料理・レシピ

魚不足を解消する!オススメの魚活用レシピ21選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

食の欧米化が進み、お魚よりもお肉を好むようになった現代人が多いことが問題視されていますね。

調理に手間がかかる、子供が骨を嫌がる、食べるのが面倒など、様々な理由があると思います。

しかし、お魚にはたくさんの栄養があり、魚ならではの旨味もあります。

お肉よりもお魚がいい!というわけではありませんが、「お肉かお魚か」ではなくバランスよく両方を取り入れた食生活が望ましいのではないでしょうか。

お魚が苦手な方も食べやすい、そして調理しやすいレシピの数々、ご覧ください!



美味しい魚の選び方

1匹まま、切り身、冷凍、解凍など、様々な形態で販売されているお魚。

選び方によって美味しさが全然違います!

1匹で買う場合

頭が付いたままの状態で売られている魚は、目をよく見て選びましょう

濁った目をしているものは鮮度が落ちている証拠。

黒目が濃く、目全体に透明感があるほど新鮮です。

体の模様がはっきりと鮮やかであること、ヒレがピンと張っていることも美味しさのポイントです。

食べ方&下ごしらえはスーパーにおまかせ♪

1匹まま買っても、捌き方がわからない!苦手…という方は、スーパーの鮮魚コーナーにお願いしましょう。

こうやって食べたい、と伝えると、それに相応しい形にさばいてくれます。

このお魚はどんな調理が良いの?どうやって食べるの?という質問にもプロがわかりやすく答えてくれるので、食べ方がわからないという方もぜひ相談してみてください!

切り身で買う場合

お魚は包丁を入れた瞬間からどんどん鮮度が落ちていきます。

ですが、切り身で買うと調理が楽!というメリットがありますよね。

表示された消費期限を見て、できるだけ陳列されたばかりのものを選ぶのがおすすめです。

皮の模様が鮮明であり、皮よりも身が張り出ているくらいプリンッとしたものは新鮮な証拠です。

また、魚の下に敷いてある吸水シートに血がにじんでいないものほど新鮮であることも覚えておいてくださいね!

冷凍を買う場合

一般的に冷凍された魚の場合、1匹ままであっても切り身であっても、新鮮なうちに急速冷凍されています。

そのため、生を買って自宅の冷蔵庫で数日保管するよりも、ずっと新鮮なまま食べることができます。

買ったら温度を保ちながら持ち帰りすぐに冷凍庫に入れてください。

この場合は選び方というよりも解凍の仕方が大切です。

最も美味しく食べられるのは、氷水を張ったボウルに、袋に入れたままのお魚を入れて解凍するか、冷たい流水を当てて解凍する方法です。

時間がある場合は、冷蔵庫で時間をかけてゆっくり解凍する方法も良いでしょう。

レンジ解凍は余分な水分と一緒に旨味が流れ出てしまったり、一部分のみ熱が入ってしまことがあるためおすすめできません。

解凍を買う場合

捕れた直後に急速冷凍された1匹ままのお魚を、スーパーが解凍して売る場合もありますね。

こういったお魚は、持ち帰ってから再冷凍することは避けた方が良さそうです。

生の魚を買うときと同じように、目に透明感があり黒目がはっきりしているもの、皮の模様が鮮明であるものを選び、購入後はすぐに調理して食べるようにしましょう。

焼き魚!基本のレシピとアレンジレシピ4選

まずはお魚料理の定番“焼き魚”。美味しく焼くコツがわかれば、最も簡単な調理法であると言えるかもしれません。

また、焼き魚だけでは飽きてしまう!という方のために、焼き魚をちょっぴりアレンジした変わり種レシピも集めてみました。

魚の塩焼き 基本のレシピ

    【作り方】

  • 1 うろこを取り、塩水で魚を軽く洗います。3~4%の食塩水を使いましょう。
  • 2 キッチンペーパーで水分をしっかり取り、軽く塩を振って30分ほど置きます。塩は重量の2~3%が目安です。
  • 3 網には軽く油かお酢を塗り、グリルは強火で5分予熱します。
  • 4 強めの中火で両面を5分ずつ焼いたら出来上がり♪

美味しく焼こう!塩焼きのコツ

片面焼きグリルを使う方法で、失敗しないいくつかのコツを記載しておきます。

★粕や味噌などに漬けてある魚は、漬けだれを軽く拭き取ってから焼きましょう。焦げ付きを防ぐことができます。

★塩を振りかけてドリップが出てきたら、キッチンペーパーできれいに拭き取ってから焼くと臭みが気になりません。

★予熱はお魚のくっつきを予防する効果があります。焦げ付きにより崩れてしまうのは避けたいですよね。

★頭付きの秋刀魚や鯵などは頭を奥に置きます。切り身魚は、盛り付けるときに表側になる方を上に置きます。

★焼き時間は魚の大きさや種類により調整してください。味付きのお魚は焦げやすいので弱めの火加減で。ただし、弱すぎる火加減で長時間焼くと、美味しさと水分が逃げてパサパサ&硬い食感になりますので注意してくださいね。

甘塩鮭の白だし焼き


cookpad.com

見た目はシンプルな鮭の塩焼きですが、白だしとお酒をかけて焼くので旨味がプラス!
ふわふわジューシーで子供にも食べやすい一品です。

焼き魚のネギ塩麹だれ


recipe.rakuten.co.jp

ブリを使った一品は、旬の冬に食べたい!ネギ塩麹が、こってりブリをあっさりと美味しく仕上げてくれます。

味付けが塩麹と白だしというシンプルなレシピなので、旨味が抜群です!

さんまのチーズガーリックdeオーブン焼き


cookpad.com

美味しく食べられるのはグリル焼きだけではありません。こちらはオーブンを使った洋風レシピ

チーズやパセリ、ガーリックで風味を豊かに仕上げ、和を感じる秋刀魚をおしゃれにいただくことができるレシピです。

オーブン焼きはグリルよりも火加減の調整が簡単なので、焼き魚初心者さんでも作りやすくおすすめです。

鮭(さけ)ときのこのホイル焼き


cookpad.com

グリルでお魚を焼くと、後片付けが大変なのは正直なところ。

ホイル焼きにすれば後片付けが楽なうえ、ホイルの中に旨味がぎゅっと閉じ込められ、ジューシーふっくらに焼き上がります。

秋の旬である鮭ときのこは抜群の相性。

人参や玉葱をプラスしても良いですし、チーズを乗せると子供が喜ぶ洋風おかずに大変身するなど、アレンジもお試しください!

煮魚!基本のレシピとアレンジレシピ4選

おふくろの味!の定番、煮魚。

甘辛いタレが染み込みご飯が進む煮魚ですが、作り方はなかなか難しい…とお悩みの方も多いはず。

しかし、コツさえつかめば難しいことはありません!美味しく作るコツと、味付けを変えて作る楽しい煮魚レシピをご紹介します。

煮魚 基本のレシピ

    【作り方】

  • 1 うろこや血合いを取り、魚を軽く洗って皮に切れ目を入れます。水分はキッチンペーパーでしっかり拭き取ってください。
  • 3 青魚を使う場合は、この段階で熱湯をさっと回しかけます。臭みや脂、ぬめりを取ることができます。
  • 3 鍋に水(3/4カップ)、酒(大さじ1)、醤油(大さじ1と1/2)、みりん(大さじ1)、砂糖(大さじ1)を入れてひと煮立ちさせます。
  • 4 切り身なら2~3切れ、カレイのように1匹ままなら200gを目安に1枚を、皮を下にして入れます。
  • 5 お玉で煮汁を回しかけ、落し蓋をして7~8分、強めの中火で煮ます。
  • 6 落し蓋を外し、お玉で煮汁をすくいかけながら、強火で煮詰めます。途中で生姜のすりおろし(ひとかけ分)を加えてください。
  • 7 煮汁がとろっとした状態になるまで煮詰めたら出来上がり!

美味しく煮よう!煮魚のコツ

★煮崩れにくいのは“骨付き”の切り身。お魚がぴったりと隙間なく収まるサイズのお鍋、またはフライパンを使うのも煮崩れを防ぐコツです。

★表面に切り込みを入れのを忘れずに!味が染みやすくなります。

★醤油の半量を“たまり醤油”に代えればプロの味になります!

★煮汁を煮立たせる→お魚を入れる→煮詰める、の3段階工程が基本。難しいことはありません。

★アクが出てきたら丁寧に取り除きましょう。

★生姜を入れるタイミングは煮汁がある程度煮詰まってから!生姜のえぐみを出さずにお魚の臭みをしっかり取ってくれます。

★火加減は強火が基本。さっと煮ることで加熱のし過ぎを防ぎ、ふっくら仕上がります。

ごはんが進む煮魚!鰯の梅干し煮


cookpad.com

魚と相性の良い梅干し。いつもの煮魚にさっぱりとした梅が加わり、白いご飯にぴったりのおかずになります!
梅干しはお魚と一緒に食べても美味しいですが、ご飯に乗せて食べるのもおすすめです☆

塩サバのクリーム煮


cookpad.com

煮魚に合うのは和風味だけではありません。豆乳や牛乳を使ったクリーム煮は、ほっこりと心が温まる優しい味。
いつもの煮魚に飽きた時、ちょっとおしゃれに食べたいときなどにぜひ作ってみてください!

大根おろしたっぷり♥ぶりのみぞれ煮


cookpad.com

麺つゆ使用で簡単レシピ。胃腸に優しい大根おろしがたっぷりで健康的!あっさりといただける一品です。
工程が少ないので、切り身を買ってきたらあっという間にできてしまいます。

忙しい日でもしっかりと和風の手作りおかずを!というママにおすすめ☆

旦那が絶賛!簡単まぐろのあら煮


cookpad.com

安く手に入るまぐろの“あら”を使った節約レシピ!節約と言っても決して安い味はしない、とても美味しい一品です。

煮る時間は通常の煮魚より少し長め。しっかり味を染み込ませ、こってりといただくレシピです。



子供も大好き!揚げて作る食べ応えいっぱい魚料理 4選

衣をつけて油で揚げると、お魚嫌いの子供も食べやすい料理になります!

お弁当やお酒のおつまみにも最適の、揚げ魚レシピをご覧ください。

鰯(いわし)のエスカベッシュ


cookpad.com

揚げた鰯に野菜と塩ぽん酢で味付けしたあっさりとしながらコクのある一品
カラフルなトッピングが食卓を華やかに見せてくれます。お魚と一緒に野菜をたくさん食べられるのも嬉しいですね。

子ども大好き☆簡単マグロのハーブフライ


cookpad.com

フライにすると美味しいのはお肉だけではありません!お魚で作れば、お肉よりもあっさりとヘルシーにいただけます。
マグロはもちろん、白身魚や鮭などで作っても美味しいですよ♪

☆カツオの竜田揚げのソース添え☆


recipe.rakuten.co.jp

生姜をきかせたカツオの竜田揚げは、子供もパクパクと食べやすい一品

鰹の旬は春と秋の2回あることは有名ですね。春は“初ガツオ”と呼ばれ、脂が少なく実のしまった赤身が特徴。あっさりといただけます。

一方で秋は“戻りガツオ”と呼ばれ、脂がのって濃厚。

どちらもそれぞれの美味しさがあるので、年に2回の旬を迎えたときには、それぞれの違いを楽しんでみてはいかがでしょう!

生鮭のザンギ(唐揚げ)


cookpad.com

鶏の唐揚げを鮭に変えた鮭ざんぎは、北海道の定番メニュー

にんにくと生姜をきかせた醤油ベースの味付けで、ご飯がモリモリ進みます!

大きな鮭で作っても、一口サイズで作っても、子供たちはパクパクとたくさん食べてくれるほど美味しいレシピです♪

刺身をアレンジ!特別気分いっぱいの魚料理3選

お魚は苦手でも、お刺身なら大好き!という方は多いのではないでしょうか。

カットされた刺身をそのまま食卓へ…でも家族はきっと大満足♪

でも、時々はひと手間かけて、家族が大喜びする料理に変身させてみましょう!

見た目にも豪華なお刺身アレンジレシピをご紹介します。

ホタテ&サーモンのカルパッチョ


cookpad.com

お刺身にソースをかけるだけで出来る、簡単なのに豪華に見えるカルパッチョ。

レシピはホタテとサーモンですが、サーモンのみでもマグロやタコ、イカなどを加えても美味しくいただけます♪

簡単♪絶品♪鯵のなめろう


cookpad.com

お刺身を包丁でたたき、調味料と薬味を加えて混ぜるだけ。

お酒のおつまみにピッタリですが、もちろんご飯との相性も抜群です。

鯵だけでなく、色々なお刺身で作ることができますよ♪

簡単おつまみ!お刺身ユッケ


cookpad.com

こちらは、お刺身に焼肉ダレ風の味を付けた、ご飯もお酒も進む一品です。

調味料を混ぜ合わせるだけなので、簡単かつ時短の料理!

お刺身の種類を選ばないので、その日に安く手に入るものを使って作ってみてください!

ホットプレートを囲もう!みんなで食べられる魚料理3選

子供のお友達が集まるとき、お客様が来るときなど、ホットプレートを使った魚料理を用意するとみんなでワイワイ楽しめます☆

ホットプレートで簡単豪華にアクアパッツァ


cookpad.com

お魚を豪華&豪快に食べるなら、アクアパッツァがおすすめ!アクアパッツァとは、魚介から出るだしを楽しみながらいただくイタリア料理

使うお魚は、鯛や鱸、鱈などの白身がおすすめです。

他にも貝やイカ、タコなど海の幸をふんだんに加えると、味に深みが出てさらに美味しくなります!

ホットプレートで鮭のちゃんちゃん焼き


cookpad.com

鮭を使うホットプレート料理と言えば、ちゃんちゃん焼きが有名ですね。

北海道発祥と言われる料理ですが、いまや北海道にとどまらずどこのご家庭でも食べられる料理となっているかもしれません。

お魚だけでなく野菜もたくさん食べられるので栄養満点!お味噌の風味がご飯にもぴったりです。

たらとチーズのホットプレートパエリア


oceans-nadia.com

ご飯が主役のパエリアは、ホットプレートで作れる定番パーティメニュー。

スペイン料理ですが、日本でも最近は家庭料理として作られる方も多いのではないでしょうか。

使われる魚介は海老や貝類が多いですが、レシピのようにお魚を使っても美味しくいただけます!

白身魚を使えばあっさりとシンプルな味に仕上がり、チーズを入れることでコクと風味がアップ☆一般的なパエリアとは一味違う味わいを楽しめます。

脱マンネリ!お弁当にも使いたい☆魚料理3選

お弁当にはお肉が手軽で便利…でも、いつもお肉ばかりではつまらない!という方のために、お弁当にぴったりな魚料理レシピを集めてみました。

お弁当にも◎白身魚のカリッとカレー粉焼き


cookpad.com

カレー味のおかずは冷めても美味しく、お弁当には最適です。

こちらのレシピは味を付けたお魚に片栗粉をまぶし、フライパンでカリッと揚げ焼きするだけ。

夜のうちに味を付けておけば、朝の忙しい時間でも簡単調理であっという間に仕上がります!

魚嫌いでもイケちゃう♪さんまの蒲焼!


cookpad.com

小麦粉をまぶしたお魚をフライパンで焼き、味を絡めたら完成の簡単レシピ。

秋刀魚を3枚におろすのが苦手な方は、購入する際にスーパーでお願いしましょう。

秋刀魚が旬の季節には、ぜひ作ってみてください。

味がしっかり絡むので、冷めても美味しくいただけます♪

★簡単絶品本格的♪鰯のさつま揚げ


cookpad.com

さつま揚げは買う物!というご家庭は多いはず。フードプロセッサーを使えば、ご家庭でも簡単に作ることができます。

手作りのさつま揚げは思うほど難しいことはなく、市販品に比べると美味しさは抜群!

レシピの長葱だけでなく、人参やひじき、枝豆を入れるのもおすすめです。

小さく作って冷凍しておけば、お弁当のおかずにさっと入れることができて便利ですよ♪

種類が豊富なお魚は、旬を感じる食材のひとつですよね。

スーパーのお魚コーナーには、その時期にしか手に入らないものがたくさん並んでいます。

食べたことがないお魚、調理方法が難しそうなお魚でも、ネットで検索すればたくさんのレシピが出てくる時代。

公開されているレシピを活用しながら、ぜひ旬のお魚を美味しく味わってくださいね!



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします