兼業主婦

実際に経験してわかった!育児とパートの両立が大変な理由と乗り越え方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

今すでにパートや正社員としてお仕事をされているママさんはもちろん、これからお仕事を始めようかなと思っているママさん。

「子育てと仕事しっかり両立できるかしら?」
と悩む方も多いのではないでしょうか?

私も子供を1歳から保育園へ入れパートで仕事をしていました。

辛いことも辞めたいと思うこともたくさんありましたが、なんとか乗り越えることができました。

仕事と育児で悩んでいる方々の解決のヒントに少しでも繋がれば嬉しいです!


\\家計に優しいコスパ最強クレンジングオイル//

仕事と育児の両立が大変な理由①体力的なもの

仕事と育児の両立が大変というのは働くママの多くが抱える悩みですね。

ネットでも「育児 仕事」と検索すると同様のお悩みがゴロゴロ出てきます。

では、どうして仕事と育児の両立は大変なのでしょう? 

やることが多い

仕事を始めたからと言って、今まで自分がやってきた家事や育児が減るわけではありません。

今までやってきた家事育児にプラスで仕事の時間が増えます。

保育園に子供を預ける場合、自分が子供を育児する時間は減りますが保育園に係わる準備や送り迎えの時間などがプラスで発生してきます。

仕事の時間が限られている

私はパート勤務だったため、勤務時間は10:00~16:00でしたがどうしてもその時間内に仕事が終わらない!ということも多々ありました。

息子が通っていた保育園は延長保育がなく18:15に完全帰宅、という園でした。
(延長保育のある保育園は人気が高く入れません・・)

そのため私もどんなに遅くとも17時には会社を出る必要がありました。

「あと1時間あれば絶対に終わるのに」

そんな悔しい思いをしながら、途中までしか出来なかった仕事を謝りながら帰宅する日も数え切れず……

私もそうでしたが、特に出産前後でブランクがあったりすると思うように仕事も進まず焦ってしまうこともありますよね。

自分の時間がない

朝起きてから夜寝るまで「自分が好きなことをできる時間」が全くない!

朝食の準備、仕事へ行く準備、保育園へ行く準備。
帰ってからは夕飯の準備、子供たちのお風呂と寝かしつけ、残りの家事。

寝る前の10分でいいから自分の好きなことをしよう!そしたら明日も頑張れる!

と思うのに、疲れ果ててその10分も取れずに寝てしまう。

そんな毎日でした。

ゆっくり読書したい
みんなが見てるドラマが見たい
1人でゆっくりお風呂に入りたい
ゆっくり時間をかけてご飯が食べたい

些細な夢だけど叶わない日々が続きます。

仕事と育児の両立が大変な理由②精神的なもの

仕事と育児を大変だと感じる理由のひとつに「自分で自分を追いつめてしまう」という精神的なものもあります。

これは体力的な負担よりも深刻で、負のスパイラルから抜けられなくなることもあります。

家事も育児もしっかりやらなくてはいけない

働くママが増えたことにより、テレビやネットでもワーキングマザーを目にする機会が増えました。

キラキラ働くママたちのように、自分も仕事と育児の両方ともしっかりやらなくてはいけない。

仕事と育児に疲れてしまうママの多くが真面目なんだと思います。

自分で言うのもなんですが、私も真面目だと思います(笑)

保育園へ子供たちを預けてのパート勤務。

始める時には不安はあったものの、心の中では「でも多分、自分は出来る」と思っていました。

だからこそ、出来なかった時の落胆は酷かったです。

自分の出来なさに落胆して、ちょっとしたことにイライラして、立ち直らないうちにまた明日がくる・・そんな毎日でした。

他人と自分を比べてしまう

正社員で働いて子供3人を育てているお母さんだっている。

シングルマザーで誰の力も借りず自分の稼ぎで子供を育てている人もいる。

自分より大変な職場環境でも、食事を手作りして、毎日洗濯や掃除をして、子供たちと触れ合う時間を作って。

なのに、どうして自分は出来ないんだろう。頑張れないんだろう。

ずっとそんな風に考えていました。

保育園は正社員でフルタイム勤務のママも多かったため、尚更、そんなママたちと自分を比べてしまいがちでした。

体調不良でも休めない

ただでさえ、子供の体調不良で突発でお休みをもらうことが多々ありました。

自分の体調不良で休むなんてとんでもない!と思っていました。

でも・・・子供の風邪は100%自分に感染します。

夜もつきっきりで看病して、ベッタリ抱っこして・・・そりゃ、移りますよね。

風邪だけじゃありません。胃腸炎、インフルエンザ、溶連菌・・・

色々な病気でお休みをもらいました。

しかも、下の子→上の子→自分もう何日間お休みもらっているんだか、と本当に申し訳なくなります。

もうこれ以上は迷惑をかけられない!

と激しい咳が続く中、無理して出勤したことがありました。

通勤電車もフラフラで、もちろん仕事の能率だって上がりません。

でも「絶対にこれ以上は休めない」と思いこんでしまいました。

結果、私はマイコプラズマ肺炎を患っており、職場に大迷惑をかけることとなりました。

早めに病院に検査に行って会社を休めば良かったものの、自分のエゴで出勤し大迷惑をかけてしまいとても反省しました。

「絶対休めない」と思っていたのは自分だけで、会社からすると「そんな状態ならむしろ休んでください」ってことですよね。本当に申し訳ないです。



育児と仕事を乗り越えた4つの方法

①家事の手を抜く

まず最初に平日の家事の手を抜くことを考えました。

必要最小限のことだけやることにして、それが出来ればOK!

買い物は生協やネットスーパーを利用したり、夕食も簡単なものにしました。

疲れ果てたときはお惣菜でもお弁当でもレトルトでも良し!!

それだけで気持ちはだいぶ楽になりました。

掃除は週末にまとめてする、洗濯物を畳む時間がないときは畳まない!

そこから抜き出して着ちゃえ!

家事を手抜きするだけで子供と笑顔で接する時間が増えました。

多少家が散らかっていても、平日のご飯が手抜きでも、

ママが笑顔で子供の話を聞いてあげられることが一番!

そう思うと罪悪感はあっという間に無くなりました。

②1日の中で少しでも自分のための時間を作る

「自分の好きなことをする時間がない!」と思っていましたが、考え方次第で時間を作ることができました。

まとまった時間を取るのはやはり難しかったものの、例えば通勤時間やお昼休憩。

今までは育児に追われて遠ざかっていた趣味の読書を再開することにしました。

通勤時間にしか読めない、と思うと苦痛だった通勤時間が楽しみになってきました。

お昼の休憩時間も、好きなお菓子を食べながら読書しました。

短時間でも「これは1人の時間、好きなことができる時間なんだ」と思ったことでだいぶ気持ちが潤いました。

③周囲に味方を増やす

「ママ友」「保育園の先生」「職場の上司」「夫」「親」
色々な場面でストレスの原因となる方々ですが(笑)、この人たちを自分の味方にすることでグッと育児と仕事の両立がしやすくなります。

困っている時は意地を張らず、素直に助けを求めることも必要です。

普段からコミュニケーションを取り相談したりすることで、いざ、という時に助けてもらいやすくなります。

頑張るママさんたちほど「自分だけの力で何とかしよう」と力んでしまいがちですが、別に1人で頑張らなくたっていいんです

そして声に出して「助けて!」と言わないと、状況を察してそっと手を差し伸べてくれる気の利く人は滅多にいません。

図々しいかな、くらいでも大丈夫。

どんどん周りに頼りましょう!

④今、走っているのは長距離走だと認識する

育児と仕事の両立は1週間で終わるものではありません。

この先、ずーっと続いていくもの。

短距離走のようにスタートダッシュで全力で走っていては、身体がもちません。

今、自分が走っているのは、ペースを守りながら長く走り続けることが必要な長距離走だと認識しましょう。

コツは頑張りすぎない事です。

今日やらなきゃいけないことが出来た時点でもうOK!!

100点なんて目指さず、毎日60点でもう素晴らしいです。

自分の考え方が変わった!上司の言葉

育児と仕事で疲労困憊していた頃、大嫌いだった上司がいました。

私より年も若く、厳しい上司でした。

ある時、仕事内容が大幅に変更になり、今まで経験のない仕事に関わることになりました。

フルタイムの方が担当していた仕事を引き継ぐ内容で、私には荷が重く時間も足りません。

家に帰ってからも仕事の復習、お迎えギリギリまで残業、朝も出来る限り早めに出勤、と自分なりに出来ることはやりましたが、それでも仕事が追いつかない。

「もう体力も気力も続かない。辞めたい。」

そして、どうせ辞めるなら、と思い全部上司に話してみることにしました。

辞める覚悟なので遠慮なく全部話しました。

いい歳をした大人がみっともないな、と思いながらも今まで溜まっていた気持ちが溢れだしてしまい、泣きながら話しました。

全部話し終えたところで上司から素直に話してくれたことへの感謝と仕事の管理をしきれなかったことを謝罪されました。

「何も話さず辞める道もあっただろうけど、素直に話してくれたことへの感謝は大きい。

 上司に話すことで何とか打開したい、と前向きに思ってくれているなら自分もサポートして何とかしてあげたい、と思う。

○○さん(私)がしっかり仕事を完結できるように導いていくのも上司である自分の役目だと思っている。」

子供の病気で休みが続いてしまい仕事が回らず申し訳なく思っていることについても話すと

「誰かが突発で休んでしまった時に周りの人が『またか、勘弁してくれ』と思うか『仕方ないことだから。フォローしてあげよう』と思うかは、その人の周りとの関係性によると思う。

今のところチームのみんなは、○○さん(私)のお休み状況を理解してくれてるから、しっかりみんなとコミュニケーションが取れている、ということなんだと思うよ。

申し訳ない、と思い続けるのではなくて、自分が出来る時にしっかり仕事で返していけばいいんじゃないかな。

その後、上司と共に仕事内容やボリュームを再度細かく確認し、自分の勤務時間内で終えられるよう調整をしてもらいました。

進捗も常に共有できるようにし、突発の休みにも対応できるようにしてくれました。

そのおかげで私はその後も仕事を続けることが出来たので、あの面談は運命の別れ道だったなと時々思い出します。

今まで大嫌いだった上司ですが、あの時言われた言葉は退職した今もずっと心に残っています。

追いつめられていた私は、あの言葉に救われました。

出来ない、と正直に言って良かった。どうしていいか分からないと相談して良かった。

自分の弱いところをさらけ出せたことで、考え方が変わった出来事でした。

今になり思うこと

昨年、引越を機に退職をしました。

パートを辞めた今、思う事は働いていた時のほうが時間を有効に使えていた、時間の使い方が上手かったということです。

家事も効率を考えて今よりテキパキやっていた気がします。

仕事にしても、自分の限られた時間を最大限活用するために何が必要か。

何を何時までに終わらせればいいか、と常に考えていました。

子供との時間も、1日のうちに一緒にいられる時間が少ないからこそしっかり向き合いたいし、話を聞いてあげたいと一緒の時間を大切に考えていました。

パート代の中から自分で使えるお金もあったので、たまには美味しいものを食べたり、自分の洋服を買ったり……が遠慮なく出来ました。

実はパートをしていて「良かったこと」もたくさんあったことに気づきました。

忙しい毎日を送る中で、どうしても大変なことにばかり考えてしまいがちですが、仕事をすることの「メリット」も必ずあります。

この先、子供が自立して手がかからなくなると、きっとその「メリット」がデメリットを上回ります。

一番大変なのが今です。

周りに頼れるところは頼って、そして時には自分へのご褒美を忘れず、また明日も頑張れますように!!



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします