子供の習い事

子供におすすめの習い事は何?辞めたい、嫌がった時はどうする? 実際に習い事をさせてみて分かったメリット、デメリットとは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0



みんなはどうしてる?気になる習い事事情

2017年子どもの習い事ランキング&通わせて良かったポイント

そろそろ子どもに習い事をさせてみたいけど・・・

「みんなどんな習い事をしているのかな?」
「始めるタイミングはいつ頃かいいのかしら?」

など気になりますよね。

一体どんな習い事が人気なのでしょうか?

2017年子どもの習い事ランキングとそれぞれの「通わせて良かったと思うところ」は以下のとおりです。(※1)

・1位 水泳
「風邪をひかなくなった」「水泳の授業で見本を見せられるようになり、自信に繋がった」
「体力がついた」

2位 英語、英会話
「英語を好きになってくれた」「外国の人と会話ができるようになった」

3位 ピアノ
「楽譜が読めるようになった」「忍耐力、集中力がついた」

4位 書道
「字が綺麗になった。これは一生の宝物だと思う」「姿勢が良くなった」

5位 幼児教室、学習塾
「計算がはやくなった」「勉強する習慣ができた」

6位 体操
「リトミックなど子どもが楽しそう」「体育の苦手を克服できた」

7位 サッカー
「お友達が多いので楽しそう」「サッカー練習を通して子どもがパパと関わる時間が増えた」

いつから始めるのがいい?

では何歳頃から習い事を始めるのがいいのでしょうか?

【習い事を始めたときの子どもの年齢は?】

画像引用元:https://www.keikotomanabu.net/article/kids/pc/question/01.html
子供の習い事 先輩ママに質問! ケイコとマナブ.net

「始めるなら早いほうがいいと思った」「小学校入学前に経験させたかった」
という意見が多いようです。

幼稚園入園の時期(3歳)にママと離れられるようになるお子さんも多いため、その頃がひとつの目安となりそうです。

費用はどのくらいかかる?

【習い事にかかる費用は毎月どのくらい?】


画像引用元:https://www.keikotomanabu.net/article/kids/pc/question/03.html
子供の習い事 先輩ママに質問! ケイコとマナブ.net

グラフを見ると5,000円~1万円未満が最も多くなっています。

それ以上の金額もありますが、いくつかの習い事をかけもちしているお子さんも多いため1つの習い事にかかる費用は1万円未満が多数と考えてよさそうです。

幼少期の習い事は本当に必要?

習い事をするメリット

・子どもの可能性を広げてあげられる
・とことん学びチャレンジできる
・運動系の習い事は体が丈夫になる
・自分に自信がつく

親が教えられないこと、また専門の先生に教えてもらうことで子どもの世界も広がり将来の可能性も広がります

他にも、習い事を通して達成感を味わうことで、それが自分への自信に繋がるというメリットもあります。

水泳の授業でお手本となったり、学校の習字で賞をもらったりと習い事の成果を発揮できる事も子どもにとって大きな自信となります。

習い事をするデメリット

・子どもの時間的な負担が増える
・保育園、幼稚園、小学校以外で子どもが「頑張らなくてはいけない時間」が増える
・親の時間的負担が増える
・親の経済的負担が増える

習い事が増えれば増えるほど、子どもの拘束時間は長くなります。

本当はもっと遊びたいのに・・・と思いながら嫌々やる習い事は意味があるのでしょうか?

また、子どもたちは保育園、幼稚園や小学校で子どもながらに緊張し、頑張って過ごしています。

それとは別に習い事の場所でもまた「頑張らなくてはいけない時間」が出来ることになります。

また親にとっても負担が増えることになります。

送迎の時間はもちろん、家での練習が必要な習い事であればそれに付き合う時間も必要になります。

経済的負担についても、月々の月謝以外に発表会や試合への参加料、楽器代、衣装など別途で必要になってくる場合もあるので要注意です。

習い事は「絶対に必要なもの」ではない!

保育園、幼稚園や小学校で他のお子さんたちが様々な習い事を始めると不安になってくるママもいるのではないでしょうか?

でも・・・
習い事は強制ではありません!
絶対に必要なものでもありません。

ただ、習い事を通して子供の可能性を広げてあげることが出来たり、自信をつけてあげられるのも確かです。

子供やママの生活に負担がないか、メリットデメリットをよく考えて検討してあげてくださいね。



辞めたい、嫌がる時はどうする?

嫌がる原因を探る

子供が習い事を辞めたいという場合、必ず何か理由があります。

まずはその原因を探っていきましょう。

習い事自体は嫌ではない

習い事そのものが嫌なのではなく、先生や同じクラスのお友達との人間関係に悩んでいることもあります。

そんな時は、レッスン曜日を変えてみる。先生を変えてもらう。習い事の教室を変えてみる。
といったことを試してみましょう。

習い事自体が嫌になっている

先生やお友達には原因がないけど習い事が嫌。という場合には
「他の子と比べて出来ないと感じている」「達成感を得ることができず楽しめない」
という可能性も考えられます。

他の子と比べる必要は全くなし。過去の自分と比べてこんなに出来るようになってるよ!
ということに気づかせてあげましょう。

検定になかなか合格しなくても、先生にあまり褒められることがなくても、パパやママからの声かけひとつでヤル気が出ることもあります。

習い事よりやりたい事がある

特に小学生になると出てくるのがこの問題です。

幼稚園の頃は親に言われるまま通っていた習い事も、小学生になりお友達との係わりが増えるにしたがって「習い事を辞めて遊びたい」と言うことも多いです。

習い事を少数に絞って遊ぶ時間を確保する、曜日を変えてお友達と遊べる日を調整する
などお子さんと一緒に考えてみましょう。

オススメ対処法①なんとか続ける道を探す

親としては・・・
やる気がないなら辞めていい。嫌々やってもお金の無駄。」
という気持ちもあります。
ただ、
「簡単に投げ出してほしくない。出来れば続けてほしいな。
という気持ちも正直あります。

まずは親子でよく話し合うこと

辞めることはいつでも出来ます。
まずは、習い事の日数を減らしてみる、1ヶ月くらいお休みしてみる、など少しペースダウンして何とか続けられる道を一緒に探してみるのもいいかもしれません。

オススメ対処法②ゴールを決める

もう少し続けられそうかな・・という状況なら「習い事のゴールを決める」というのもオススメです。
我が家も息子が習い事を辞めたい、という時にこの方法で乗り切ることが出来ました。

「クロールで10m泳げるようになったら」という技術的なゴールでもOK。

「まずは幼稚園の卒園まで」というような期間的なゴールでもOKだと思います。

ゴールを決めることで子どもも見通しがつけられるようになりますし、「やり切った」という達成感をもたせてあげることも出来ます。

我が家の習い事体験①水泳

【いつから?】

4歳~卒園まで

【始めたきっかけ】

お友達も習い事をする子が増えてきて、何かやらせたほうがいいのかな・・・と思ったのが本音です。

風邪をひく、熱を出す、といったことが多かったので「体力がつけばいい」と思い水泳を習わせました。

【GOODポイント】

体力がついたこと。お休みする回数もグンと減りました。
・自信がついたこと。息子は運動系が苦手でしたが、保育園のプールの時間には自信をもって披露することが出来たようです。
・「辞めたい!」と大泣きしたときもありましたが、「卒園まで」と決めた目標をやり切ったのでそれが一番大きな自信となったようです。

【BADポイント】

・自分から「やりたい」と言い出したものではなかったので、「辞めたい」と言い出す時期が早かった。
・送迎はもちろん、練習前の着替えから終了まで見学していなければならなかったので下の子を連れていくと待ち時間飽きてしまう
・土日のクラスが激混みで、プールでイモ洗い状態の時もありました。
(平日のクラスは空いていたのですが、仕事の都合で平日に通わせることが出来なかったので・・・)
 土日クラスも平日クラスも月謝は同じ金額。
空いているプールで伸び伸び練習させてあげたい!と思っていました。

【まとめ】

辞めたい時期は全く楽しそうではなく、ゴールを決めて頑張ろう!と決めたものの、毎月お金を払って本人が楽しくない習い事に通って意味あるのかな?という葛藤の日々でした。

しばらくして水泳のクラスにお友達ができたり、潜ったり「けのび」したり出来る事が増えるようになると楽しくなってきたようです。

卒園まで通い切ったときにはママのほうがビックリ、感動しました!

その後も「続ける」と言っていましたが引越を機に辞めることになりました。

我が家の習い事体験②サッカー

【いつから?】

小学校入学~継続中(現在小2です)

【始めたきっかけ】

引越先で水泳を続けるか、他の習い事をはじめるか話し合いました。

その中で「サッカーやってみたい」と本人が言い出したのがきっかけでした。

保育園の頃、お友達でサッカーを習っていた子がいて憧れもあったようです。

【GOODポイント】

・本人が「やりたい」と言い出したことなので、いまだに「辞めたい」「嫌」という時期がこない。
・サッカーを通して他のクラスの子や学年の子たちとも遊べている。
 放課後や休み時間に男子でサッカーをしているそうですが、話を聞くと他のクラスや学年の子もチラホラ。上手な子も多いようで、そこからサッカーもヤル気が出たようです。

【BADポイント】

・まだ送迎が必要。家から遠いスクールにしてしまったため、まだ送迎の付き添いが必要です。
サッカーチームによっては小学校のグラウンドで練習しているところもあり、子どもが1人で行って帰ってこれる、というメリットもあります。

・休んでしまった時の振替が難しい。現在、土曜のクラスに通っていますが家族の行事や学校の土曜参観などと重なることも。
振替は平日となってしまうため、なかなか調整をつけるのが難しいです。

レッスンが天候に左右される。
雨の場合は中止となりますし、暑すぎると集中力が切れたり熱中症も心配なところ。
水泳やバスケなどの屋内スポーツに比べて天候が理由のレッスン中止日があるのも残念なところです。

【まとめ】

サッカー自体はとても楽しそうですが、上昇志向の見えない息子。

「やるなら本気で上達を目指して頑張れ!」とついつい思ってしまう親との温度差を感じる今日この頃です…

サッカーを始めて一番良かったと思っていることは、パパが熱心に応援してくれていること!
「こうやったらリフティング上手くなるんじゃないか」
「ちょっと練習しにいくか」

と積極的に子どもを誘ってくれています。

パパとお兄ちゃんが楽しそうなので、最近になって下の子もサッカーを習いたいと言い始めました。

子どもの気持ちを尊重することを忘れずに・・

2年生になったことだし、もう1つ何か習い事をしない?
と息子に提案しました。
即答で「今はサッカーだけでいい」と。理由は
「遊ぶ時間が減るから」

毎日毎日、放課後遊んでるじゃない!
合計したら1週間で何時間遊んでると思ってるの!?十分でしょ。

と言ってやりたいですが・・・
担任の先生との面談を思い出しました。

子どもにとっての「遊ぶ時間」親が思う何倍も「子どもが大切にしているもの」なんだそうです。

自分の子どもの頃を思い出してみると、めいっぱい遊べたのって小学生の頃までだった気がします。
その後はテスト勉強、部活、塾、受験・・・「遊ぶ時間」ってあったのかな?と。

そう思うと長い人生、めいっぱい遊ぶ時期があってもいいんじゃないかなと思えました。

それが息子の「今一番やりたい事」なら。

もちろん、それぞれの家庭の考え方がありますよね。

ただひとつ言えることは

習い事をするのは子ども自身です

上達出来ても出来なくても、続けられても続けられなくても、それは子ども自身のこと。

子育てに一生懸命なママたちほど、子どもの評価に自分の親としての評価を重ねているように思えます。

まだまだ小さいと思えても、「自分が本当はどうしたいのか」という気持ちは必ずあるはず。

それを一緒に考えていけるようになると、子どもにとって価値のある習い事になるのではないでしょうか。

【参考URL】
(※1)
発表!2017年子どもの習い事ランキング 1位は…?? – ケイマナニュース!
、(アクセス日:2018年7月12日)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします