育児・子育てイライラ

言うこと聞けー!!子供へのイライラの原因と対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。5歳の男の子と1歳の女の子を育てるママライターです。

子供って天使でとても可愛い存在ですよね。

日々、子供の安らかな寝顔に癒されて・・・

しかし!子供が時に超いたずらっ子で小さい悪魔に見えることがありませんか?

そんな時はイライラしてしまい、ついつい声を荒げてしまうことも。

子育てをしているママが一度は悩む子供へのイライラ。その原因と対処法を紹介します。



イライラの原因は?

子供に対してイライラする原因。それは子供の行動が親の思い通りではない時に起こります。

ジュースをこぼした、モノを落とした、おもちゃを片付けない、わがままを言う、イヤイヤ期ですべてイヤイヤ…などなど、イライラの原因はそれぞれですが、すべて親の思うように子供が行動しない事が原因です。

なぜイライラするの?

どうしてイライラするのでしょうか?

子供は成長していくと自我が発達し、自己主張が激しくなります。

その割に行動はまだ不器用で、失敗したり動作が遅かったりと言葉と行動が伴っていません。

出かけようとするとき、家事で忙しい時に限ってグズグズする。毎日振り回されることでストレスはピークになってしまうのですね。

イライラの対処法

親の言う事を聞かない子供に、頭ごなしに怒っても効果はありません。

そんな時はイライラを忘れる事ができる方法があるといいと思います。

例えば、
①深呼吸する
②数を数えて気を紛らせる
③別の部屋へ行き、子供と自分が落ち着くまでしばらく距離を置く
④お茶を入れてほっと一息をつく

など怒りを鎮めるための時間と方法を見つけてリフレッシュすることが大切です。

子供をたたきそうになったその手で、お腹をくすぐって子供を笑わせたら、親自身もスッキリすることもあります。

怒りで頭に血が上っている自分の気持ちを変える方法を知っておくと楽ですね。



大人の物差しで子供を判断しない

ぐずっている子供を見てイライラを募らせて怒ったり、腹を立てても疲れるだけです。

子供に対して強く怒り、ましてや手を上げるようなことをしたら後々後悔するだけです。

大人の物差しで子供を判断してはいけません。

子供はまだまだ成長過程。大人のように行動できないことは当たり前。泣いていることも、文句を言う事も、きっと子供が成長しようとしている証なのだなと思うようにしましょう。

子供の愛らしい一面を見つけよう!

その子が何かできるようになるために一生懸命頑張っている姿など、愛らしい一面を見つけてみましょう。

育児をすることの楽しみや元気が湧いてくるはずです。

子供の我儘やイヤイヤは、自己主張ができるようになったしるしだと思って、子供の成長を喜ぶ余裕ができたらいいですね。

時間に余裕をもって行動する

子供と出かける、接するときは時間に余裕を持って行動するとイライラも少なくなります。

子供は出かける直前に「おしっこ!」と言ったり、靴や洋服などの準備を自分でやりたがるものです。

時間がない時に言われるとイラっとします。時間に余裕をもって、辛抱強く待ち、さりげなく手助けができるとよいでしょう。

子供が脱ぎ着しやすい服や靴、使いやすいものを揃えると一人でスムーズに行えますし、親としても余裕ができますね。

私の体験談-子育てイライラ編-

私自身、子育て中にイライラすることは多々ありました。今でもあります。
ただ、最近は随分イラっとすることが減ってきました。

2人目が引き起こす我儘やイヤイヤ期は1人目で体験済みですし、長男はずいぶん成長して善悪が分かるようになってきたので楽になりました。

何より、“子供がイヤイヤと言ったり、グズグズするのは一時期の事なのだ”という事が一人目の子育てでわかったので、少々のワガママは笑って流せるようになったことが大きいです。

また、私のストレス発散法は「おいしいお菓子をつまむ」事です。子供が寝静まってからコーヒーを飲み、お菓子をいただきます。体重は気になるけれど、一日のストレスから解放される瞬間です。

自分なりイライラ解消法を見つけることをおススメします。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします