美容・健康

妊娠中のマツエクは大丈夫?その疑問に元アイリストママが答えます!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

顔の印象を大きく変える目元のメイクは、多くの女性が力を入れているポイントですよね。

なかでも、ぱっちりとした自然な目元を演出できるマツエクは、「メイクの時短にもなる」と、仕事や子育てに忙しい人たちからも人気を集めています。

ただ、妊娠中のマツエクは問題ないのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

なにかと制限の多い妊婦さんは、マツエクをしても大丈夫なのでしょうか?

今回は、元アイリストで現在子育て中のママが妊娠中のマツエクについてお答えします♪



妊娠中のマツエクを断るサロンもある

実際のところ、妊娠中のマツエクには賛否両論があるのが実態です。

プロのアイリストの間でも意見が分かれています。

母体に影響はないとされているものの、サロンによっては妊婦さんの体調や安全を考慮して、妊娠中のマツエク施術を断っているところもあります。

マツエクが直接妊娠に影響することはないと言われていますが、肉体的・精神的にも不安定になりがちな妊娠中は、さまざまなトラブルが起こる可能性が考えられるのです。

妊娠中のマツエクで考えられるトラブルとは?

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で、さまざまな変化が起こります。

ここでは、妊娠中のマツエクによるトラブルの一例を見ていきましょう。

トラブル1:体質の変化で敏感肌になる

ホルモンの急激な増減により、妊娠中は肌が敏感になる方もいます。

エクステやグルーでかぶれたり、アレルギー反応が出ることもあるでしょう。

妊娠前からマツエクをしていて「かぶれたことがない」という人でも、妊娠をきっかけに体質が変わることはよくあるのです。

トラブル2:つわりでグルーのにおいがダメに

マツエクに使用するグルーは刺激臭がありますが、つわりがひどい時期だと、グルーのにおいがダメになってしまうことがあります。

ほかにも、これまでは癒されていたはずのサロン特有の香りが苦手になることもあるでしょう。

妊娠初期がもっともつわりのひどい時期だといわれていますが、まったくつわりが無い人もいれば、出産前までつわりが続く人もいます。

個人差が大きいために「この時期なら安全」いえないのです。

トラブル3:仰向けの姿勢がツラくなる

妊娠周期が進むと、だんだんおなかも目立ってきます。

おなかが大きくなるとともに、仰向けの姿勢がつらくなるという人は多いようです。

マツエクの施術は、フルフラットな施術台でおこなうことが多いので、おなかの大きな妊婦さんにとってはつらいでしょう。

トラブル3:トイレが近くなる

妊娠中は、大きくなったおなかが膀胱を圧迫するために、トイレに行く回数が増える人も多くいます。

マツエクの施術には1〜2時間かかりますが、基本的にはその間トイレには行けません。

もし行くのであれば、施術を一時中止して行くことになるので、通常よりも拘束時間が長くなってしまいます。

マツエクは赤ちゃんに影響ある?

マツエクが胎児に及ぼす影響も気になりますよね。

マツエクの施術が、おなかの赤ちゃんに影響を及ぼすとは考えられていません。

エクステをまつげに貼りつけるためにグルー(接着剤)を使いますが、これもまた赤ちゃんに何らかの影響を及ぼすといった報告はありません。

しかし、明確な研究結果があるわけではないので「問題ない」とは言い切れないのが正直なところです。

これが、サロンによって対応が違う理由のひとつでもあります。

どう影響するのかはわからないので、結局のところ、妊婦さんの自己判断・自己責任によるところが大きいのです。

マツエクやグルーが直接赤ちゃんに影響するのではなく、施術時の姿勢やマツエクの刺激によるかぶれなどが、ママの健康トラブルに繋がることが心配であるといえます。



オフする予定も考えておこう

普通に生活していても、マツエクは1日数本は自然にポロポロと抜け落ちています。

キレイな状態でマツエクを維持するためには、定期的なメンテナンスが必要です。

メイクの時短になりノーメイクでもパッチリとした目元でいられるマツエクですが、まばらになって取れかかったマツエクは、見た目も悪く、せっかくのマツエクのメリットを活かせません。

マツエクをきれいに維持できる期間は2〜3週間といわれているので、つけ直したり外す予定も考えておく必要があります。

とくに産後は、ママの体調も万全ではないので、産後1ヶ月検診で医師から許可が出るまでは外出も控えたいところです。

医師からの許可があっても、赤ちゃんのお世話で忙しくて、サロンに通うことがむずかしいこともあります。

赤ちゃんを預けられる予定があればいいですが、そうでない場合は、出産前にマツエクをオフしておきましょう。

妊娠中のマツエクで注意することは?

それでは、妊娠中にマツエクをするときに気を付けるポイントをみていきましょう。

・体調がよいときに行く
・施術台はリクライニング式がマスト
・個室があるサロンを選ぶ
・妊婦への施術経験があるサロンを選ぶ

まず体調がよいときに行くのが基本です。

つわりがひどい時やおなかが張っているときは避けましょう。

たとえ予約していても、当日の体調によってはキャンセルすることも検討してください。

施術台がリクライニング式だと、仰向けになる負担も軽くなりますので、サロンに確認しておきます。

妊娠中は、ちょっとしたストレスで体調が悪くなることもあるので、サロンがリラックスできる空間であるかもチェックしておきたいポイントです。

カーテンで仕切られただけの施術室では、隣の会話が丸聞こえで、ゆったりできないどこかストレスがかかることもあります。

施術室は、個室のほうがリラックスできるのでオススメです。

妊婦への施術経験のあるアイリストであれば、より安心できるでしょう。

妊娠中でもまつげのケアを忘れずに

妊娠中はホルモンバランスの変化により、髪の抜け毛や傷みに悩まされる方も多いでしょう。

これはまつげも同様です。

せっかくマツエクをしても、ぼろぼろのまつげでは仕上がりにも影響しますし、持ちも悪くなります。

まつげが抜けやすく傷みやすい妊娠中は、まつげの美容液をつけるなど、まつ毛のケアをおこないましょう。

食生活や生活習慣の乱れも影響するので、バランスのよい食事や規則正しい生活も心掛けましょう。

妊娠中のマツエクはサロン選びも慎重に!

妊娠中のマツエクは、サロン選びも重要です。

いつも行っているサロンであれば、店の雰囲気もわかっているかと思いますが、「マツエクがはじめて」または「はじめていくサロン」の場合はサロンの衛生面もチェックしましょう。

サロンが不衛生なところは施術に使用する器具の衛生面も心配です。

店内は入ってみないとわからないですが、店の外観である程度判断できます。

・ガラスが汚れている
・店の周りにごみが落ちている
・枯れた花を放置している

このようなサロンは、店内の衛生面にも問題がある可能性があります。

妊娠中は免疫が弱くなりがちなので、不衛生なサロンでの施術はとくに避けましょう。

妊娠中のマツエクは自己責任で楽しみましょう

妊娠中のマツエクは賛否ありますが、どちらにしても、はっきりとした根拠があるものではありません。

たくさんのメリットがあるマツエクは、妊娠中の女性にとっても魅力的なものですが、施術に関しては自己責任となります。

ご自身の体調も考えながら、ムリをしないようにマツエクを楽しんでくださいね。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします