全性が高いかと言えば、決してそう断言することはできません。

このように「無添加」という表示をそのまま受け入れるのではなく、内容をしっかり見て判断し、選ぶ知識が必要になってきます。

安心・安全なベビーフード、どうやって見分ける!?

今までは安心・安全だと思っていたベビーフードが、実はそうではない…だとしたら、何を基準にどのように選ぶのが安心・安全なのでしょうか。

選ぶ際の参考にしてください。

作り手の顔が見える商品を

誰がどのような場所で、どういった工程で作っているのかが見える商品であれば安心できますね。

今はインターネットで購入できる時代ですから、多くの会社の想いが明確に伝わってきます。

それを読み、確かめて、ママ自身が妥協せずに安心して「子供に食べさせたい!」と思うベビーフードを選ぶと良いでしょう。

表示内容の確認

最も安心できるのは、表示されている原材料や添加物についてママがしっかり学び、知識を得ることではないでしょうか。

チェックして「これは何だろう?」と疑問を持ったまま購入せず、どのような原材料なのか、子供の体に害はないのかを調べて判断できるようにしておきたいですね。

子供は自ら判断して選ぶことはできません「ママが安心できるもの」を基準に選んでみてください。

ママが食べて美味しいものを

ベビーフードを購入したら、まずはママが食べてみてください

大人にすると味は薄いベビーフードですが、素材が良く安全性が高いものであれば、大人が食べても美味しいはずです。

ちょっと味見をしてみて、これなら美味しい!と実感できることが大切です。

おすすめ☆絶対安心・安全のベビーフード5選

どの赤ちゃんも安心して食べられ、どのママも納得!の安心・安全無添加ベビーフードをご紹介します。

有機まるごとベビーフード/おふく楼


¥410
アマゾンボタン
使われている野菜はすべて国産有機栽培。

お米は国産有機コシヒカリ。スープは国産有機野菜や、国産有機大豆を自社加工したもの。味付けの主体となるだしはもちろん天然のもの

とにかく原料の安全性には徹底してこだわり抜いたベビーフードです。

まだベビーフードや有機栽培、JAS認定という言葉が一般的に知れ渡っていない頃に、社長が「安心して孫に食べさせられるものを」という気持ちで作り上げた商品です。

初期~中期はピンクのラベル。後期からは、こちらも日本海近海産のお魚を使ったブルーのラベルとなっています。

【この商品の口コミ】
お出かけ用に購入しました。
最初の一口は恐る恐るという感じでしたが、美味しかったのか、次からはバクバク食べていました。
それほど離乳食の食べっぷりがよい方ではなかったので、びっくりです。
これからもお出かけ時にはこちらを持ちあるこうと思います。出典: www.amazon.co.jp

はたけのみかた/manma


¥2,270
アマゾンボタン
『旬』を味わうことができる離乳食!と言えば、こちらの商品がおすすめです。

食材は旬の時期にこそ、豊富な栄養素を含んでいます。

「美味しいものは、美味しいときに美味しく食べさせたい!」そう考えるママなら100%満足できること間違いありません!

自然の恵みをそのままにパックされ、野菜の風味と栄養が凝縮された離乳食です。

もちろん添加物は不使用の安心できる商品です。

その時にしか味わえない旬の食材ですから、購入する時期によって販売されている商品の内容が変わります。選ぶ楽しみにもなります寝る♪

【この商品の口コミ】
一度、喜んで食べてくれたので、海外へ行く際にも持って行きました。
私は大きく上部分を切ってスプーンですくって、夫は小さく切ってそこから少しずつ出して、それぞれやりやすいように袋を開けて使います。
他の自然派の離乳食は残してしまうものもあったのですが、manmaは必ず残さず食べます!出典: www.amazon.co.jp


Little One’s/Eat Well Japan


¥3,240
アマゾンボタン
野菜は60年以上もの間、無農薬・無化学肥料を徹底された畑の国産品。

魚は洋食ではなく天然の国産魚。お肉は抗生物質や成長ホルモン剤知らずのオーガニック餌を食べて育った国産肉

そして完全無添加。徹底した『安心』にこだわり抜かれたベビーフードです。

離乳食は、ただただお腹を満たすものではなく、赤ちゃんの体や脳を培うため=未来につながる土台作りのために食べるもの。

そのような想いで作られています。「美味しい!」はもちろん、「食べることって楽しい!」と笑顔で喜べる魅力いっぱいの商品です。

【この商品の口コミ】
オーガニックに詳しいママ友のオススメで購入してから、ずっとリトルワンズ さんのベビーフードですくすく育ってます。
お外ランチや旅行先、今年は初の海外旅行へ行ったのですが、海外は日本の離乳食がなかったので、本当に毎日大活躍でした。
娘のあまりに食いつきがいいので、私も食べて見たのですが本当、噂通りおいし〜い!
さらには全て国産で、無農薬、無化学肥料な上に、完全無添加…!!!
放射能チェックもされているので、安心できます。

お米も消化にいい品種改良前のお米を使ったり、本当にすみからすみまでこだわりがすごくて、作った方々もきっと相当勉強されているんだろうな、と感じました。
全体的にみて、これ以上の質のベビーフードはないので、今後もリピ決定です!出典: www.amazon.co.jp

Baby Orgente/ビーンズ


¥540
アマゾンボタン
良質な土づくりに携わって25年以上の限定農家さんだけから仕入れたこだわりの無農薬・有機野菜。鹿児島県産の天然鰹節と、北海道産の利尻昆布からとった出汁。

野菜のカットも、出汁をとるのも、すべて『手作業』にこだわった愛情たっぷりのベビーフード。

「食は人の原点である」という思いから生まれた離乳食なので、ママも安心して赤ちゃんに食べさせてあげられます♪

【この商品の口コミ】
うちの子は市販のはあまり食べてくれなかったのですが、こちらのは完食してくれます!
大人の私が味見しても美味しいと思いました。是非リピさせていただきます!出典: www.amazon.co.jp

有機ベビースムージー/babybio


¥1,400
アマゾンボタン
実は、日本はまだまだオーガニック後進国。

海外では日本よりずっと早くからオーガニックにこだわる商品作りが始まっていました。

こちらの商品は“美味しさ”にこだわるフランス人により、フランス産有機果実と有機野菜のみで作られた赤ちゃん用スムージーです。

フランスでは学校給食のオーガニック化が進んでおり、食の安全性に対する意識も相当なものであると言えそうです。

そんなフランス生まれのベビーフードは、オーガニック食材&完全無添加であることはもちろん、パッケージについても安心安全であることにこだわりを持っています。

1996年から20年以上もの間、ヨーロッパで高い評価を得ているベビーフード、大人が食べても大変美味しい味となっています。

【この商品の口コミ】
とてもシンプルな原材料で安心できます。
下の子(0歳10ヶ月)も、野菜嫌いの上の子(2歳)も好んで飲んでいます。
常温でも美味しい様です。出典: www.amazon.co.jp

“おかゆだけ”のベビーフードも便利♪

離乳食の主体となる“おかゆ”。最も大切な食材と言っても過言ではありません。

外出時のためにはもちろん、「おかゆのストックがない!」という日のために、いくつか常備しておくのもおすすめです。

赤ちゃんにやさしいオーガニックのおかゆさん/loco organic


¥421

詳細をみる

JAS認定を受けたオーガニックこしひかりを100%使用し、もちろん無添加で仕上げたおかゆ

月齢によって選べる硬さが4種類あるので、どの赤ちゃんにも、いつでも・どこでも、美味しいおかゆを用意してあげられます。

数々のメディアでも取り上げられている注目のベビーフードです。

赤ちゃんの反応をよく見て継続を♪

赤ちゃんは味にとっても敏感です。気に入らなければベーっと出して口をぎゅっと結んでしまいます。

特に野菜やお米は、栽培される地域の気候や肥料の種類等によっても左右されますから、口コミは参考程度に色々なベビーフードを試してみると良いかもしれません。

「こっちの人参は嫌がったのに、こっちのは喜んで食べてくれる!」など、赤ちゃんの反応を見て継続を考えてみてくださいね!

【関連記事】
市販のベビーフードで人気のメーカーとオススメの商品

レンチンで時短!離乳食の電子レンジ活用術まとめ(管理栄養士の2児ママの発信)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします