育児の悩み・疑問

子供のお留守番はいつから?任せる時に注意したいポイント5つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供の初めてのお留守番。何歳から出来る?注意するポイントは?

私も初めて子供にお留守番をさせた時は不安でいっぱいでしたが、色々調べたり先輩ママからアドバイスをもらったりして、今では以前よりも安心してお願いできるようになりました!

子供にお留守番を任せる時に注意したいポイントやお約束など、ご紹介していきたいと思います。



子供のお留守番はいつから?

下記のグラフは、小学生の親を対象とした留守番についてのアンケート結果です。

画像引用元:https://iko-yo.net/articles/2270
【子育てボーダー調査】子どもの留守番&1人外出はいつから? 子供とお出かけ情報「いこーよ」

小学校1年生が19.7%と最も多くなっています。

また1年生~3年生までの低学年からのお留守番スタートが全体の半数を占めていることも分かります。

小学校入学を機に、登下校や放課後の公園遊びなど、親から離れて行動する機会がグッと増えます。

1人で外出するようになったり、頼まれたおつかいに行ったり。

1人で行動できるようになるとお留守番も出来るかな?と考える家庭が多いようです。

いざお留守番!任せる時に注意するポイント5つ

①本人の心の準備が出来ているか確認

初めてのお留守番はママにとっても子供にとっても不安なもの。

子供自身が「やってみる!」という気持ちにならないうちは待ったほうがいいと思います。

我が家はお友達がお留守番をしている話を聞いたりして、本人がお留守番に対して「憧れ」を抱いているような部分がありました。

そのためすんなりお留守番の流れが出来たのですが、子供が躊躇しているうちは無理にお願いせずに様子を見ましょう。

②まずは短い時間からチャレンジ!少しずつステップアップ

いきなり長時間のお留守番はハードルが高いので、まずは短い時間のお留守番からチャレンジしてみましょう。

近所へのゴミ出しや回覧板など、5分くらい。

それが出来るようになったら、次は近所のお店へ買い物、15分くらい。

と、少しずつお留守番の時間を長くしてみましょう。

子供にも自信がつきますし、お留守番にも慣れてきます。

③具体的な約束を決める

短い時間でも何があるか分かりません。

お留守番の前に約束について必ず話し合いましょう。

我が家では

・チャイムが鳴っても出ない事。カーテンを開けて様子を見たりもしない事。

・火やレンジなどいつも使わないものはお留守番の時も使わない事。

・何か困ったことがあったらすぐに電話する事。

・鍵は家に入る時以外、ランドセルから出さない事。(学校でお友達に見せたりしない)

・ランドセルから鍵を出すとき(家に入る時)には周りに人がいないか確認する事。

・遊びに行く時には誰と遊ぶかどこへ行くかを書いていく事。

・遊びに行くときは家の鍵をしっかり閉めていくこと。

というのを約束にしました。

④決めた約束を紙に書いておく

小学校低学年の子供は約束を全部覚えておくのは難しいと思うので、紙に書き出しておくのがポイントです。

□玄関の鍵は閉めた?
□宿題は終わった?

というようにチェックリスト形式にしてみても良いかもしれません。

約束した事を紙に書いておくことで、子供も「あぁ、そうだった」と思いだすことがあるかもしれませんし、安心できると思います。

我が家は何度かお留守番をお願いしていますが、いつも必ず机の上にこの「お留守番ルール」の紙を置いていくことにしています。

⑤怖いことも話しておく

悲しいことに子供を狙った犯罪は減りません

子供の身を守るためには、子供を狙った犯罪があることやその手口について子供自身にも説明しておく必要があると思います。

お留守番についても同様です。

「鍵を出すときに周りに気を付けるんだよ」とだけ話すか、
「鍵を開けたところを見計らって一緒に家の中に入ろうとする悪い人もいるからね
 周りに誰もいないか、確認してから鍵を開けるんだよ」
と話すかでは、子供の警戒心も変わります。

どうしてチャイムが鳴っても出てはいけないのか、どうして火を使ってはいけないのか。

子供にとっては怖い話かもしれませんが、お留守番をお願いする前にしっかりと説明しておきましょう。



非常時の連絡ツールは必須

実は私、とても心配性で、お留守番もなかなかお願いできずにいました。

1年生の夏休みまでは学校からの下校も途中まで迎えに行ったり、子供が公園で遊ぶのにも付いていったほど。

でも、入学して3~4ヶ月して夏休み頃になると遊ぶのに親が付いていくものウチだけ…

それは息子も「もう付いてこないでいいよ」って言いますよね。

でもやっぱり心配です。

小学校入学に合わせて今の土地へ引越してきたこともあり、息子に土地勘がないことも心配の1つでした。

そこで、1人で遊びに行くなら、とキッズケータイを持たせました。

このキッズケータイが大活躍

子供が今どこで遊んでいるか知りたいときや、逆に子供から何か連絡があるとき、いつでも連絡をとることが出来るので今でも欠かせないアイテムです。

我が家は固定電話をひいていないので、このキッズケータイを持たせたタイミングがお留守番をお願いするきっかけになりました。

一通りの約束事を確認した後で

「困ったことや何かあったらとにかく一度電話して」

と決めたことで、子供も「何かあったら相談できるから大丈夫」とお留守番に挑戦する気持ちになれたようでした。

固定電話がある家ではパパママの携帯番号を短縮で登録しておき、子供がすぐに連絡が取れるようにしておくとお互いに安心ですね。

想定外の事態!失敗から学んだこと

失敗その①怖がらせすぎてしまった

お留守番をお願いする前には、怖いこともしっかり話しておかなければ!
と思い、子供の留守番を狙った犯罪やアレコレを子供に話しました。

心配性の私は「よし!シュミレーションもしておこう!」
と、実際に変質者のフリまでしてあの手この手で子供を誘惑してみました。

「お母さんが事故にあって、だからちょっと出てこられるかな?」
とか……

するとそのうち子供がベソをかきだし

「こんなに怖い思いするならお留守番なんて絶対しない!」

と大騒ぎ!

見事に逆効果でした。

子供を心配するあまり演技に熱が入ってしまい、子供を怖がらせてしまいました。
何事もやりすぎは禁物です。

失敗その②1つ守れると1つ穴が……

小2になり、初めて家の鍵を開けてのお留守番をお願いすることがありました。

私がどうしても外せない用事があり、息子の帰宅より30分くらい遅く帰宅することになってしまったので、鍵を開けてのお留守番をお願いしました。

不安もありましたが、既にお留守番は何度かお願いしていましたし、本人も「大丈夫!任せて!」とやる気満々だったのでお願いしました。

するとすぐに子供から電話がかかってきました。
何かあったのかな、と不安になり出てみると「○○くんと遊びに行っていい?」という確認だったので、水筒とケータイを忘れずに持って行ってね、鍵を閉めていってね、などお願いしました。

しかし、家に帰ると……

鍵は開けっぱなし。ランドセルは玄関に放り投げたまま。

子供が帰宅後に注意すると、お友達が迎えに来て「早く~~」と言われて焦ってしまったとか。
焦ってランドセルを放り投げ、鍵をかけずに飛び出す子供の姿が目に浮かびます。

その後、鍵を閉めないと何故ダメなのかを話し合い、鍵だけは絶対に閉めて出かけるようにお願いしました。

後日、しっかり鍵は閉められていましたが、電気が点けっぱなしの日。

鍵と電気はOKだけど、クーラーが点けっぱなしの日。

1つ出来ると、どこかに1つ穴が開く状態です。
でも毎回しっかり鍵はかけて出かけてくれているので、OKということにしました!
きっといつか全部クリアできる日がくるはず!!

失敗その③良かれと思って余計なことをしてしまう

インターフォンは鳴っても出ない、周囲に人がいるときに鍵は開けない、
と約束しているのですが・・・

先日とってもヒヤっとしたことがありました。

子供が帰宅すると家の前に配達の人が。
「ここの家の子かな?」と聞かれ、とっさに「ハイ」と答えてしまった子供。
「ハンコもらいたいんだけど、いいかな?ここで待ってるから」
と言われ、その場で鍵を開けてハンコを取ってきて押したとのこと。

配達の人が持っていたのが大きな荷物で
「雨で濡れちゃうから玄関の中に入れとこうか」
と言われ、言われるがままに玄関の中まで入れてもらったとのことでした。

子供も「約束を破ってしまった」という思いがありつつ、もしかしたら「ありがとう!助かったよ!」と言ってもらえるかも、といったどっちつかずの表情でした。

そうか、その判断は子供には難しいよね・・・と申し訳なく思ってしまいました。

そして、あれだけしっかり約束しても、「とっさの出来事に対応できない」のが子供なんだ、と改めて実感しました。

それをしっかり認識した上で、子供にお願いしないとダメだな、と私自身も考えさせられた一件でした。

お留守番は子供が成長するチャンス

おつかいやお留守番を頼まれると子供は「自分が一人前として認められている」「頼りにされている」という気持ちになるようです。

そしてしっかり約束を守ろう、やってみよう、と思えているなら、それは子供が一回り成長するチャンスです。

出来たときには大いに褒めてあげましょう!

我が家も子供が小学生になり、次第に1人で遊びに出かけるようになったり、お留守番が出来るようになったり。
今までよりグンと子供の世界も広がったな、と感じます。

失敗することも、親である自分が反省することもたくさんありますが、一緒に成長していきたいと思います!



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします